Ari's Blog

Reading makes me rich !

優れた面接官は存在しないらしい

leave a comment »

雇用に上手い下手はない:Googleが自社の採用活動を研究して知ったこと : ライフハッカー[日本版].

Google が数多くの応募に対する選考結果を研究していて、その結果をインタビューで答えたらしい。

もう 20 年も続く不況の中、企業はより良い人材を求めあれこれ工夫し、学生はより良い企業に就職しようと、日夜資格の取得や大学での成績の向上に励んでいるのだろうが、結局のところ、現時点で Google の研究結果でわかったことの中には、

  • 優れた面接官は存在しない
  • 大学の成績は関係ない

という事柄がある。

数回、数時間の面接で、求職者のその後のパフォーマンスを推し量ることは不可能だという、当たり前のことが研究結果から導き出されている。求職者に能力があったにしても、そしてそれを見ぬいたとしても、職場の環境、チームの環境、上司との相性といった不確定な要素だが、その人のパフォーマンスに最も大きく影響する「環境」が採用時点では分からないのだから。

大学の成績は関係ないというのも、当たり前と言えば当たり前だ。いくら専門職でスペシャリストだとしても、企業でないと求められない要素がある。大学では求められない要素がある。

当たり前のことだが誰もそれを理論的に裏付けていないようだが、Google がその研究結果を発表すると、もうそれが確固たる裏付けで「証拠」とさえ思えてしまうのは私だけだろうか?「かの Google が研究したところによると…」という内容に弱いのだ…。

広告

Written by arito

2013-06-30 @ 18:55

カテゴリー: Google, Uncategorized

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。