Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 3月 2010

ibus 1.3

leave a comment »

いつも通り gvim で日本語書いていたら、ESC した時に IM(ibus-anthy) が off になるようになっていた。おや?とおもったら、update していた。1.2.1 だ。

今まで使っていた 1.2.0 は

http://code.google.com/p/ibus/issues/detail?id=759

で対応してもらったパッチを適用していて、ibus に embed_preedit_text という設定項目が出来ていて、このチェックを外しておくと、gvim で日本語の自動折り返しをしても、入力文字がおかしくならないようになっていた。

んが、1.2.1 になったら、その設定項目がなくなっていた!

で、1.3.0 もリリースされていて、そっちのソースをみてみたら、その設定項目が入っていたので、f13 の srpm 拾ってきて rebuild した。作ってもらったパッチの時は embed_preedit_text と英語で設定項目が書いてあって、他が日本語なので、以下にも「そこだけパッチ」な雰囲気があったが、1.3.0 では既に完璧になっていた。「アプリケーションウィンドウに前編集テキストを組み込む」という項目になっていた。

ついてでに ibus-anthy も 1.2.0.20100313 出ていたので、こっちもアップデートしておいた。

しかし、素の ibus だと gvim で通常モードになれば IM が off になるのに、なんで私が rebuild したのはならんのだろう…。むぅ…。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

Written by arito

2010-03-28 at 15:46

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , , ,

日本人は魚を食え!

leave a comment »

Written by arito

2010-03-20 at 05:22

カテゴリー: Uncategorized

ATOK X3 を fedora12 で

with one comment

うごかしてみた。

以前も ATOKX は使っていたが、SCIM が出てから使わなくなっていた。

が、Windows 環境での goole IME のあまりの変換効率の良さに驚き!普段使っている Linux でも劇的に変換効率を改善したいと思ったから試しに買ってみた。

ジャストシステムのサイトにある、fedora10 向け参考情報でインストールは問題なく完了する。

しかし、私の環境では im-chooser で iiim を指定しても .xinitrc が none.conf へのリンクになって ATOK が起動しなかったので、手動でリンク張り替えて利用可能になった。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

Written by arito

2010-03-07 at 06:27

カテゴリー: Uncategorized

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。