Ari's Blog

Reading makes me rich !

スペルシンガー 頭の痛い魔法使い

leave a comment »

頭の痛い魔法使い (ハヤカワ文庫FT―スペルシンガー・サーガ)

スペルシンガー第三巻。

今回は物足りなかった。理由は単純で、ストーリーが「単なる冒険」だったから。「単なる」というのは、明確な倒すべき相手や敵が設定としてなかったから。もちろん冒険の中では「敵」や「倒すべき相手」は出てくるのだけれど、場面場面での「敵」でしかない。

目的が頭痛のひどいクロハサンプのために薬を取りに行くことが今回のストーリーだから、明確な「倒すべき敵」がいないのだ。

ジョン・トムとカワウソのマッジのやり取りは相変わらずテンポが良くて面白いけど、全体としてかなり物足りなかった。次の巻は「明確な敵」がいるパターンの内容だから、少し期待している。

広告

Written by arito

2013-02-24 @ 00:34

カテゴリー: 読書

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。