Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 12月 2014

喪中に初詣はどうなの?

leave a comment »

「喪中に初詣はどうなの?」と思いネットを調べると、仏教は別にお寺に参るのは全然問題ないけど、神道は 50 日祭が終わったら OK とか、13 ヶ月は喪中だから NG とか色々と回答があった。最終的には「氏神に聞け」とのことなので、いつも初詣に行く駒繋神社に聞いてみた。

神道では、お亡くなりになってから50日間は忌の期間となり、ひたすらに故人のお祭りを行い神棚に半紙を張り、神さまのことは、お休みを致します。 
五十日祭を行い忌明けの祓いをし、神棚の半紙を外し、神祭りも通常に戻りますので、新年に向けて新しいお札を神棚にお供えすることも初詣に行くことも問題はありません。どうぞご参拝にお越しください。 
神さまのご加護をいただき平成27年も素晴らしき年となりますことをお祈り申し上げます。

うん、ものすごいまっとうな回答を頂けた。なので、心置きなく初詣に行って諸々の感謝と諸々の希望をお願いしてくるつもりである。

ちなみに、私の家には神棚はなく実家にあるのだが、妹は上記のような「神棚に半紙を張り…」なんてのは当然知らないので、普通にむしろ今までより念入りに神棚のお水を換えたり榊を換えたりしていたらしい。

でも、結局のところ「いいんだよ、そんなこと。気持ちの問題でしょ?だいたい神様はそんなちっぽけなことを気にしないよ!」ってことで落ち着いた。

ついでにネットで正月飾りやおせち料理、お屠蘇についても喪中は NG なのか?調べてみると、正月飾りもおせちもお屠蘇も縁起物だから NG との回答が大半を占めているようだ。でも「お屠蘇」そのものを調べると、何も縁起物や祝い事のようなことはなく、「健康や長寿を願っての風習」というものらしい。「赤い三段重ねの漆器の器にお屠蘇を入れて若い人から順番に呑みながら長寿を願う」という行為が「お祝い」的な感じだから NG とのことなのだろうか?健康や長寿の願いなら、別に喪中に NG としなくてもいい気がする。

要は「気持ちの問題」ってことで、好きなようにすることにする。実家も正月に外出で何もしていないと物騒だからと、正月飾りをばっちりして出かけているし、今どき風習に縛られる必要もないだろう。意味を知った上で「ではどうするか?」は自分の気持ちで判断すればいいだろう。意味も知らずにやる/やらないは文化も風習もあったものではないが。

さて、これくらいで今年の最後の投稿としよう。

合唱

広告

Written by arito

2014-12-31 at 22:08

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

2014年のまとめ

leave a comment »

Written by arito

2014-12-31 at 16:43

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with

ドリア

leave a comment »

うどん県のお父さん、お母さんにお米を頼んだら、立派なほうれん草も一緒に詰めてくれた。(いつも他にも色々詰めてくれて、今回もそれ以外にたくさん詰まっていた)今晩の夕ごはんは「ドリア」にしようか、と話していて、このほうれん草はドリアの具材にピッタリ!ということでたっぷり入れることに。近くのスーパーで買ったほうれん草も一緒に入れたのだが、ドリアを食べていて、その中に入っているほうれん草がどちらがうどん県のでどちらがスーパーのか?が分かるくらい、うどん県から送ってもらったほうれん草は味が濃い。甘いのだよ、ほうれん草が。

それだけではない、人参も前回送ってもらった人参で、この人参も味が濃くて甘い。私にとっては甘すぎるくらいなのだが、野菜の好きな娘たちはこの味の濃い甘い人参が大好物。焼きそばに入れても人参から食べるし、マリネにしたら4本くらいを1食で完食してしまうし。

そんなこんなで、今日もうどん県からの食材で美味しく夕食を頂けました。

うどん県のお父さん、お母さん、ごちそうさまでした!そしていつもありがとうございます!

Written by arito

2014-12-31 at 00:58

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , , ,

Mac が古くて AirDrop が使えないあなたへ

leave a comment »

私もそうだが、使っているデバイスが古くて iPhone と Mac 間の AirDrop が使えないあなたに、同等のことができるアプリを紹介。その名も AirBridge

「iOS8 になって今まで Mac どうしでしかできなかった AirDrop が iOS デバイスともできるようになった!」と大々的に便利さを紹介されたが、これが利用できるのはいずれのデバイスも「Bluetooth 4.0 が利用できる環境」という条件付きなのである。私の MacBook Air は 2011 mid のものだから Bluetooth 4.0 に対応しておらず、iPhone との間で AirDrop が利用できない。

iPhone で撮った写真は iPhoto に取り込むので Mac と iPhone を必ず接続する。だからそれほど AirDrop の必要性を感じていなかったのだが、年末年始休暇に入って溜まっていた呑んだワインの写真などをアップしている時に急に面倒に思えてきたのである。

