Ari's Blog

Reading makes me rich !

Windows でもやむなし、ということもある

leave a comment »

最近、仕事で Windows 環境で Apache やら PHP やら PostgreSQL やら *NIX 系ならどうってことないミドルウェアを使っている都合でものすごく不自由している。

元々の環境は Linux 環境で使っているシステムなのだが、コンピュータに明るくない人たちのところに導入することになり、色々と検討したが、結局 Windows OS にせざるを得なかった。仕方がないこともある。

「リモートメンテナンスするんだから、なおさら Linux のままにすべき!」との意見も強かったが、結局ハードウェア不具合とか、そもそもリモートログインできなくなった状態を想定すると、お客さんに電話であれこれ言いながら操作してもらわざるを得ないこと、システムに関係ない設備費をあまりかける余裕がないことから、Windows という最終結論となった。IP コンソールを買う予算があれば迷わず Linux にしたのだが、世の中そんなにうまくいかない。お金は大事。「手間をコストに換算すれば…」とか食い下がった所で、またそれを実際に示した所で納得してもらえないなら仕方がない。大体納得してくれないし。私にスペルシンガーのような魔法の話術(歌声?)があればなぁ…。

で、激しく不自由な点:

  • ログが見にくい。
    特にデバッグするような時、tail -f  やらパイプ処理がまともに使えないのは痛すぎる。awk や sed も使えないし。cygwin とか本番環境に入れられないし。
  • バッチ作るのが大変。
    dump した後にファイルを圧縮するのに、圧縮のコマンドがない。デフォルトの機能に圧縮も解凍もあるのに、それがコマンドで呼べない、なんてアンビリーバボーな仕様。gzip のバイナリー入れたさ。なんてことはざらにある。

大したことではないと思うかもしれないが、普段 *NIX 環境しか触らない者にとっては、ログ見ようとするたびにイラッとするのはかなりのストレスになる。バッチも「シェルで十分」な程度のものでも、Windows のコマンドで書くとなるとかなり大変で、最低でも VBScript などを使わないとまともに書けない。(今回のような PHP を使ったシステムなら PHP で書いてもいいけど)

そんなこんなで仕方がないこともある。それでもできるだけ良い環境にするしかない。止まらないことを祈りつつ。

広告

Written by arito

2013-03-09 @ 17:12

カテゴリー: Linux, Windows

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。