Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 8月 2012

「東京ではサムスンが勝訴」と世界でも話題に

leave a comment »

One week after U.S.-based loss, Samsung overcomes Apple in Japan court over media syncing patent | 9to5Mac.

今日(8/31)、東京地裁で行われた Apple がサムスンに対して起こした訴訟について、「東京ではサムスンが勝訴した」的なニュースが、米国のニュースでも話題になっているようだ。

今回の訴訟のネタは、先日カリフォルニアで出た訴訟の内容とは違う内容の訴訟だ。iPhone や iPad の楽曲データをサーバ上に同期する技術に対して起こされた訴訟のようだ。

しかし、Tim とラリーがお話し合いをしているみたいだから、なんとかこの訴訟合戦を丸く納めて欲しいものだ。

今、日本の感情では非常にナーバスな次期だが、このままサムスンとの訴訟合戦を繰り広げると、サムスンだけではなく、韓国が嫌いになっちゃうよ。Google はあまりにそのサービスを利用しすぎていて、「嫌いだから使わない!」なんてもはやできないし、iPhone を製造するのに、サムスンなしではそもそもこれだけの品質の iPhone を短期間に提供するのは難しく、アップルにとって最重要なサプライヤーなサムスン。

Apple、Google、サムスン、それぞれ色々あるだろう。だが、各社大人の対応を切に願う。今の韓国情勢を見ると、サムソンには「大人の対応」は望めそうもないが…(はい、私はハッキリと Mac 贔屓で、Google のファンだし利用者なので、本話題の見方や求める結果は、激しく偏っています。あしからず。)

2012/09/01 追記
今朝の日経によると、訴訟の内容は、Mac あるいは PC と iOS デバイスをつないだ時に同期する技術とのこと。9to5Mac の伝えた内容と微妙に違うので、訂正しておく。

広告

Written by arito

2012-08-31 at 16:09

カテゴリー: Apple, Google, iPhone

Tagged with

次期 iPhone 発売されたら、今の iPhone を買い換える?

leave a comment »

「今の iPhone を買い換えるか?」つまり、今現在 iPhone を使っている前提の話。私はとても迷いつつも、「画面サイズ」というところがどうしても気になっていて、しばらくは大事に今の iPhone を使う考えでいる。

私の考えは、

  1. 3GS 使っている人は、迷わず変更
  2. 4S 使っている人は、iOS 6 の機能も全て動作するわけだし、ミーハーでなければ、買い換える理由はない
  3. では iPhone 4 な人(私)はどっちよ?

ということ。

私は普段、iPhone を使う時、アプリの中だけで完結するようなものはほとんど使っていない。ゲームもやらない。Reeder を使っている時間が最も長いのでは?と思っている。それ以外はメールか Safari か、Catch というように、インターネットに必ずつなげるものばかりを利用している。

なので、次期 iPhone にしたり、あるいは 4S へ機種変更しても、Reeder のオフラインでの表示が早くなることは感じるかもしれないが、それ以外の普段使っているアプリでは、ネットワークの通信速度が最も動作速度に影響するファクターなので、それほど変わらないだろう、と思っている。もちろん、次世代 iPhone で LTE 対応すれば、次期 iPhone に変える理由にもなるかもしれない。だが、それだけのために買い換えるか?

冒頭に「画面サイズ」と書いたが、今の iPhone の 3.5 インチが、私の手の大きさでは、片手で操作できる限界のサイズなのだ。だから、これ以上大きくなってほしくないのだ。私には必要ないから。

さっきチラと「あるいは 4S へ機種変更」と書いたが、これも実は真剣に考えた案だ。今私が使っている iPhone は 16GB で、まだ数 GB 余っているので、16GB で容量は足りていて、4S の 16GB に機種変更しても実質機種代はかからない(ように見える)。「iPhone 家族無料キャンペーン」で今の iPhone 4 を自宅の WiFi のみで使って(iPad があるから実質使わない)、自分は普段 4S を使う、なんて案もありか?とも思う。

だが、私は今の iPhone の機種代を一括で払っているので、月々の料金に機種代が乗っていないので、毎月の請求額が \5,000 もいかないのだ。でも、家族無料キャンペーンで 4S にすると、月々 \5,700 くらいになり、\1,000 くらい毎月の通信費用が上がることになる。

