Ari's Blog

Reading makes me rich !

RICOSTA その4

leave a comment »

もうこのブログで投稿するのも早いもので四回目。毎年恒例の子供たちの新しい靴の購入とフィッティングに行ってきた。毎度おなじみ目白の山幸ね。

今年は上の子の靴が実はもう小さくなっていたことが判明。足の爪が靴の先にあたって右足のつま先の内側が破けていた。山幸のおじさんに色々と状況を教えてもらって、毎度「ふむふむ」と素直に聴く。そんでもてサイズは2サイズ大きいものとなり、38 だ。子供 or 婦人のフレンチサイズだから、24.5cm というところだ。でかい!実寸で 23.5cm あったから、その足が入る靴となるとこうなる。

下の子のは順調に1サイズ大きくなり、今はいている靴もあと一ヶ月くらいは並行して履けるとのこと。

今回は上の子はややスポーティーな感じ。下の子のは女の子らしくて可愛い「女の子」という感じの靴。いつもながら羨ましい。

家に帰り、ふと自分と妻の革靴を見ると、だいぶくたびれている感じ。そこで早速妻の靴二足、自分の靴二足を磨くことにした。私の一足以外は普通のスムースレザーなので、それぞれの色の靴墨を塗って磨く。だいぶくたびれていたので、靴墨を塗っては磨き、色あせている部分にもう一度靴墨を塗っては磨き、更にきになる部分にもう一度靴墨をぬって磨き…と合計3回は靴墨を塗っては磨きを繰り返し、だいぶ輝きを取り戻した。革は生きていて、手入れしてやれば長持ちする。

私のもう一足はオイルドレザーなので、ミンクオイルを丁寧に指でなじませながら薄ーくのばしてのばしてのばーして塗っていく。

一仕事終えると真新しい靴と手入れした革靴が並ぶ。満足、満足。

広告

Written by arito

2013-11-18 @ 00:06

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。