Ari's Blog

Reading makes me rich !

元旦アップグレード(Fedora 20→21)

leave a comment »

2015 元旦アップグレード敢行!そしてめでたく Fedora 21 へアップグレード完了。

実は 2014 年中に完了したかったのだが、yum がアップグレード時にパッケージの依存関係を解決出来ず(毎度のことだが)、最終的に依存関係を解消出来たのが元旦になった、ということだ。

「依存関係を解決できた」と言えば何か作業をして解決したように聞こえるが、単に依存関係で問題になっているパッケージを順番にアンインストールしていっただけである。時間を要した原因としては、アンインストールできないパッケージがあったことが挙げられる。具体的には kde-settings-kdm がどうしてもアンインストールに失敗してしまうのだった。「yum remove kde-settings-kdm-19-23.fc19.noarch」で fail するのだ。ここにズバリ書いてあるが、rpm コマンドで —noscripts オプションを指定して削除(-e)すると削除できる。原因は rpm スクリプトのタイポらしい。「%systemd_preun」とするべきところを「%system_preun」としてしまっている(”d” が抜けてる)らしい。

これ以外は依存関係で解決できないパッケージを「yum remove パッケージ」でアンインストールしていった。主には rpmfusion-nonfree から入れてきたパッケージばかりだった。kmod-nvidia-* や mplayer などだ。これらは一旦抜いてアップグレードした後に再導入するのが常だ。

そんなこんなでようやくここに書いてある以下を完了し、アップグレード完了した。

# rpm –import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-21-$(uname -i)
# yum update yum
# yum clean yum
# yum –releasever=21 distro-sync

アップグレード後は問題なく()起動している。

後にすぐ分かったことだが、肝心の samba が起動はしているものの、ファイル共有ができていないことが判明。調査中で同様のエラーログ出力の記事も幾つかヒットするが、解決には至っていない。

追伸:
そう言えば、もう一つだけ少し余計な時間を要した出来事があった。外付け USB ハードディスクがアップグレード前のバックアップ中に故障した。赤い busy ランプが点灯したままでマウントがいきなり外れた。かまっている(調べている)暇はないし、LinkStation にもバックアップがとれるので LinkStation にバックアップを取得してアップグレード作業に入った。LinkStation を導入した時に、もうこの外付け HDD は不要だったのだが、それまでのバックアップはこの HDD に取得していたから、習慣的に?外付け HDD にバックアップを取得し、さらに LinkStation にもバックアップを取得していた(つまり2つのバックアップを取得していた)のだが、今回の故障によりバックアップ先が LinkStation のみになっただけ。

広告

Written by arito

2015-01-03 @ 00:59

カテゴリー: Linux

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。