Ari's Blog

Reading makes me rich !

ユリシーズ・ムーアはどっちだ?

leave a comment »

※本内容は、ユリシーズ・ムーアの第五巻の内容がだいぶわかってしまう内容である。

ユリシーズ・ムーア第五巻の最後、リックは庭師のネスターが出してきたユリシーズ・ムーアの肖像画を見て、「それじゃぁ、あなたがユリシーズ・ムーアだったんですね?」と言う。ただ、その場にはネスターと灯台守のレオナルドがいる。

だからどちらに対してリックが「それじゃぁ、あなたがユリシーズ・ムーアだったんですね?」と言ったのか?がわからない。どちらなのだろうか?と考えてみる。

  • ネスターは時の扉の向こうへ行ったことはない、と今まで言ってきている
  • レオナルドは時の扉の向こうへ行き、時の旅行をしたことがあるし、実際ベネチアへは彼がメティス号を操縦して行った
  • レオナルドは時計職人のピーターやブラック・ボルケーノと共に幼い頃からキルモア・コーヴにいる
  • 庭師はキルモア・コーヴの住民に見られたことがあるが、ユリシーズ・ムーアは顔を見られたことがない

という状況である。

メティス号の操縦の仕方を知っている、ということからレオナルドか?とも思えるが、彼はキルモア・コーヴの人と幼い頃から知り合いだという点が気にかかる。

ネスターは時の扉の向こうへ行ったことはないようなことを言っているが、そこが嘘だとすれば、彼が「ユリシーズ・ムーアの外(キルモア・コーヴ)での姿」というのはありえると思う。第五巻の最後の挿絵にあるユリシーズ・ムーアの肖像画と「ユリシーズ・ムーアの公式ページ」にあるネスターの肖像画を見たら、かなり似てね?

ということで、ユリシーズ・ムーア第一期の最終巻を読む前の私の予想としては、ネスターがユリシーズ・ムーアなのでは?という推理。(では奥さんのペネロピは?って疑問もある。まさかレオナルドがユリシーズで、カリプソがペネロピってことは?ないな…)

2013-04-21 追記:

4/20、この予想があたったのか?/はずれたのか?が判明した。

広告

Written by arito

2013-04-18 @ 11:38

カテゴリー: 読書

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。