Ari's Blog

Reading makes me rich !

声明全文

leave a comment »

【柔道五輪代表暴力問題】誇り汚され涙、疲れ…監督におびえながら練習 声明全文+(1/3ページ) – MSN産経ニュース.

色々と物議を醸しているが、「全文」ということでリンクしておくことにした。

ちょっと前からすると相撲部屋での暴行事件、最近では大阪のバスケットボール部での監督からの暴力による生徒の自殺から端を発し、各界のプロからも学生時代の暴力とその時の思いの告白と来て、柔道界のこれだ。

相撲、スポーツ、柔道、どれをとってもその道を極めるには過程を含めて「道」があり、それを進みながら「成長」があり、それを支えるべきが師匠、監督、先生のはずなのだが…。

できないことが相手のせいと考え、それを怒りに任せて暴力を振るい、それを「指導」「教育」と説くとは言語道断、というのは簡単だ。

実際自分の子供にイラっとして怒りに任せて叱りつけたりするのと次元は違えど、根は一緒な気がする。「子供を育てながら自分自身も成長する」「自分はまだまだ未熟で成長しなければならない」「自分は教える立場だが、教えることについて学ぶべき未熟者」という気持ちが必要なのに、それが全くなかったのだろうな。個人としても組織としても。

組織としては各界の経験者だけが組織する組織は、どうしても物の見方が偏ってしまうんだろうから、第三者あるいは第三者組織を中に取り入れて、中の空気を淀まないように常に活性化させる組織化が必要なんだろうな。

「人の振り見て我が振り直せ」そんな思いでニュースを眺めている今日このごろ。

広告

Written by arito

2013-02-06 @ 00:04

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。