Ari's Blog

Reading makes me rich !

「魔使いの復讐」

leave a comment »

久しぶりのブックレビュー。

ついに「魔使い」シリーズの最終巻だ。一巻の「魔使いの弟子」から数えて十二巻目での完結だ。魔使いのお母さんと一緒にギリシャでオーディーンの戦った物語の後、少し中だるみな感じもしたが、グリマルキンが戦友になり始めてからまた面白くなってきた。彼女は超カッコイイ!そしてこの最終巻では、活躍の場がなくなってきていた師匠であるジョン・グレゴリーが再び元気になるのは読んでて楽しくなった。自分の時代が終わりに近づいていることを自身でも認めたことで、自身のトムに対する、あるいは魔使いとしての残された役割をキッチリと演じる。

以外だったがトムとアリスの関係だ。まさかアリスがそちらへ行ってしまうとは、全く想像していなかったので、この点は少し寂しい感じだが、トムが一人前の魔使いとして歩んでいくことをより明確に示した道筋なのかもしれない。

「完結編」ではあるが、訳者「あとがき」を読むと、どうやら続編を既に原文では出版しているらしい。この「魔使いの復讐」から十ヶ月後経過した、という状況から始まるらしい。ジェニーという7番目の娘の7番目の娘がトムの最初の弟子になるらしい。このジェニーという名前は、最終巻の「魔使いの復讐」で、ルクラスタがトムに見せた未来の幻想に出てきた。チペンデンの魔使いの館にある壁だ。それは、師匠のジョン・グレゴリーが弟子たちの名前を刻んでいた壁で、トムの名前も刻んである。そこに1つ見たことのない女の子の名前「ジェニー」が刻んであったのだ。

これは「続編への伏線」だったのか!

「魔使いシリーズ」はこれで完結だが、「魔王」を倒したことで逆に生まれてしまったコバロスの神「タルカス」という新たな「闇」と戦うことになる「続編」が引続き楽しみだ。

魔使いの復讐 (創元ブックランド)
ジョゼフ・ディレイニー
東京創元社
売り上げランキング: 234,481
広告

Written by arito

2015-03-22 @ 16:35

カテゴリー: 読書

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。