子供の写真や旅行の写真は iPhoto へ取り込んで分類して保存しているのだが、ワインの写真とかブログにアップするだけの写真は iPhoto へ取り込んだ後エクスポートして iPhoto からはいつも消している。だから、こういった写真は iPhone で撮ったら iPhoto へ取り込まずに Mac へ転送できたら、

  • Mac へつなぐ
  • iPhoto へ取り込む
  • 取り込んだ写真をエクスポートする

という手順が省略できる。でも私の MacBook Air では iPhone との間で AirDrop が利用でくない。(しつこい!)だから同じようなことができないか?と探してみた。

AirDisk Pro とか Image Transfer Plus あたりが写真を iPhone と Mac の間でやりとりできそうだったのだた。Image Transfer Plus の方は、iPhone にインストールしたアプリで、Web 共有して Mac からアクセスする、というようなファイル転送方式らしい。AirDisk Pro の方は画像に特化したものではなく、より GoogReader のようなものに近い感じ。iTunes にある説明では、iOS デバイスから Mac への転送についての記載があまりなく、また書いてある説明を見ても iOS デバイス同士は Bluetooth や WiFi で直接アプリでやりとりできるが、Mac や PC は AirDisk へ接続して云々とある。やはり Image Transfer Plus と同様にアプリが Web 共有をして、そこに Mac でアクセスするようなファイル転送方式と理解した。

このような方式は以前からある方式で、AirDrop に比べると手数が少し多いのとちょっとロートルでダサい感じが拭えなかった。そんなこんなで思い悩んでいてそれぞれの使い方や違いをネットで調べていてたまたま AirBridge が検索にヒットして「これだ!」と思ったし \100 だったしすぐさまポチッとした。

AirBridge は iOS デバイスと Mac の両方にインストールする必要がある。(だからこそより AirDrop に近い動作を実現できるのだと思う。アイコンも AirDrop のマークに似ている。)Mac 用は無料で、iOS 用は \100 だ。(2014/12/30 時点)私が実現したかったのは、iPhone のデフォルトカメラアプリで撮った写真を Mac へケーブル接続なしに転送することなので、早速それをやってみる。

何はなくとも、双方のデバイスで AirBridge を起動する。そして iPhone で画面一番下のグレーの帯を押すと接続できるデバイスがリストされるので、ファイルを送りたい Mac を選択する。すると Mac のコンピュータ名が出て、帯が水色になる。

次にその水色の帯の右端をタップして「Send Photo」を選択する。

ここで初回だけ AirBridge が iPhone のカメラロールにアクセスするのを許可するか?を聞かれるので「はい」を選択すると、カメラロールの中が見える。Mac に転送したい写真を選択(複数選択可)して、右上の「Send」ボタンを押せば、その写真は Mac へ転送される。

AirBridge のデフォルト設定では、Mac への転送先はダウンロードフォルダだが、Mac 側の AirBridge の設定で転送先フォルダは変更できる。私は転送してブログに載せてすぐにファイルを消してしまうので、デスクトップに設定した。

なんて素晴らしいアプリ!AirDrop が使えない環境で同等(あるいはそれ以上かも?)の環境を実現できるアプリ AirBridge ステキだ!2012 年以降の Mac 持っていない人は是非!\100 で AirDrop 使えるようになると思えばただみたいなもんさ。

さて、Mac から iPhone へ写真を転送する場合もあるだろう(私はほとんどないけど、これからはこんなに簡単ならあるかも)から、その方法も簡単に紹介しておく。

Mac 上で iPhone に転送したい画像ファイルを、画面上部の小さな AirBridge のアイコンへ D&D するだけ。すると、iPhone 側の AirBridge に転送されている。

こんな感じ。で、この転送されたファイルを右にスワイプするとすると、画面上部に「Saved to Camera Roll」と出てカメラロールに転送した写真がコピーされる。どう使うかわからないけど、単にタップすると、メモリ上に?コピーされる。

超カンタンである。簡単過ぎる。AirDrop とくらべてどうだろうか?AirDrop も D&D するだけだから、ほぼ同じ手間で済んでいると思う。もちろん、AirBridge からカメラロールへコピーする、という手間が AirDrop に比べれば多いのだが、十分に許容できる範囲だろう。iPhone から Mac へ転送する手順も、

  1. AirBridge を起動
  2. 転送する Mac を選択
  3. Send Photo を選択
  4. 画像を選択
  5. Send

の5回のタップで送信できる。一方 AirDrop は

  1. 写真アプリを起動
  2. 選択ボタンをタップ
  3. 写真を選択
  4. 左下転送ボタンを選択
  5. AirDrop を選択

だから、手間(タップ数)は同じだ。

一方で iPhone のデフォルトの写真アプリにはない、このアプリならでは便利さもある。デフォルトの写真アプリでは、写真を外部へ送るには何らかの SNS 的サービスに限定され(Evernote は SNS ではないが)、明確なクラウドストレージは選択肢に出てこない。だが AirBridge は、デフォルトのボタン以外にもう一つボタンがあって、そっちをタップすると iPhone にインストールされている各種サードパーティー製のクラウド・ストレージアプリやスキャナ兼ファイル管理アプリなどが利用できる。

