Ari's Blog

Reading makes me rich !

311 その33

leave a comment »

福島: 膨大な漏洩と放射性降下物は日々続いている … 何年間も: マスコミに載らない海外記事.

記事にある TPP のところはさておき、放射能の放出量が本当だとして計算してみて驚いたので記事にしている。

民主党が意味不明な「冷温停止」とか「収束宣言」をしてから早1年半くらいが経過しようとしている。炉心がどこにあるのか?も分からないくせに冷温停止、放射能は垂れ流しなのに収束宣言。安倍さん、両方共この言葉は撤回してくれないかな?

どんな言葉を使ったとして、現実は変わらない。

  • 福島は現在 930 億ベクレルの放射性セシウムを放出している
  • チェルノブイリから放出された量の約一万分の1

「一万分の1ならチェルノブイリよりずっと規模は小さいじゃないか」なんて無意味な安心をしてはいけない。廃炉まで 30 年はかかると言われている。もし、このままたれ流されたら…

365 日 × 30 年 = 10,950

チェルノブイリと同じだけの放射性セシウムを放出することになる。30 年後に完全に福島にある放射性燃料から漏れ出る放射能を密閉できて、の話でこの計算だ。

事故から 25 年経過したチェルノブイリでも、コンクリートが剥がれ落ちて緊急で修理が必要とか、そのコンクリートが剥がれたらまたドンドン漏れ出てくる現状と、福島にある放射性核燃料の量を考えると、最終的に放出される放射能の量は少なく見積もってもチェルノブイリと同等になってしまうのではないだろうか?

封じ込めたにしても、その後百年、二百年のオーダーで密閉状態を確保・監視・継続しなければならない。気の遠くなるような現状がまだそこに横たわったままなのだ。

広告

Written by arito

2013-04-13 @ 01:02

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。