Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 9月 2014

24 時間体制で監視されている 47 火山

leave a comment »

御嶽山の噴火で大変なことになっている。24 時間体制で監視されている 47 の火山に含まれている御嶽山だったが、「地殻変動を伴っていない」という理由から、今月中旬から火山性地震が非常に増えていたにも関わらず、入山規制などの判断はされず「平常」との判断がされ、大規模な被災になってしまった。

後からでは何とでも言えるのだが、今までの噴火の事例では全ての事例で「地殻変動」を伴ったものだったのだろうか?水蒸気爆発は地下水がマグマによりあたためられて地上に一気に噴出するタイプの噴火らしいが、だとするとマグマ自体はそれほど平常時とくらべて活動が活発になっていない場合でも、地下水の状況によっては発生しうるのだろうか?

いずれにしても、「じゃ、活火山ってどれ?」「さらに活発で 24 時間監視されている火山ってどれ?」それは気象庁のこのページに書いてあった

御嶽山と同じ北アルプスでは、乗鞍岳、焼岳がある。(御嶽山が北アルプスに属するかどうかは議論が分かれているところらしい)山に登る前には一応チェックしてみた方がいいかもしれない。

追伸:
こうして見てみると、近畿、中国、四国地方には 24 時間監視体制の特に活発な火山はないんだな。活火山は中国地方に2つしかなく、近畿、四国地方には活火山もないのだな。

広告

Written by arito

2014-09-29 at 00:01

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , , ,

こんなところに飯森神社奥社?

leave a comment »

八方池のほとにり石の祠らしきものがあり、近くに行ってみると「飯森神社奥社」と書いてある。

IMG_3192

「奥社ってどんだけ奥なんだよ!」とこの時は帰ってきて絶対調べよう!と思ったのである。「飯森」は白馬の一つ手前の駅で五竜の最寄り駅だ。標高差 1,000m 以上、距離にして…どれだけ離れているか?は想像つかず。

調べてみるとそんなに記事は多くないけどほぼ同じ内容がヒットするから、言い伝えとしては確かなものなのだろう。

 飯森神社は塩の道(千国街道)沿にあります。祭神が水神様であることから、古来より雨乞い、水乞いの神として近郷の人々から崇敬を集めてきました。
 八方尾根の八方池に住んでいた大蛇が人里にて危害を加えたため奥宮を建てて守護神にしたそうです。八方池畔に現在でも奥宮が建てられています。

雨乞いって白馬でする必要がある時があったのだろうか?山からの雪解け水が豊富にあるし、それほど雨の少ない場所ではないと思うのだが、昔はダムなどはなかったから、山間は少し雨が降らないと水に困ったのだろうか?姫川源流とかもあるし、川もたくさんあるから水は豊富だと思うんだけどな。

Written by arito

2014-09-28 at 00:50

カテゴリー:

Tagged with , ,

八方池ベストショット

leave a comment »

良い写真をフルサイズでピックアップする。

IMG_3173

八方池と白馬三山。

IMG_3188

八方池から白馬三山を望む。左側に雪渓が見える。北斜面は一年中とけないところがところどころある。ちなみに大雪渓はここから(八方池)は見えない。

IMG_3199

別の角度からの白馬三山。

IMG_3200

巌しい感じで撮ってみた。

IMG_3211

兎平のリフトを降りたところから白馬三山を望む。右側にあるオリンピックのマークの付いた小屋は、1998 年に開催された長野オリンピックでの女子滑降のスタート台だったかな?黒菱のリフト横だ。

Written by arito

2014-09-27 at 00:50

カテゴリー:

Tagged with ,

八方池へ

leave a comment »

いよいよ母からの伝言を実行しに山へ。別に「八方池」と言われた訳ではないが、彼女が愛してやまなかった白馬の山々へ登るしかないでしょ!ということで「八方池」へ向かった。スキー以外で八方に登るのは始めて。昨日までの曇天はどこへやら。絶好の登山日和だし、昨日までの強い風と雨が大気中のチリを綺麗さっぱり掃除してくれてピカーッと空気が澄んだ。「さすが…」としか言えなかった。

紅葉は 10 月らしいのだが今年は寒いからか?もう紅葉が見頃を迎えていた。母はこういうのを子供たちに見せたかったのだろうなぁ…。何を言っても気の利いた形容もできないのでスライドショーで。

スライドショーには JavaScript が必要です。

白馬鑓ケ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山がバッチリ見えた。手前の紅葉、抜けるような青空、息を呑むような美しい景色であった。母は本当にここを愛してやまなかったのだなぁ…

