Ari's Blog

Reading makes me rich !

Chrome 内蔵の flash は YouTube と相性悪いの?

leave a comment »

Mac で YouTube の動画が見れなくなっていることにふと気づいた。プラグインの状況は以下だ。

スクリーンショット_2013-04-14_19.52.57

Chrome 内蔵の Flash は最新。Adobe 純正のは最新じゃない。普通に考えると、2つあるからまずいってことで、古い方を無効にしたんだけど症状が変わらず。試しに Chrome 内蔵の方を無効にしてみた。

スクリーンショット_2013-04-14_19.55.37

すると、そもそもロードさえまともに出来なかった YouTube のページが普通に見えるようになって動画の再生もできるようになった。でも、Flash は最新にしておかないと危ない。なので、Adobe のサイトに行って最新版をダウンロードした。

スクリーンショット_2013-04-14_22.20.18

両方最新&有効な状態で、YouTube のサイトは見れるし、動画も再生できる。改めて、Adobe 純正の方(NPAPI)を無効にしてみたら…

見れなくなった…。なんでだ!Chrome 内蔵(PPAPI)の方を無効にしても、問題なく見れる。両方有効にしても見れる。でも Chrome 内蔵の方のみ有効にすると見れない。つまるところ、「Mac の Chrome 内蔵 Flash は YouTube の動画を再生できない」という結論にした。

現時点の環境は以下。

  • Google Chrome 27.0.1453.47 beta
  • Flash 11.7.r700 バージョン 11.7.700.169(PPAPI)

調べてみると、両方有効になっていると Chrome のパフォーマンスが悪いから片方にスべし、という記事が多々あるが、違いを感じることができないので、そのまま2つとも有効にしてある。

ちなみに、Fedora 18 の Chrome beta では、ちょっと不安定なのだけれど、Chrome 内蔵の Flash プラグインのみで YouTube の閲覧・再生ができることを確認した。

なので、Mac 版の Chrome 内蔵 Flash が YouTube の動画と相性が悪いのか?という現時点での結論。

広告

Written by arito

2013-04-15 @ 01:05

カテゴリー: Google, Mac

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。