Ari's Blog

Reading makes me rich !

うどん県ツアー2013夏(その5)

leave a comment »

こまめ食堂へ行く道すがら、「そうめん一杯 \100」の看板に誘われて立ち寄ったのだが、そこで子供たちが「トイレに行きたい!」と言い出した。でもトイレは臨時駐車場のところにしかなく、ちょっと先にある。すると店のお兄さんが「僕の車で送りますよ!ちょっときたないけれど…」と言ってくれたので、お言葉に甘えて妻と子供たちはトイレに行った。

そうめんを先に食べ終わってもなかなか帰ってこないので、辺りを見回してみると、急な階段があってその先にお寺があった。

早速行ってみるとそこは「小豆島おへんろ」の四十三番目の札所「浄土寺」だった。とても寂れたお寺だったが、門の横の掲示板に目が行った。

スライドショーには JavaScript が必要です。

心にじんわりと染みてくる言葉が書いてあった。

百人に微笑みかければ百人の心が和(なご)む

できれば、一人でも多くの人に微笑みかけたい、どんな時でも微笑みを忘れてはいけない、自分のため、相手のため、といった気持ちを感じた。

そうめん屋のお兄さんがすぐ上の浄土寺のこの言葉を知ってか知らずかは分からないが、子供たちに実践してくれていたのは、偶然だろうか?いや、そんなはずはない。世の中にはそういう心優しき人たちがいることに感謝し、自身もそうなるよう心がけねばならないのだろう。助けられた分だけ助けねば…。

広告

Written by arito

2013-08-17 @ 23:56

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。