Ari's Blog

Reading makes me rich !

MacBook Air 終わったかも…

leave a comment »

いつものように食卓で MacBook Air でちょっとメール見ていたら上から紅茶が大量に降ってきた。そして電源が落ちた。Mac を傾けると紅茶がボタボタと落ちてくる。電源を入れても同然入らない。終わってしまったかもしれない。バックアップは Mabericks にした時にとったのが最後だったと記憶している。

希望は薄いが今現在はとりあえずエアコンの近くで乾燥中。あと1回、バックアップ取る時間だけでいいから起動してほしい。お願い、神様…。

LinkStation で以前 Time Machine を動くように設定したのだが、いつまで経っても終わらないからやめちゃって、rsync で定期的にバックアップを取得してたのだが、最近疎かにしていてこんな事故が発生するとは、トホホな一年の始まり。今年一年も嫌な予感が漂ってくるじゃないか。

とりあえず、Apple Care は入っているので、持ち込み修理を申し込んでみた。中を開けて掃除&乾燥でもしてくれないかしら?と思って。それくらいしかすることないし、それでダメなら諦めて新しものをその場で購入するしようかと。

こんな時やはり助かるのはクラウドの存在だ。メールは Gmail だからバックアップなんて不要だし、Apple Store から買ったものは管理されているからまたダウンロードすればいい。必要なシリアルやパスワードはクラウドストレージに保管してある。あぁ、クラウド万歳!

でも、iPhoto に保存してあった写真が、バックアップ時点より後のものがない。iPhoto は取り込んだ写真や動画がそれぞれのファイル実態として見えないので、クラウドストレージに取り込んだ写真や動画をバックアップしづらい。iPhoto に取り込む前にクラウドストレージに突っ込むしかないけど、それは日常の運用上よろしくない気がしている。iPhone 使い始めた時は、写真は Linux の DigiKam に取り込んでいたから、バックアップは外付け HDD、オンラインストレージの SpiderOak に取れていたんだけど、Mac を買ってからは iPhoto で全て写真、動画を管理していた。

さぁ、今後どうやって写真、動画を管理したら一番いいのだろうか?を模索しなければ。とりあえずは、LinkStation でもう一度 Time Machine がまともに動作するか?を確認してから、rsync でもバックアップスクリプトでも作って、もっと簡単にバックアップできるようにしてから、本格的な写真、動画管理の運用を考えることにする。なんだか、面倒でも一度 Linux の DigiKam に写真を取り込んでから、Mac の iPhoto へ取り込んで iPhone からは消す、というような運用がそれなりに面倒だけど、一番安全性を確保できて、かけた労力に対して最も効果が大きい気がしてきた。

SpiderOak や DropBox が Mac や Windows だけでなく、Linux のクライアントを用意しておいてくれるのはものすごく助かる。ありがとう!SpiderOak のエンジニアたち、DropBox のエンジニアたち!

広告

Written by arito

2014-01-13 @ 00:39

カテゴリー: Linux, Mac

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。