Ari's Blog

Reading makes me rich !

バックアップを考える(Time Machine)

leave a comment »

ネットワーク越しに NAS へ Time Machine でバックアップを取ろうとして、結局、初期バックアップがどうしても完了せず諦めて外付け USB HDD に Time Machine を取るようになった。それでも時折、バックアップが完了しない時があり、そういう時は全てのアプリを終了してから Mac を再起動し、その後 USB HDD をつないで自動で Time Machine が起動してバックアップを開始するようにしておくことで、大人しく動作するようになっている。

MacBook Air だし、そんなに頻繁に外付け HDD をつなぐのは面倒なので、時間のある休日に接続してしばらく放置して他事をしているとバックアップが何回かとれている、といったのんびり運用をしている。

それでも、色々と考えた。とてもデリケートな印象の Time Machine なので、できるだけ無駄なものや他のソフト(特に Spotlight くん)とはかち合いたくない。何かロックしてお互いに終わらなくなるみたいだから。そしてバックアップ対象から色々と除外することにした。

  • オンラインストレージと同期しているフォルダ
    これはバックアップ対象から外していい。せっかくオンライン上に同期しているのなら、さらに自身のバックアップディスクのリソースを割いてまでさらにバックアップを取る必要はないだろう。
  • ログ
    自分しか使っていないマシンのログを長期間保存する必要はない。あとで見ることはまずはいし。
  • iOS デバイスのアップデートイメージ
    アップデートしたら不要だし、オンラインでもできるから要らない。
  • ブラウザのキャッシュ
    バックアップする意味が無い。絶対にバックアップ不要なものである。

ということで、こんな感じになっている。

スクリーンショット 2014-03-22 22.03.43

バックアップの容量は減るし、トラブルも少なくなると勝手に思っている。今のところ Time Machine くんは大人しく動いている。

広告

Written by arito

2014-03-24 @ 00:03

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。