Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 5月 2007

ありえーん!

leave a comment »

光市母子殺害 差し戻し審初公判 意見書要旨(産経新聞) – goo ニュース

この弁護団の主張は正気じゃない。確かに被告を「弁護」するのが仕事かもしれんが、社会通念、倫理観からして疑問に思わざるを得ん。いや、ありえない!殺害した後に暴行し、子供も殺す…、ありえない!

(1)強姦殺人ではなく、失った母への人恋しさに起因した事件であり、被害者に対しては傷害致死罪にとどまる
(2)被告の精神的な未発達がもたらした偶発的な事件であり、被害児に対しても殺意は存在しない
(3)被告は極度の退行状態にあり、成人と同様に非難することはできない
(4)被告は自分の過ちを現実感をもってとらえることができなかったが、26歳になり、反省と贖罪(しょくざい)の意を深めている

ありえない!「失った母への人恋しさに起因した事件」だー?いくら「弁護」って、あまりにも普通の人の常識からかけ離れた主張すぎて、怒りを通り過ぎてどっか行ってしまうぞ…。

ここまでの犯行をした人間がまたいつか社会に戻ってくることを考えたら、この弁護団のしていることは社会に対してのテロ行為だ!

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

Written by arito

2007-05-25 at 03:59

カテゴリー: Uncategorized

Vim 7.1

leave a comment »

Written by arito

2007-05-22 at 01:00

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

喜入

leave a comment »

喜入の雰囲気は変わっていないように感じた。新しい建物はあったけど、昔夏休み中お世話になった祖母の家はほぼそのままで、とっても懐かしかった。

そして、15年来の懸案である叔父の御墓参りをすることができた。金ダワシで丹念にお墓を研いて、榊をたむけて二礼二拍手一礼。しばしお墓を見つめて…。同時に祖父と祖母にも手を合わせてきた。

はー、自分勝手だがなんだかホッとした。

鹿児島の言葉、イントネーション、昔聞いた記憶と同じ(あたりまえか)。とっても懐かしく、うれしかった。あーぁ、1日でいいから小学生に戻って、また喜入で鬼ごっこやさかなつりしたなぁ…。

追:昔泳いだ浜がなくなっていたのはショックだった。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

Written by arito

2007-05-12 at 14:02

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

朝焼けの錦江湾

leave a comment »

Written by arito

2007-05-12 at 00:02

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

鹿児島

leave a comment »

Written by arito

2007-05-11 at 09:51

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

HHK漆

leave a comment »

Written by arito

2007-05-11 at 07:15

カテゴリー: Uncategorized

都はるみの

leave a comment »

「北の宿から」が頭から離れない…。

あなた、変わりはないですか。日ごと寒さがつのります。着てはもらえぬセーターを寒さ堪えて編んでます…

さらに、テレビを何気なく見ていると、織田哲朗が出ていて見入ってしまった。で、「いつまでも変わらぬ愛を」が頭の中でミックスして、もう止まらないです…。

都はるみの CD は勇気がなくて買えないけど、織田哲朗の古いアルバム探してみようかしらん。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

Written by arito

2007-05-05 at 14:37

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。