Ari's Blog

Reading makes me rich !

Mail アプリの Index を Vacuum してパフォーマンス回復する

leave a comment »

Mac の Mail アプリで、フォルダをクリックした時に中を表示するのに長時間かかるようになった時の常套手段らしいのだが、知らなかったのと便利なコマンド(AppleScript)も紹介されていたのでやってみた。(※ただし、私は別に Mail アプリは重くなっていない)

Vacuuming your Mail.app index still works wonders – BrettTerpstra.com.

情報源は上記 URL。

Mail アプリのインデックスは、SQLite でできているらしく、そのデータベースを Vacuum してゴミ掃除をしてやればパフォーマンスが回復するらしい。具体的にはたったこれだけ。

% sqlite3 ~/Library/Mail/V2/MailData/Envelope\ Index vacuum;

ターミナルアプリを開いて、上記コマンドを実行するだけ。(% はプロンプトなので、sqlite3 からタイプする)

ここですぐ実行したくなるのをグッと我慢してほしい。「実行前と後でいったいどれくらいキレイにお掃除できたのか?」を知りたいよね?であれば、前述の URL にあった AppleScript を Apple Script エディタに貼り付けて実行してみてほしい。実行するとダイアログでインデックスサイズの before/After が表示され、OK を押すと Mail アプリが起動する。(ちなみにこのスクリプトでは、インデクスを Vacuum する前に、Mail アプリを落とすようになっている)

tell application “Mail” to quit
set sizeBefore to do shell script “ls -lah ~/Library/Mail/V2/MailData | grep -E ‘Envelope Index$’ | awk {‘print $5’}”
do shell script “/usr/bin/sqlite3 ~/Library/Mail/V2/MailData/Envelope\\ Index vacuum”
set sizeAfter to do shell script “ls -lah ~/Library/Mail/V2/MailData | grep -E ‘Envelope Index$’ | awk {‘print $5’}”
display dialog (“Mail index before: ” & sizeBefore & return & “Mail index after: ” & sizeAfter & return & return & “Enjoy the new speed!”)
tell application “Mail” to activate

 

上記を実行した結果のスクリーンショットは以下。

スクリーンショット 2013-08-03 23.40.52

Mail Index before: 57M
Mial Index after: 47M
Enjoy the new speed!

なんて結果になっている。大して使っていない私でも、57M あったインデックスサイズが 10M も減って 47M になっている。17.5% も減ったのだ。

毎日実行する必要はないだろうし、Mail の利用量にもよるだろうが、盆と正月くらいにやっておけばイライラすることもなく快適な Mail アプリ生活がおくれるのではないだろうか?

広告

Written by arito

2013-08-04 @ 00:21

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。