Ari's Blog

Reading makes me rich !

風の海 迷宮の岸

leave a comment »

風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
小野 不由美
講談社
売り上げランキング: 107,145
風の海 迷宮の岸(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)
小野 不由美
講談社
売り上げランキング: 123,135

十二国記シリーズの2つ目。戴国の話。

戴国の麒麟が蓬山の木に実るが、蝕により蓬莱に流されてしまうところから話は始まる。戴国の麒麟は「泰麒」と呼ばれる。その泰麒が王を選ぶまでの物語。

麒麟として未熟で何もできず、皆の期待に答えられない自分と葛藤しながら成長する泰麒。蓬莱での人生もそうであった。

途中、慶国の麒麟である景麒とのやりとりで、景麒の方も子供の泰麒に「優しく」接する努力をすることで、景麒のツッケンドンさも改善されたりするのが面白い。

そして最後には延王と延麒まで出てきて一芝居を打って、泰麒が「天意に背いて天啓のない王を選んだ」と思っている誤解を説く場面も非常に面白い。

全体として少々ウダウダしている感じではあるが、下巻からはかなり面白い。

広告

Written by arito

2013-11-01 @ 23:47

カテゴリー: 読書

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。