そこまでして、iPhone 4 を 4S にするために自分自身を説得できる材料がない。

  • 今の iPhone 4 に不満はそれほど感じていない
  • 画面サイズは今のサイズの方がいい
  • 4S 独自機能は、iOS 6 になれば、新しい iPad で利用できるようになる(Siri とか)
  • iOS6 で iPhone 4 と 4S で実行できる機能が異なるが、その差異はそれほど私にとって重要ではない

ということで、私は次期 iPhone が発売されても、しばらくは様子見をすることにする。

ソフトバンク、在庫整理のために、次期 iPhone 発売したら、iPhone 4S を叩き売ってくれないかなぁ…。という思いが強くなる今日このごろ。

Written by arito

2012-08-31 at 00:42

カテゴリー: Apple, iPhone

X11 なしで GIMP for Mac が動作可能に

leave a comment »

無料の高機能なペイントソフト「GIMP for Mac」が「X11」なしで動作可能に.

「お!Mac にも GIMP をインストールするか!Fedora と同じアプリで画像いじれる!」と思って早速インストールしてみたが、報告にあるように、私も起動できない。起動時のスプラッシュは出るけど、最後落ちる。10.8.1 だけど。

ちなみに、Mac ってアプリ起動時の簡単なデバックってどうやるんだろう?Linux なら端末から gimp ってすれば、端末にワラワラとエラー、警告が出力されるんだが、Mac OS X では同様のことができるのだろうか?

できた…。

% cd /Applications/GIMP.app/Contents/MacOS
% ./GIMP
GIMP
.
/Applications/GIMP.app/Contents/Resources/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/opt/X11/bin
Cannot spawn a message bus without a machine-id: Unable to load /var/lib/dbus/machine-id or /etc/machine-id: Failed to open file ‘/var/lib/dbus/machine-id’: No such file or directory
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_get_qdata: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_set_qdata_full: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-CRITICAL **: pango_fontset_foreach: assertion `PANGO_IS_FONTSET (fontset)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-WARNING **: failed to choose a font, expect ugly output. engine-type=’PangoRenderCoreText’, script=’common’
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-WARNING **: couldn’t load font “.Aqua Kana Not-Rotated 12px”, modified variant/weight/stretch as fallback, expect ugly output.
(GIMP-bin:544): GLib-GObject-CRITICAL **: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)’ failed
(GIMP-bin:544): Pango-ERROR **: Could not load fallback font, bailing out.
zsh: trace trap  ./GIMP
/Applications/GIMP.app/Contents/MacOS%

これ、本当に動くんだろうか?マシン ID を取得しようとして失敗しているが、これはエラーの直接的な原因ではなさそう。その後の PANGO のフォント周りがまずいのか?フォントオブジェクトが全くロードできないから落ちる?

明日もうちょっと調べてみるべし。

2012/09/02 追記:

日本語環境での起動に成功した。詳細は「X11 なし GIMP for Mac を日本語環境で起動するには」を参照あれ。

Written by arito

2012-08-30 at 01:25

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

Java 7 に “Super Dangerous” なセキュリティホール

leave a comment »

Security Experts: Zero-Day Java 7 Exploit Is “Super Dangerous” To Mountain Lion Macs | Cult of Mac.

影響が Windows や Mac だけでなく、Linux にも及ぶ「Super Dangerous」なセキュリティホールが Java 7 で見つかって、セキュリティサイトでは話題になっている。

まだ修正されていない問題で、悪意のあるサイトに行くと、意図せぬアプレットをダウンロードさせられて、なんでもされてしまう、というもの。

現時点ではブラウザの Java プラグインを動作しないようにしておくしかないようだ。

オリジナルのマルウェアは、Chrome では動作しないようだが、既に亜種があり、Windows XP の Chrome で動作してしまったようなので、Chrome は安全ということでもなさそう。

普段から怪しサイトへ行く人は、しばらく Java のプラグインは無効にした方が安全。そうでない人も、今時どこへ誘導されるかわからないので、無効にしておいたほうが安全。(Yahoo ニュースしか見ない!とかならいいだろうけど)

追記:

「Linux も対象で既に実証されている」ということで記事にしたのだが、帰ってきて本件の記事の検索をしたら、「うわ、確かに Super Dangerous だな…」と改めて思った。Sophos の記事あたりをどうぞ。

猛威を振る Java ゼロデイ攻撃コード

早速自宅の Mac の Safari、Chrome を調べる。Safari は環境設定で Java を無効化、Chrome は Java Plugin 入っていないようだ。

