Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 11月 2006

FC6 にバージョンアップした

leave a comment »

先日自宅のマシンを FC5 から FC6 へアップグレードインストールした。(日系 Linux の付録でね)その時の備録(あえてこの言葉、備忘録とは書かない!)。基本的な設定は毎度お世話になっている以下のサイトを参考にして行った。

Fedora Core 6 インストール個人的ノート

まずは VMware。vmware-config.pl しても以下のエラーが出てはまった。any-any でも同じエラーで。

Building the vmmon module.

Using 2.6.x kernel build system.
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config6/vmmon-only' に入ります
make -C /usr/src/kernels/2.6.18-1.2798.fc6-i686/include/.. SUBDIRS=$PWD SRCROOT=$PWD/. modules
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.18-1.2798.fc6-i686' に入ります
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/linux/driver.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/linux/hostif.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/common/cpuid.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/common/hash.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/common/memtrack.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/common/phystrack.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/common/task.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/common/vmx86.o
CC [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/vmcore/moduleloop.o
LD [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/vmmon.o
Building modules, stage 2.
MODPOST
CC /tmp/vmware-config6/vmmon-only/vmmon.mod.o
LD [M] /tmp/vmware-config6/vmmon-only/vmmon.ko
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.18-1.2798.fc6-i686' から出ます
cp -f vmmon.ko ./../vmmon.o
make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config6/vmmon-only' から出ます
Unable to make a vmmon module that can be loaded in the running kernel:
insmod: error inserting '/tmp/vmware-config6/vmmon.o': -1 Invalid module format
There is probably a slight difference in the kernel configuration between the
set of C header files you specified and your running kernel. You may want to
rebuild a kernel based on that directory, or specify another directory.

For more information on how to troubleshoot module-related problems, please
visit our Web site at "http://www.vmware.com/download/modules/modules.html" and
"http://www.vmware.com/support/reference/linux/prebuilt_modules_linux.html".

Execution aborted.

ネットを調べたが、あまり有用な情報はなく、以下のサイトから「kernel と kernel-devel のインストールされているアーキテクチャが異なることが原因」であることが判明。

http://www.vmware.com/community/thread.jspa?threadID=59513&tstart=0

あと、any-any 使わないなら、このサイトの情報も必要。(FC6 から linux/config.h がなくなったので)

インストールされているパッケージのアーキテクチャを調べるには、以下のコマンドで。

$ rpm -q –qf "%{NAME}-%{VERSION}-%{RELEASE}.%{ARCH}" パッケージ名

また、kernel と kernel-devel のアーキテクチャが違うと、/lib/modules/2.6.18-1.2798.fc6/build がリンク切れになっているので、それでも分かる。

私の場合はインストールされたのが、kernel-2.6.18-1.2798.fc6.i586 と kernel-devel-2.6.18-1.2798.fc6.i686 だった。kernel-devel をアンインストールして、i586 の kernel-devel をインストールするか、アップデートされた新しい kernel-2.6.18-1.2849 で kernel、kernel-devel 共に i686(i586 でもいいけど)をインストールし、any-any で ./runme.pl して解決。

any-any 使わない場合は、さっきのサイトから config.h をダウンロードして /usr/src/kernels/2.6.18-1.XXXX.fc6-i686/include/linux/ へ配置して vmware-config.pl 実行する必要があると思ふ。

次に SCIM 関連。ふと気づくとまた acrobat が起動しなくなっていた。以前にも書いたが、同じ問題が発生したよう。

調べてみると、FC5 では、ユーザの IM 設定は ~/.xinput.d/ja_JP だったのが、FC6 では ~/.xinputrc に変更になったよう。

$ cp .xinput.d/ja_JP .xinputrc

安易にも上記で対応。

最後に codec の場所について。FC5 では /usr/lib/win32 だったが、FC6 では /usr/lib/codecs になった。ここでも安易に

# cd /usr/lib/codecs
# ln -s ../win32/* ./

してしまいまった…。(こんなことしていると、わけが分からなくなっていつか後悔するんだよなぁ…、と思いつつもつい…。)

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

Written by arito

2006-11-20 at 14:01

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。