Ari's Blog

Reading makes me rich !

Mac 用アンチウィルスソフトは何がいいのか?

leave a comment »

Mac用アンチウイルスソフト18種類のウイルス検出率をテスト、最も検出率が高かったのは? – GIGAZINE.

Mac ユーザだってアンチウィルスソフトは何か入れておいたほうがいい。入れないよりは入れたほうがいいだろう。「アンチウィルスソフトは死んだ」という専門家もいるが、まだまだ古典的なウィルスがウヨウヨいる状況では、何か入れておいた方がいいだろう。

では何がいいのか?冒頭の記事は、Mac のアンチウィルスソフトのウィルス検知率を比較した結果の記事だ。

無料のソフトも 95% 以上の検知率のものもある。検知率から言うと「凄い!」と思うかもしれないが、冒頭のリンクの記事に書いてあるとおり、Windows では通常サンプルを 10 万以上使うのだが、そもそも Mac ではウィルスとして報告される「検体」があまりにも少なく、今回の比較では 117 のサンプルで試した結果なので、サンプル数が Windows の場合のわずかに 0.117% なので、単純に Windows の場合の「検知率」とは単純に比較できない。

でも悪いことは言わない、どれか一つは入れておけ。

それにしても、McAfee や Trend Micro あたりの Windows ではメジャーなソフトの検知率の低さには驚くが、この結果を受けての各社のコメントは頼もしい。本気出してくれれば、すぐにたと並ぶ or 追い抜くということだとは思う。

個人的には、「サンプルのあまりの少なさ」という点が、逆に Mac が本気で狙われたら…と怖さも感じる。とは言え、シェア数からして数%のプラットフォームに大枚はたいて攻撃した所で、得られるものも少ないだろうし、仮に得られるものが大きかったにしても、数をこなせないと送料としてはやはりシェアの比率とたいして変わらないだろうから、攻撃者も「本気で狙う」ということにはなかなかならないのかもしれない。

シェアが少ない、というのは「安全」というわけではないが、狙われるリスクが少ないわけだから、ある意味「安全性が高い」と相対的に言えると思う。

広告

Written by arito

2014-09-07 @ 00:01

カテゴリー: セキュリティ, Mac

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。