次に Fedora 17。こちら OpenJDK だが、元が Oracle の Java だし、怖いし、ブラウザで Java アプレットの動作を要求するサイトなんてしらないから、念のため IcedTea Plugin を無効化した。

Windows Vista に入っていた Java は、6 だったが、そもそも Java Plugin なんて使わないはずなので、IE で Java Plugin を無効化し、Java 自体を 6u34 にアップデートした。

いや、それにしても Oracle が「次のパッチは 2012/10/16 です」というアナウンスもひどいもんだ。1.5 ヶ月以上、エンドユーザ責任で放置プレーなの?なんで?

2012/08/31 追記:

Oracle が緊急パッチをリリースしたようだ。さすがに「これはやばい、放置できない」という判断になったんだろうか?

Written by arito

2012-08-29 at 20:23

カテゴリー: セキュリティ

Tagged with

アップル対サムスン訴訟の陪審員へのインタビュー

leave a comment »

アップル対サムスン訴訟を担当した陪審員へのインタビュー記事が掲載されている。

ITmedia、WSJ それぞれ異なる陪審員へのインタビューだ。

素人目に見ると、技術屋が比較的多く陪審員に含まれていたことが、Apple のほぼ完全勝訴の原因の一つなのでは?とも少し感じる。特に、WSJ の記事にあった、アイコンに関する特許の評決で、ダン氏が用いた手法は、極めて合理的・理論的かつ直接的な、これ以上はない的確な方法であったと思った。技術屋でないと、こういった確認方法は思いつかなかったのでは?

もちろん、陪審員の選定はどちらかが有利になったり、不利になったりはしないようにしているわけだし、「技術屋」が多い、ということは、Apple だけでなくサムスンにも逆に高評価となるチャンスは平等にあっただろう。

それでもこの結果を見ると、「アメリカン・ドリーム神話」があるアメリカらしい評決だったのではないだろうか?イノベーションを生む者を高く評価してその技術を保護する、そんな文化(とまでは言えないか?)や風潮が根底にはあるのではないだろうか?

Written by arito

2012-08-28 at 00:49

カテゴリー: Apple, iPhone

アップルはなぜ訴えるのか

leave a comment »

Cult of Mac の「Why Apple Sues」を田園Macさんが和訳してくれている。

アップルはなぜ訴えるのか | 田園Mac.

特許、イノベーション、消費者利益全てがバランスすることはないのかもしれない。

Apple の理論からすれば、これまでにない技術革新、デザイン、UI でユーザをアッと驚かす、そして魅了する製品を作ることを目的としているわけだから、ユーザをハッピーにできる製品を世に送り出している自負もあるだろう。

サムスンはそれを Android を使って模倣し、同じような感覚のものをより低価格にユーザに提供しているのだから、「ユーザの選択肢と利益を守っている」という理屈かもしれない。

どちらも間違ったことは言っていない。ただ、サムスンはやりすぎた。Google が指摘した、とも言われているが似すぎている。堂々と戦うには節操がない、と言えるほど似ている。

私だって、iPhone が半分の値段で買えるならそれはハッピーなことだ。だが、iPhone のような製品を生み出す力が Apple から無くなってしまうのは不幸なことだ。Apple に限らず、イノベーションを生み出せる企業が、彼らの模倣をして一瞬にして陳腐化させてしまうような世界では、誰もイノベーションを生み出す気にもならない。そうなってしまうのは、すべての人々にとって不幸なことだ。

そのために特許法なるものがあるのだろうが、使い方によっては、既存の技術を利用して組み合わせて新しい仕組みを創りだした時に、既存の技術の特許を持っている企業に邪魔されたり、ライセンスを払ったりと、新しいものを作り出す人たちにも、我々消費者にも不幸な状況が生まれることもある。

見方によれば、今の Apple は創りだす側であり、そして守る側でもあるので、消費者にとって創りだす側はハッピーだけど、守る側は(値段が)あまりハッピーではない、という両面を持っている。

トレードオフな難しい問題。一消費者としては、あまり心地の良い話題ではないのだが、注意深く自分たちの本当の利益(ハッピー)は何処にあるか?を見極めていきたい。

Written by arito

2012-08-27 at 01:02

カテゴリー: Apple, iPhone

胡麻うま〜

leave a comment »

Written by arito

2012-08-26 at 22:33

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。