Ari's Blog

Reading makes me rich !

まさかの全線通行止め!(2/8)

leave a comment »

2/7 金曜日の夜、佐久に向かった時は、佐久到着まで完全にドライだったが、今朝 2/8 起きてみると外は一面真っ白。

道全面雪…。

今の車は FR で、この車でまともに雪道走るのは初めて。まずは SNOW モードを ON。

IMG_2448

この SNOW モードは付いているのであれば、雪道では必ず ON にした方がいい。アクセルを踏んでも、ゆっくりタイヤが回って発進時に滑らないし、通常の走行モードでも走行中滑りにくくなるようにアクセル(トルク?)を調整してくれる。試しに OFF にしてみたら、交差点で発信する時、かなりゆっくりアクセル踏んでいるのに、後輪が空回りしてしまう。ON にするとグッとグリップする感じで滑らずに発進できる。すごくいい。

ま、そんな真っ白な佐久で、母の見舞いやら、お使いやらをしていたら、上信越自動車道が下仁田から先の長野方面ずっと通行止め、中央道はずっと八王子まで通行止めになっていることに気づいた。「まずい!帰れなくなる!」と思い、佐久から下仁田 IC までの道を確認してすぐに佐久を後にした。14:00 過ぎ頃だ。下仁田 IC までの道のりは、内山峠という峠路を進まなければならない。峠にさしかかる前に、すでに佐久市内はこんな状況に。

憂鬱になりながら佐久市内を運転していると…なんと教習車が!

IMG_2455

こんな雪の日に仮免練習中って、運転の練習しているのか?雪道走る練習しているのか?どっちなんだろう?と思いつつ、内山峠を目指す。

内山峠は雪がなければ大した峠ではないが、かなり雪が積もっていて、場所によっては雪が深くて車のお腹が雪にゴリゴリ擦れながら進む場所がかなり続いた。車は FR だし雪はどんどん深くなるし、途中で車が進めなくなって立ち往生してしまったらどうしよう…と恐怖と闘いながら、何とか下仁田 IC まで辿り着こうとひた走った。

やっとの思いで下仁田 IC に着いてみると、入り口の信号が赤信号。電光掲示板には「練馬 – 月夜野通行止め」「藤岡 JCT – ○○通行止め」と表示されていた。「えーっと、どこから乗れるんだろうか、うーんと…乗れない!練馬までずっと通行止めじゃん!!」せっかく下仁田 IC まで辿り着いたのに、もう既に練馬まで上信越自動車道、関越道は全て雪のため通行止めになっていた…。

外は一面真っ白な銀世界なのに、私の目の前は真っ黒(暗)になった。「どうしよう、帰れない…。佐久に戻ってもう一泊するか?またあの内山峠戻るの?佐久にもう一泊したところで、明日朝はもっと雪積もって、結局明日だってまともに帰れないのでは?特にレジャー客が帰る明日はもっと大混乱?」などいろいろ考えて、とりあえず行けるところまで一般道で行くことにして、国道 254 線を東京へとひた走った。

最初は「よし!行くぞ!」という踏ん切りでスタートしたので、元気があったが、だんだん暗くなってきても吹雪は全く止む気配がなく、だんだんと不安になってきた。最初の目標の通過地点である藤岡付近まで来たら、既に外は暗くなっていた。

IMG_2461

私の車にはナビが付いてない。iPhone の Google Map で東京への道をナビしてもらって進んだ。いつもは東京のある程度方向感覚がある状態で運転しているので、事前に順路だけ簡単に確認したら、ナビを見ることはほとんどないのだが、さすがに今回はどこ走っているのだかも分からないので、Google Map が言うとおりに進んだ。

基本的には国道 254 号線沿いに走っているのだが、Google Map に従って行くと、時折細い道を抜けて国道をショートカットしているような道を進む指示が出る。地図を確認して選択している余裕はなく、とにかく指示されたとおりに進んだ。かなり不安でコンビニの明かりが見えるとホッとするような道をひた走った時もあった。

進んでいくうちに思ってきたのだが、国道は道が太くて明るくて精神的には安心なのだが、チェーンのトラックが行き交い、除雪が間に合っていないので、深く凍った轍(わだち)とチェーンによって凸凹(でこぼこ)に固まった氷で 30km/h 出すことすらできないくらい悪路になっている箇所が多く、さらにそうなってくると 20km/h 以下でしか走れない車もたくさんいて、広くて明るいが、全然速度がでない。一方、暗く細い畑の中の道は、一面真っ白な道だが轍があまりなく、圧雪した雪道なので、40km/h は出せ、東京到着までの時間を短縮できるのだった。

そんなこんなで、最初は藤岡、次は東松山、次は川越、と道路標識は変わっていき、中山道(国道 17 号)に着いた時は、ようやく東京到着時刻が読めるくらいになってきてホッとしてきた。(254 号をずっとまっすぐではなく、途中から国道 17 号へ向かう経路が早いと、Google Map が経路変更をしたので、それに従った。)

ずっと「いつこの吹雪と雪国の風景はなくなるのだろう」と思って走り続けたが、埼玉県に入ってもついには東京に入っても雪景色は変わらなかった…。

上の写真は板橋区あたり。

IMG_2466

大原の交差点ですらこんな風景。地面は見えず、全面雪で覆われている。どこの雪国の交差点だ?と風景だけ見ると思うが、この写真は甲州街道と環七が交わる大原交差点だ。あり得ない風景だが、2/8 21:00 くらいはこんな風景だったのだ。

そして7時間にも及ぶ佐久から東京への雪道ドライブはようやく終わりを告げたのであった。それにしても、よく走ってくれた車、雪道を安全に走ってくれたタイヤに感謝の念すら感じる。ここまでの悪天候になると、車はある程度大きい方が安定するし、雪道ではスタッドレスは必須だ。チェーンではここまで長距離を走れなかっただろう。途中切れた(外れた?)チェーンが2つあったし。

家について車を駐車場に入れる前に、雪かきしないと入れなかった。妻が雪かきを3回もしてくれたとのことで、それほど大変でもなかったが、逆に7時間以上緊張して運転して凝り固まった体を雪かきで少しほぐすことができた?

帰宅しても少し興奮状態であったが、お風呂に入ったらその緊張が和らぎ、一気に眠気が襲ってきて眠ってしまい、この記事を当日にアップすることができなかった…。

2014-02-16 追記:
翌週の 2/14 も全面通行止めになるほど雪が降った。「先週ほどではない」との予報だったが、明けてみれば 2/8 と同じ、大手町で 27cm の積雪となった。2/16 夜になってもまだほとんど開通していない。

広告

Written by arito

2014-02-09 @ 23:53

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。