Ari's Blog

Reading makes me rich !

ヒックとドラゴン

leave a comment »

映画の「ヒックとドラゴン」を思い出される人が多いだろうが、今回は「本」の話。もちろん映画も見たことあるのだが、本では映画とは全然違う状況や背景になっている。本を読むと「よくこの物語をあの映画のようにアレンジできたなぁ…」と関心せずにはいられない。

映画ではトゥースは非常に特殊なドラゴンだが、本ではヘイボンドラゴンの極めて小さいドラゴンで、名前ですらトゥースレス(歯なし)だ。

海賊は、ドラゴンを仕事や海賊するための「家畜」として一緒に暮らしている。映画とは全く違う状況で物語は進む。

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル
小峰書店
売り上げランキング: 50,920
ヒックとドラゴン〈2〉深海の秘宝 (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル
小峰書店
売り上げランキング: 16,949
ヒックとドラゴン〈3〉天牢の女海賊 (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル
小峰書店
売り上げランキング: 18,927
ヒックとドラゴン〈4〉氷海の呪い (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル
小峰書店
売り上げランキング: 32,929
ヒックとドラゴン〈5〉灼熱の予言 (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル
小峰書店
売り上げランキング: 95,604
ヒックとドラゴン〈6〉迷宮の図書館 (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル
小峰書店
売り上げランキング: 93,407

十巻まであるのだが、なんだか飽きてきてしまって六巻までしか読んでいない。九、十巻でドラゴンがいなくなった理由がわかるらしいのだが…。

広告

Written by arito

2013-09-01 @ 00:27

カテゴリー: 読書

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。