Ari's Blog

Reading makes me rich !

Google 翻訳が便利

leave a comment »

「Google 翻訳」と言っても、Chrome の拡張機能の方だ。

以前に紹介した「iKnow!ポップアップ辞書」は、マウスオーバーで翻訳が出てきてしまうので、いつも ON にしているのはうざい。だからいつもは OFF にしておいて必要なときだけ ON にする、という運用なので、必要な時に私の環境では2クリックが必要であった。

この問題が「Google 翻訳」の Chrome 拡張機能だと全て解消される。どんな感じか?というと…

単語を選択すると、小さなアイコンがポップアップされる。

スクリーンショット_2014-12-21_0_06_36

このアイコンをクリックすると、意味がポップアップされる。

スクリーンショット_2014-12-21_0_06_44

音声のマークをクリックすると発音も聞ける。何故か?日本語も聞ける。「詳細」ボタンを押すと「Google 翻訳」の Web ページに飛ぶので、長い文章や Web ページまるごと訳す場合も使い勝手がいい。

スクリーンショット_2014-12-21_0_09_37

私にはこの感じがとてもしっくり来るのだが、「iKnow!ポップアップ辞書」のようにマウスオーバーですぐに訳がポップアップされるようにする設定もできるようだ。設定オプションは以下のようになっている。

スクリーンショット_2014-12-21_0_09_21

ということで、「iKnow!ポップアップ辞書」とはバイバイした。

ちなみに Mac で暮らしている人には、この「Google 翻訳」の拡張機能はそもそも要らない。三本指でタップしたらポップアップで和訳や Wikipedia の内容が出るから。

スクリーンショット_2014-12-21_0_51_53

私は会社では Windows なので、両方が同じ使い勝手を実現したいので、ブラウザは Chrome にしているし、Windows では前述のような芸当はできないので、やはりブラウザおよびその拡張機能だけで実現できる「Google 翻訳」のような機能およびアプリが必要なのだ。もちろん、「翻訳を利用した」という情報や「単語」は Google に送られているのだろうが、私が調べた情報が Google に行っても構わない。私個人が調べた情報であることが分からないように収集する分には全然。Google IME も同様ね。本当の「無料」なんてないんだし。

広告

Written by arito

2014-12-21 @ 01:02

カテゴリー: Google

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。