Ari's Blog

Reading makes me rich !

ブログは死んだのではない、溶けたのさ

leave a comment »

「ブログは死んだ」:Jason Kottke | maclalala2.

確かに、ブログが世に出てきた時を考えれば、最先端ではなくなったし、ワクワクもしなくなったかもしれない。若者は使わなくなったかもしれない。

ブログはもはや40才過ぎた子持ちのやることだ

こうしてブログを書いている私も、まぎれもなく40才を過ぎた子持ちのおやじだ。

私にはブログが必要だ。twitter や Facebook は今この瞬間になくなっても別に困らない。でも、ブログがなくなったら困る。とっても困る。それは紙と鉛筆を突然取り上げられたのと同じくらい困ることなのだ。

ブログが世に出てから様々なメディアが花開いた。ブログは唯一の手段ではなくなった。そして若者はあまり使わなくなった。twitter に比べるとお手軽ではないし面倒。Facebook に比べると「つながり」が薄い。Instagram や Tumbir に比べたら…

だが私にはブログだ。「ログ」を記録したいからブログなのだ。ログは単語や単なる画像では表現できない。「言葉」が必要なのだ。その瞬間の思いや瞬間の画像、映像を記録したいのではない。「ログ」を記録したいのだ。

私は文章を書くのは極めて苦手だ。だが、その時の思いや瞬間を記録するのには、その瞬間ではなく、しばらく時間が経過してから振り返りつつその時の自分を半ば客観視しつつ「あの瞬間」を「過去のログ」として記録するのだ。「ログ」を記録するには、落ち着いた時間と思考が必要なのだ。

そう、机に向かって紙と鉛筆で書くように。

ブログは死んだのではない。多種多様なメディアの1つとして溶けこんだのだ。当たり前にあるメディアの1つとしてね。

私はそう思う。

広告

Written by arito

2013-12-23 @ 00:50

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。