Ari's Blog

Reading makes me rich !

Magic Mouse やや重し…

leave a comment »

先日「Surface Pro 3 で Magic Mouse を使う」ということを書いたが、その後の使い心地について追加で書く。

  1. クリックが重い(ふだん会社で使っている Logicool より)
  2. 本体重量がやや重い
  3. スクロールが慣性スクロールにならない

1.は、クリックする時に全体が動くことになるので、どうしてもクリックそのものに力が必要になる。

2.は、最初は心地よい重さだったのだが、まだメインで利用している PC で使っている Logicool よりやや重めで、1.のクリックの重さと相まってより重たく感じているのかもしれない。マウスはある程度重さがある方が好みなのだが。Logicool のも単三電池2本なのだが、Magic Mouse の方が底面はアルミだったりして本体重量が重いのだろう。

3.はドライバーがそれをサポートしていないからどうしようもないの…。

そんなこんなで、これがかなりボディーブローのように効いてきて、かなり疲れるのだ。「もう少し何とかならないものか?」と色々と探しまわっていたら、Magic Mouse Utilities というものを見つけた。要は BootCamp に含まれる Magic Mouse のドライバーをインストールして、さらに Magic Mouse Utilities で「スムーズスクロール」ができるユーティリティをインストールするものだ。ドライバはもうインストールしてあるので、「スムーズスクロール」を実現するユーティリティをインストールすれば、ストレスが少しは軽減されると思って早速インストールしてみた。

が、インストールしたユーティリティが Magic Mouse を認識してくれない…。再起動してみても結果は同じ。

ということで、Magic Mouse の使い心地向上は失敗に終わった。

Magic Trackpad が使えれば、Macbook Air のタッチパッドが実現できるから、Magic Mouse は捨てて Magic Trackpad にしようか?とも考えて色々調べたが、Windows 上での対応状況は Magic Mouse と似たり寄ったり、いや、Magic Mouse よりも動作対応状況はいまイチと判断した。三本指が使えないと、ウィンドウを掴んで移動するのが大変だし、スワイプが使えないのはやはり厳しい。

Logicool の Touchpad t650 が Bluetooth に対応スレくれれば即買いなんだが…。Mac 対応のがあるみたいで、それは Bluetooth 対応なのだが、Windows 用のドライバがない、というなんだか理解できない状態だ。

うーん、しばらくは「ポインティングデバイス難民」だな。

広告

Written by arito

2015-02-22 @ 16:23

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。