Written by arito

2014-09-27 at 00:21

カテゴリー:

Tagged with ,

白馬へ

leave a comment »

母からの伝言を実行しに白馬へ来た。東京から車で白馬まで来たのは、10 年以上ぶりだ。妻と二人でスキーに来ていた時以来か…。車で 3.5h。かなり疲れた。よくスキーしていた頃仕事終わってから車で毎週のように来れたな…。若かったということか…。今じゃ、来ることはできても翌日スキーなんてできないよ…。

途中の初狩 PA から東京方面を臨む。

IMG_3128

初狩付近ではこんなに天気が良かった。

しかし岡谷 JCT を越えたら再び雨模様。木崎湖付近では曇天だったが、稲がナウシカの映画のように金色に光っていたので思わず車を止めてシャッターをきる。

IMG_3131

この区間では単線の大糸線。「稲尾」という駅があった。

IMG_3134

「なごり雪」に出て来る駅みたい。「♫汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる、季節外れの雪が降ってる…」

3.5h 時間一人ドライブの後は腹ごしらえ。

IMG_3135

母の借りているアパートの近く、白馬駅からゲレンデに向かう一本道沿いにあるお店で。なんでもないのだが、ご飯とお味噌汁とお新香がすんごい美味しい!水がいいからだろうな。

最後はアパートの前の橋のお花をパシャリ。

IMG_3138

今日はとりあえず白馬に到着するところまで。明日、母からの伝言の実行へ山へ登る。

Written by arito

2014-09-25 at 22:11

カテゴリー:

Tagged with

UNIX 系のセキュリティホールの情報が一般のニュースサイトの記事なっているなんて稀だなぁ

leave a comment »

UNIX系のソフト「bash」に重大バグ、システム乗っ取りも | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters.

世の中で「やばすぎる!」と大騒ぎになっている? bash のセキュリティホールだが、その「騒ぎ加減」が図り知れる?ように、一般のニュースサイトのロイターにも記事になっている。

危険性が最高ランクの「10」で悪用の複雑さが「低」じゃ、大騒ぎしたほうがいい。大騒ぎして対応して何もなければそれでよし!何かあったら今回の件は「お・わ・り」だから。

追伸:
Mac も標準は bash だよなぁ…パッチ出んのかなぁ?

Written by arito

2014-09-25 at 17:38

カテゴリー: セキュリティ

Tagged with

2014 年、新米いただきました!

leave a comment »

いつものように、うどん県の親友のお父さん、お母さんからお米を送ってもらったのだが、今回から今年の新米になった!頼んだのがもう本当にお米がなくなる時だったので、送ってもらった翌日の晩(今晩)から新米 only で炊飯。

数回お米を研いでお水の量は「硬め」の線で調整し、炊き始める 1.5 時間ほど前に炊飯器にセット。炊き始める前に1時間は置きたいので、私のできる&考えうるベストな環境での炊飯だ。

炊けてくるといつもよりもずっと濃くてみずみずしいお米の香りが漂ってくる。そう、田んぼの香りだ。

そしていよいよ炊きあがってお釜の蓋を開けると、キラキラに輝く銀シャリ!知らず知らずの内に1年経過すると水分が抜けていくせいか?やはり古くなっていくんだなぁ…とこの輝くお米を見ると感じる。

今年のうどん県は平年の日照時間の4割程度であったので発育が今ひとつでお米のつぶが小さい

と親友がメールくれたが、残念ながら私には違いがあまり分からない。キラキラの銀シャリは、まずはお米だけで頂いた。お・い・し・い!硬めの調整で炊いたのがバッチリ!お米の一粒一粒がしっかり立っていて噛むとそれぞれが弾力があり、口の中でふわりと田んぼの香りが広がる。

次に妻の作ってくれた夕飯のおかず、辛子明太子でそれぞれ頂いた。どれもこれも、お・い・し・い!

やっぱり「お米」だよ、日本人は!日本人に生まれて本当に良かったと思うのは、ご飯を食べている時が一番多い。戦争、飢餓、病気と世界中で不幸なことがたくさん巻き起こっている中、平和ボケな発言で不謹慎かもしれないが、平和、豊か、安全、清潔な日本に何不自由なく生きていることの幸運の上にこのお米の美味しさを噛みしめることができる幸せ。

うどん県のお父さん、お母さん、今年も美味しいお米をありがとうございます!おいしく噛み締めながら頂きます!

Written by arito

2014-09-23 at 23:47

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。