Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 10月 2014

事件は現場で起きているんだ!

leave a comment »

クルーグマン教授「日本に謝りたい」 教訓生かせずEUのデフレ – ライブドアニュース.

もうだいぶ懐かしくなってしまった映画?ドラマ?のセリフを表題にしたのだが、要はそういうこと。

日本で「失われた 20 年」が経過している途中、欧米からは「ああすべき、こうすべき、日本は失策を繰り返している、もっと刺激策を!」などと言われ続けてきたわけだが、今度は今まで日本にそう言い続けてきた欧米諸国がデフレスパイラルに陥りつつある状況になった。(既に入り口に入っていてそこから何とか早く抜けようとしているといった状況か?)

で、日本にこれまで「すべき論」を言い続けてきた欧米諸国は、自身が日本に言ってきたことを自分自身の時はできたのだろうか?冒頭のリンクにあるように、答は「否」だ。ノーベル経済学賞を受賞した教授であっても、「机上の論理」を「現実に起こっていることへの対処」へ適用して正しい方向へ導くなんてことは容易にいはできないことを証明している。

現実には机上にはない色々な「要素」があり、それが例えば「貧富の差」のような社会背景だったり、政治的な力関係だったり、タイミングだったりが数えきれないほどあり、その時の指導者達は「学者」や「有識者」「専門家」の意見だけでは舵取りをできないのが現実で、それによって状況が悪化したからと言って「すべきだった論」を展開しても詮無いこと。

まして、反面教師である「日本」を 20 年も見てきたにも関わらず、冒頭の記事によれば「日本よりも状況が良くない、日本よりも更に悪い失策を続けている」とのこと。

ノーベル経済学者も痛感しただろう。そう、「事件は現場で起きているんだ!」

広告

Written by arito

2014-10-31 at 23:02

カテゴリー: Uncategorized

「マジックテープの音を誰にも聞かれずにはがす方法」

leave a comment »

Written by arito

2014-10-31 at 21:24

カテゴリー: Uncategorized

「エボラ出血熱から回復の英国人看護師、再びシエラレオネへ」

leave a comment »

「エボラ出血熱から回復の英国人看護師、再びシエラレオネへ」 News i – TBSの動画ニュースサイト.

なんという尊い行為なんだろうか。絶望的な病と貧困に苦しむ西アフリカで、絶望的な病にかかり九死に一生を得たのに、その一生を再び西アフリカの苦しむ人々に捧げるなんて。

もはや「西アフリカの問題」ではなくなっている。大げさでなく「人類の問題」にまで発展しつつあるエボラ出血熱。奇跡的に助かり、エボラ出血熱への耐性を付けて再びエボラとの戦いに挑む。もうお前たちには負けない!と。

そもそもエボラとの戦いに赴くだけでも「勇気」なんて言葉は霞んでしまうくらい「尊い」行為なのに。

そもそも西アフリカの貧しさは欧米のかつての搾取が原因だろう。悲しいかな貧しさゆえの教育の無さがエボラへの対応も「暴動」という逆効果の反応をしてしまう現状。

エボラだけと戦えばいい状況でない場所へ再び赴く。なんという尊い行為なんだろうか。

Written by arito

2014-10-27 at 00:30

カテゴリー: Uncategorized

ALVAREZ DE TOLEDO MENCIA ROBLE 2009

leave a comment »

先週、信濃屋のおっちゃんに「是非呑み比べて!」と言われたもう一本を呑んでみた。

このワインは辛い。でもペタペタした辛さではなく、なんだろう、次々呑めてしまう「旨辛スッキリ」といった感じ。おっちゃんは「二日目も旨い!1本で2度美味しい!全然違う顔を翌日は見せるから!」と言っていたが、全部呑んじゃった…。

今日、先週のとこれがまだ売っていたから、もう1本ずつ買ってきた。次回はこいつを半分ずつ2日に分けて呑むことにしよう…。

Written by arito

2014-10-27 at 00:09

カテゴリー:

Tagged with ,

何時の世も母がもっとも偉大だ

leave a comment »

昔は納得できなかったけど…母親に言われて結局正しかったこと8つ – ライブドアニュース.

