Ari's Blog

Reading makes me rich !

俺が死んだら(その3)

leave a comment »

突然死んでしまっても自動でお知らせメールを送れる「Dead Man’s Switch」 – GIGAZINE.

以前に書いた「俺が死んだら」という記事を実現するサービスが GIGAZINE に紹介されていたので、よく確認もせずにすぐに登録した。

が!それがまずかった!このサイトはまともに運用されていないはずだ。

  1. 登録画面が SSL で暗号化されていない(登録時に気付かなかった…orz)
  2. ログイン後は SSL で暗号化されているが、証明書の期限が 2013/1/24 で切れている
  3. アカウント削除する方法がない

スクリーンショット_2014-05-18_18_51_45

ダメ!こんなサイト登録したらダメ!登録しちゃったけど絶対ダメ!登録するメールアドレスとパスワードを盗られるだけだ!

GIGAZINE ではログインしての操作もしているので、SSL 証明書の期限が切れていることは分かっているはずだ。ダメだよこんなサイトを紹介したら、GIGAZINE さん!

2014-07-04 追記:
「もしかしたら SSL 証明書更新したかな?」とふと思って再度アクセししてみたら…
「Due to operation costs and burden, this service has been shutdown effective June 15, 2014. All files have been securely deleted.」
サービス終わってた…。運用費用が負担できなくてサービスを2014/6/15 にクローズしたと。全てのファイルは「securely deleted」ってことだけど、「files」って表現が「ん?」だし(data じゃね?)、「securely」って具体的にどう「securely」なのか?の説明は一切ない。まぁ、お金がなくてサービス終了だからこんなもんだろう。本当に「securely deleted」したなんて思っちゃいけないってことだな。

広告

Written by arito

2014-05-18 @ 19:03

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。