Ari's Blog

Reading makes me rich !

Cotes de Rhone “La Grande Ourse” 2010

leave a comment »

「大熊座」という名のワイン。

いつもの信濃屋の店長がハイテンションで超オススメしていたので、\3,000 弱といつも呑んでるワインの倍の値段だけど買ってみた。

ほんとうに手に入らない、さらに年々手に入りにくくなる、しかも当たり年の 2010 年ヴィンテージものがほぼ半値のお値打ち!

絶対後悔しないから騙されたと思って呑んでみて!

試飲もしていたが車なので私は呑めず、妻が試しに呑んでみると…「コッ!(濃い!)、でもフルーティーだよ」で、私も「どんだけ濃いんだか?それでいてフルーティーってあるの?」とどうしても呑んでみたくなって買ってしまった。

で、実際どうか?開けて直ぐ呑んでみた感じは、それほど濃さは感じなかったが、いつまでも口の中にブドウの味がいい感じに残っている感じ。時間が経つにつれて味わいがだんだんとジワジワと染み出してくるように「濃く」なってきた。(「濃い」なんてストレートな表現しかできないのが寂しい限りだ…)それでいて、開けたばかりの時と同じブドウのフルーティーな味わいが口の中に濃いにもかかわらず爽やかに残る。「確かにこれは逸品かも…」と違いのわからない私にも少しは感じることができる素晴らしさなのだろう。

もうだいぶ暑くなってきて赤ワインを呑みたいとは思わなくなるような季節。最後の締めくくりとして贅沢な赤ワインを楽しんだ。

さて、これからの季節はキンキンに冷やした辛口シャンパンだ!

追記:

私のチープな説明より、楽天市場での専門家?の解説の方が分かりやすいだろう、ということでリンクしておく。

【楽天市場】パスカル・シャロン・コート・デュ・ローヌ・“ラ・グラン・ウルス”[2010]年・超限定品・オーク樽12ヶ月熟成・ドメーヌ・パスカル・シャロン元詰Cotes de Rhone “La Grande Ourse” [2010] PASCAL CHALON 15%:うきうきワインの玉手箱.

広告

Written by arito

2013-05-20 @ 00:14

カテゴリー:

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。