Ari's Blog

Reading makes me rich !

MacBook Air 終わってなかった!

leave a comment »

昨日、紅茶が大量に降ってきて電源も入らなくなっていた私の MBA。今日 10:30 くらいに一縷の望みをかけて電源を入れてみたら入った!しかも普通に動く!即 LinkStation に rsync で $HOME 以下をバックアップ。いつの間にか、母の iPad mini やら、娘の iPod touch やら、私が機種変更した iPhone 5s やらのバックアップが iTunes から取られていて、rsync されるファイルを眺めていて改めて「あぁ、神様ありがとう!MBA を起動してくれて!」と思った。

バックアップが終わったらすぐに電源を切り、昨夜申し込んでおいた持ち込みサービスを受けに渋谷へ急ぐ。公園坂の Apple でも良かったのだが、より早く持って行きたかったので、「クイックガレージ 渋谷」というところにまず持ち込んだ。

入るとカウンターがあって、まずは名前を書いて呼ばれるのを待つ。カウンターで4、5人対応していて、前のソファーにも4、5人待っていたが、修理品を受け取りの人もいて 15 分くらいで呼ばれた。事情を説明するとまずはシステム情報を起動して控えてから、自分の連絡先やら修理する上で承諾する内容を読んでサインしたりしたら、「では中を確認してきます」と言って裏の作業エリア?へ消えていった。10 – 15 分経過して戻ってきて状況を説明してくれた。

  • ロジックボード、バッテリー全て濡れていてすでに腐食箇所も見受けられる
  • まだ乾いていなくて濡れている
  • ロジックボード、バッテリーを含めて交換になる。現時点で \112,500 程度は修理にかかる
  • 我々は部品ごとに見積もりするので、細かいパーツ交換で済む修理であれば、Apple に出すよりずっと安いが、今回のようにロジックボード、バッテーリーとメインのパーツを全て交換が必要となった場合は、Apple の方が安い。\78,750 かな?
  • Apple のサービスを受ける場合は、水に濡れたことをキチンと説明し、最初からピックアップ修理サービスを申し込むことをお勧めする

といった内容だった。正直、10 万超えちゃうんだったら新しいの買ってしまおうと思ったが、\78,750 なら、まだ買って2年も経過していないし、リストアの手間もこのタイミングでかけたくないので、Apple のピックアップサービスに申し込むことにした。

それにしても、この「クイックガレージ 渋谷」のサービスはとても良かった。水をかけて壊したのはこちらなのに、見積金額を提示するときに「大変高くて申し訳ないのですが…」「当店でお力になれず申し訳ない…」など、なんだか恐縮してしまうほど腰が低く、しかも「より安い」ということで、Apple の修理サービスを進めてくれるなんて、なんて商売っけのないお店!Apple のサービスをあえて勧めなくてもいいのに「今回の修理の場合は Apple の方が安い」と勧めてくれるなんて。

しかも、私のために 30 分以上の時間を割いたにも関わらず、サービス料とか一切なし。。普通 PC 開けて中の状態を確認して見積もりするだけでも \2,000 – \3,000 技術料とかサービス料で請求されてもおかしくないのに。実際に目の前で対応してくれても、「何もしていないから 。」ステキだ!技術屋の鏡だ!

そして帰ってきて早速 Apple に電話して「ピックアップ&デリバリー修理サービス」を申し込んだ。明日の夕方ピックアップしてくれて、返りはいつとは言えないが、通常3、4営業日でお返しするってことなので、最速なら金曜日には返ってくるかもしれない。期待したい。

電話で申し込むのだが、後でメールが来る。こんな内容。

お客様へ

MACBOOK AIR (13-INCH, MID 2011) (シリアル番号 XXXXXXXXXX) の修理のご依頼を受領いたました。お客様の修理 ID は A111111111 です。

以下は、修理費用の見積りです。

部品概要 総額
Tier 4 Accidental Damage, IB/MB/MBAIR ¥78,750
総額 JPY ¥78,750

見積り費用の合計は、¥78,750 です。

今後の検証で修理費用が見積額を上回る場合は、修理の承認をいただくためお客様にご連絡を差し上げます。

お客様の製品は、配送業者が梱包箱を持参してお引き取りに伺いますので、製品の本体のみをお渡しください。特に、製品箱や保証書、保護ケース、液晶保護フィルムなど、その他の付属品等をお渡しにならないようご注意ください。万一、お渡しになった場合、同梱された付属品等はお客様に返却されません。

サービス条件や修理規約は Apple の Web サイトにてご確認下さい。

お申し込みになった修理サービスの進捗状況については、「修理状況」サイトでご確認いただけます。

修理状況 Web サイトの言語を変更するには、こちらで該当の国を選択してください。

今後ともご支援、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。
AppleCare チーム

ほとんど全て交換となりそうな今回の修理。Apple の見積額を上回ってしまうのだろうか?それが心配。とりあえず MBA は使わずにいることにする。部品交換するとはいえ、まだ濡れている状況で利用して状況がさらに悪化しても嫌だから。

その後どうなったかはまた記事をアップすることにする。しばらくは iPhone か Fedora 20 から記事を書くことにする。会社からワイヤレスキーボードを持って返ってきて iPhone で「するぷろ」で記事を書く生活をしてみようかしら?

いやいや、とりあえず今後のバックアップ方針を立てなければ。同じことで冷や汗をかくのはもうゴメンだ。

広告

Written by arito

2014-01-13 @ 17:40

カテゴリー: Apple, Mac

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。