Ari's Blog

Reading makes me rich !

「時間指定」は高くつく

leave a comment »

佐川急便は決別 ヤマト運輸を苦しめる「不在票」問題 – ライブドアニュース.

宅配便の世界ではヤマトがもう一人勝ちと思っていたが、それを支えるドライバーさんたちはものすごく大変なんだなぁ…と。ヤマトの品質の良さはピカイチだ。amazon でよく買い物をするが、以前は配達がヤマトでなかったりして、ひどい時は隣の家に荷物を預けられたりしたこともあった。最近ではヤマトばかりなので安心していたが、冒頭の記事を読んで、そんなヤマトへの信頼もドライバーへの負担になっていたのか!?

ヤマトのドライバーの士気と仕事へのこだわりは他とは違うのかもしれない。でもそれが逆にドライバーの責任となって負担へと変わるのは利用者側として本意ではない。ヤマトに限って言えば、指定時間に来ないことをあまり経験したことがないのだが、指定時間に来なかったとしてもそんなに文句を言うのは控えよう!時間指定は速い時間指定でなければ追加料金はかからないわけだし、それってつまりヤマトの「サービス」で成り立っている、と言ってもいい。

この時間指定が、指定する側が「到着先が確実に在宅の時」を指定してくれるなら、ヤマトとしてもそれは「その時確実に行けば確実に配達完了する」のであればメリットがあるだろう。でも、「時間指定」が時期によって重なったら大変だ。時間には限りがあるわけだし。

ヤマトはドライバーの脳内情報を電子化して「この家はだいたいいつぐらいに行けば在宅だ」をデータとして集約して、どの家にも確実に荷物を配達できるようなシステムを目指しているらしい。

時間指定のない荷物をいつ配達したら確実に配達できるのか?もし、ヤマトのページに「私への配達物の受け取りはだいたい○時以降なら受取可能」とか登録するシステムがあったら、すぐに登録したい。そうすれば配達する側、される側の双方がハッピーになれる。

こんなことを気にするのは、世界広しといえども日本人くらいなものだろう。几帳面な文化もここまで行くと周りから見たら病気だろう…。

広告

Written by arito

2015-03-15 @ 01:17

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。