冒頭の記事は「女の子が母に言われて結局正しかったこと」なのだが、男子でも母に言われたことが結局正しかったことがたくさんある。男子が言われたことは女子にも共通した事柄ではないだろうか?

  • 靴は揃えなさい
  • 外から帰ったら手洗いうがいをしなさい
  • 外から帰ったら着替えなさい
  • 着替えはたたみなさい
  • etc…

「大人になったら分かる」ってそれほど言われたことはないが、大人になって始めて分かることって確かにある。特に子供ができると、自分が子供に対して「大人になったら…」「大人は…」なんて話しているところでハッとする。

母が私が子供の頃に言っていた事を、自身がその立場になって手のひらを返した発言を覚えている。

小さい頃、田舎に行くと母は「なんでそんなに孫がかわいいのだろうね」といつも言っていた。ところが、自分が実際孫ができてみたら「だってかわいいもん、あなたも孫ができたらその時分かるわ!」と言い放った。

「大人になったら…」ではなく、「おじいちゃん、おばあちゃんになったら分かる」ということを大人になってから言われた。

そう、そして「その時」が来たら母が正しかったことが分かるのだろう。何時の世も母がもっとも偉大なのだ。

Written by arito

2014-10-22 at 00:13

カテゴリー: Uncategorized

アラゴグ?

leave a comment »

米ハーバード大学の昆虫学者が世界一大きいクモを発見 – ライブドアニュース.

見た瞬間「アラゴグなの?」と思ってしまった。もちろん、ハリー・ポッターに出て来るアラゴグに比べたらずっと小さくて彼?の子供程度の大きさなのかもしれない。でも、ハリー・ポッターの映画を見たことがある人なら、この蜘蛛を見て同じことを想像する人がたくさんいるだろう。

本当にこの蜘蛛は人に害を与えないのだろうか?毒もないのだろうか?ミミズ、カエル、昆虫を食べているだけなの?

Written by arito

2014-10-21 at 23:26

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

DONNA MARZIA aglianico 2013

leave a comment »

いつも行っている信濃屋野沢店の「あの店長」が戻ってきた!ずいぶん前に代田の本店に異動になっていて、それから野沢店のワインコーナーの活気がなくなりスペースも縮小されてしまったので、代田店にしばらく通っていたが、そこでも見かけなくなってしまって「辞めちゃったのかなぁ…」と思っていた。

そしてまぁいつものワインならだいたい野沢店にあるから、とりあえず野沢店へ行こう…と惰性で野沢店にかよっていた。「オススメ!」という新しいワインを試すことなく。

先日の週末にいつもの通り野沢店に行ったら、聞き覚えのある元気な声が店の中に響いていた。「あの店長」が帰ってきた!のだ。お酒コーナーにも顔写真入りで「戻ってまいりました!」とある。そして早速、激ウマ激安のワインを2種類オススメしていて「是非飲み比べてみて!」というので、おすすめ通り購入。そのうちの1本がこれ。

イタリアのカジュアルな赤ワイン。辛口でミディアムボディー。色は赤が強くグラスに注ぐとグラスの縁の表面張力で少しせり上がった部分が血のように赤い。辛口だけどイタリアの白ワインみたいにペタッとする感じはなく、ちょうどいい辛口で赤ワインにしてはかなりスッキリした感じ。それでいて味はシッカリ切れ味スッキリ。

帰ってきた店長おすすめ一発目は、期待を裏切らないお味でかなり気に入った。ローテーションに加えてもいいくらいだ。お値段も \1,080 と激安でデイリーワインには持ってこいの一本だ。妻と一気に呑んでしまったので、二日目も美味しいか?は分からなかった。オススメ!

Written by arito

2014-10-21 at 00:14

カテゴリー:

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。