Ari's Blog

Reading makes me rich !

LinkStation の TimeMachine 対応機能はなんちゃってか?

with 4 comments

先日、危うく MacBook Air のデータを全て失うところだったが、奇跡的にディスクへの障害は全くなく、完全に直って帰ってきた。それまで、rsync で $HOME を LinkStation に取得していたのだが、それだと完全に Mac が死んだ時に復旧が面倒であること、rsync も日本語の問題で文字化けしているファイルもあることに気づき、「最悪のケース」を想定して「まともに運用できるバックアップ」を考えて実施することが急務になった。

そこで、以前遅くていつまでも完了しなかった LinkStation の TimeMachine 機能を使って、もう一度トライしてみることにした。だが、結局いつまでたっても TimeMachine は終わらなかった。

色々な情報があり、Spotlight とデッドロックを起こしているから ~/Library/Preferences 以下の *.plist、*.plist.lock を消せとか、TimeMachine がネットワークマウントしている領域もバックアップしようとしているから除外リストに入れろとか、無線だと遅いから有線 LAN でつなげとか、とか、とか…。

結局何をしても強烈に遅い TimeMachine のバックアップ速度は全く改善せず、LinkStation の TimeMachine 対応機能を使ってバックアップすることは諦めた。数時間経過してもわずかに 3GB 弱しかバックアップできない。全部で 135GB も対象があるのにだ。単純に計算すると…どうやっても運用可能な時間は算出できない。

※*.plist とかはアプリの個人設定ファイルなので、絶対に消さないほうがいい。絶対に公開することになるし、私は実際に後悔した。何が起こるか?を理解せずに消してしまったことを!

諦めたのはいいが、他にどうするか?と考えていたが、そもそも TimeMachine がまともな速度が出ないのが、LinkStation 自体の問題なのか?私の Mac の問題なのか?を知りたかったので、というか、それくらいは判断しないと、次の一手が選べない。

そこで、メインマインの Fedora 20 に netatalk 入れて(今更これをインストールすることになるとは夢にも思わず…)、Linux でも TimeMachine の速度は同様なのか?を比較してみることにした。

※Fedora 20 を TimeMachine に利用するには問題があって、なかなか TimeMachine のバックアップ 先として利用できなかったのだが、その詳細はまた別記事で。

するとどうだ!まぁ、早くはないが、みるみるうちにバックアップ容量が増えるではないか!1時間くらいで約 15GB。所要時間は約8時間と表示されている。初期の 140GB 程度のバックアップであれば、この時間は仕方がない範囲だろう。このペースで最後まで行って TimeMachine の初期バックアップが取れ、その後の差分バックアップが運用上意識せずに取れるようになれば良い。そして LinkStation(LS-VL シリーズ)の TimeMachine 対応機能は「なんちゃって」で実用できる代物ではない、ということが結論づけられる。

スクリーンショット 2014-01-31 0.16.46

広告

Written by arito

2014-01-31 @ 00:21

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

コメント / トラックバック4件

Subscribe to comments with RSS.

  1. はじめまして。
    確実にバックアップを行うのであれば、USB接続のHDDが一番の様です。
    LAN経由でのバックアップは、最初は良いのですが、
    後日、トラブルが発覚する場合が多い様です。
    我が家では、そういうことが頻発したので、
    USB接続のHDDにTimeMachinのバックアップをとっています。

    hsasaki

    2014-02-03 at 07:31

    • はじめまして、いつも「いいね!」ボタンありがとうございます。
      仰るように、USB の外付け HDD も試してみたいですが、今まで無線で試してきたように、「途中で止まったようになる現象」の原因が「初期バックアップを取りきるまでの間に中断するから、レジューム時に既に取得したバックアップのインデックスを作成するにの超時間がかかる」ということだとすると、接続方法は問題ではなく、私の初期バックアップの取得方法が問題、ということになるかも…とも想定しています。
      とはいえ、135GB のバックアップを半日かけても取れないというのは、なんとも運用に耐えかねる気がしています。

      arito

      2014-02-04 at 00:08

      • 110GBで、2時間30分でしたので、何かあるのかも?

        hsasaki

        2014-02-15 at 20:31

      • 110GB で 2.5 時間というのは、外付け HDD で TimeMachine のバックアップを取得した場合ですか?
        LinkStation を USB で直付して初期バックアップを取得してから、その後の日々の差分バックアップを無線で…と今は考えています。

        2014-02-16 追記:
        LinkStation は仕様上 PC と USB 接続はできなかった…。中身が Linux だからあたりまえか…。

        arito

        2014-02-15 at 22:07


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。