ということで、AirDrop の代替となる(わたし的に)神アプリに偶然出会ったのである。

AirBridge – Transfer image/photo, text or URL App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥100

Written by arito

2014-12-31 at 00:41

カテゴリー: iPhone, Mac

Tagged with ,

休日、公園、コーヒー

leave a comment »

 久しぶりの長い休日。今日は長女も塾がなく、昨日の凍えるような寒さも和らぎポカポカ陽気。世田谷公園は噴水の周りが工事中だから、ゴリラ公園へみんなでバトミントンをしに行くことにした。と書くと自発的に行ったように聞こえるが、私としては家でゴロゴロしていたかったのだが、妻と子供達から「日頃運動不足なのだから、少しは体をほぐすためにバトミントン一緒にやるの!」と言われてしぶしぶ出て行くことに…。

 「めんどうくさいなぁ…ほっといてくれよ…」と思いつつも抵抗しても無駄なので「あ、そうだ、途中の NOZY COFFEE で美味しいコーヒーを買おうっと…」と別の目的を見出して一緒に出かけることに。バトミントンしていたら冷めてしまうので、忘れずにタンブラーを持っていく。

 

 タンブラーの蓋を開けると、コーヒーの香りが心地いい。さすがにセブン-イレブンのコーヒーよりも深く煎った香ばしい香りだ…。と優雅な気分はそこまでだ。バトミントンをしぶしぶ始めたらコーヒーなんて優雅に飲んでいる場合ではない。それにあとから気づいたが、運動した後にはどんなに美味しく香り高くてもホットコーヒーは飲む気にならないってこと。

 幸いタンブラーを持ってきていたから、その場で無理して飲むこともなく、帰りに買ったミスタードーナッツのチュロスと一緒に家でユックリと楽しんだ。

Written by arito

2014-12-30 at 18:27

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

FANTINI SANGIOVESE

leave a comment »

お正月だし、呑んだことないワインを試してみたなぁ、でも今オススメで置いてあるのは \3,000 オーバーな(私にとっては)高級ワインばかりだなぁ…と思っていると、少し奥に「迷ったらこれ!」というオススメで \1,500 くらいのワインがあった。それが FANTINI SANGIOVESE だ。

宣伝文句によると、「ロバート・デ・ニーロがやっているレストランのレギュラーワイン。ブッシュ大統領やアーノルド・シュワルツェネッガーも来店して…」などと書いてある。値段もデイリーワインくらいのお手頃だし、ちょっとミーハーな感じも購買意欲をそそられて買ってみた。するとどうなの?美味しいんじゃない?いつも呑んでいる赤ワインよりも辛さがかなりマイルドになった感じで、開けてすぐ呑んでもグイグイ行ける。正月用の日本酒を買ってくる時にまだ売っていたら数本まとめ買いだ!

Written by arito

2014-12-30 at 18:02

カテゴリー:

Tagged with ,

PEPPERWOOD GROVE MERLOT

leave a comment »

 ワインつながりであと2つほど。

 いつも家で呑んでいるワインのレギュラーである PEPPERWOOD GROVE Cabernet Sauvignon(カベルネ・ソーヴィニヨン)の Merlot(メルロー)のを今更ながら買ってみた。

 カベルネ・ソーヴィニヨンは赤ワインの代表格の品種なのだが、赤ワインのドッシリとした重厚なのは苦手な私は、あまり買わないほうだ。しかし、この PEPPERWOOD GROVE のはそんな私の苦手な重み、渋みを全く感じさせず、柔らかくフルーティーにすら感じるので日々のレギュラーとして飲んでいた。

 メルローはカベルネ・ソーヴィニヨンよりもまろやか仕上がりな感じの品種で、レギュラーワインとしては WAHLUKE RIDGE MERLOT を飲んでいたが、信濃屋野沢店には最近置いていないので、代田本店まで買いに行かないと入手できなくなって久しい。

 さて、 PEPPERWOOD GROVE の MERLOT はどうだろうか?カベルネ・ソーヴィニヨンと同様、飲みやすく即レギュラーで欲しいお好みな味であった。毎週信濃屋で購入している一週間分のワインの中で、PEPPERWOOD GROVE はカベルネ・ソーヴィニヨン1本とメルローを1本ずつにしよう。(WAHLUKE RIDGE MERLOT を野沢店でも入れてくれればいいのに…。)

Written by arito

2014-12-30 at 17:45

カテゴリー: , Uncategorized

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。