Ari's Blog

Reading makes me rich !

うどん県 2014 その5

leave a comment »

沙弥島の海水浴の後、親友のご自宅にご挨拶に伺う。毎年恒例で、個人的にはとても楽しみにしている。いつもお米だけでなく新鮮な野菜や果物を送ってくれて、子供たちは大喜びして?ただただ黙々と食べる。なくなるまで食べつくす。幸い、我が家の子供たちは野菜が大好きなので、基本的にどんな野菜もガツガツとアッという間に食べてしまう。苦味のあるルッコラが何故か大人気。ゴーヤですら長女はガツガツ食べる。ナスも長女は大好き。キュウリや人参はいつも奪いあうようにして食べている。

今年もご挨拶に伺わせてもらったら、例年通りスイカ、ブドウ各種、とうもろこしがたくさん用意してあって、冷たいアイスコーヒーも頂いてしまった。次女が黙々とブドウ、スイカを食べていた。とうもろこしは食べきれなかったから、翌日の朝食や海水浴で小腹空いた時に食べるようにいただいて帰ることにした。

親友のお母さんが長女の剛毛を手櫛で梳かしながら「立派な髪の毛だねぇ」と何度も言ってずっと手櫛で梳かしてくれていた。勉強の話をすれば「頑張っただけ結果は出る」と無条件に応援して励ましてくれていた。とても柔らかい優しい表情で子供たちを見つめてニコニコと見守ってくれていることに「愛情たっぷりなおばあちゃん」がうどん県にもいることに深く感謝したい。私の母も態度では素直には示さなかったが、同じ思いで見つめていたのだろう。親としての私のことを歯がゆく思いつつも。

お父さんも相変わらずヒョウヒョウとしていて、どこまで本気でどこまで冗談だか全く分からない話しっぷり。元気そうでなによりだ。

今年は親友のお姉さんの子供も来ていて、大学4年生の就活まっただ中とのことだが、なんだかそんな風には全然見えなくてのんびりな感じすらした。お姉さんによく似たお顔でやさしそう。都会でキリキリと就活している表情は想像もつかない感じ。帰り際にお姉さんも立ち寄ってくれて「勢揃い」って感じがとても暖かくて嬉しかった。なんだか自分の実家とは全く違うのんびりしたやわらか~い感じの家族の雰囲気を感じられるのが個人的にとても嬉しい。

今年は出るときにお母さん、お父さんと握手をしてきた。母のこともあったし、「いつまでも元気で」と心の中で願いを込めて握手してきた。最後まで母の手を握っていたが、親友の母の手も大きさこそ違えど、同じ暖かさと優しさ、独特の厚みが「母の偉大さ」を感じずにはいられない。

図々しいお願いですが、いつまでも元気で、我が家の子供たちに新鮮なお米、お野菜、果物を作って下さい!よろしくお願いします!

広告

Written by arito

2014-08-16 @ 00:24

カテゴリー:

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。