Ari's Blog

Reading makes me rich !

温故知新

leave a comment »

薬物耐性を持つ多剤耐性菌「MRSA」に1000年前から伝わる薬が効果大という恐るべき事実が判明 – GIGAZINE.

「温故知新」とは正にこのこと。西洋医学でも漢方の効果の原因を探ったりしているけど、それと同じようなことで大英博物館に保管されている古い医学書の中に記されていた薬の効能を調べていて、その効果がものすごいことが解ったわけだ。

これは「眼軟膏」ということだから「目」に塗る薬なのだろうか?

  • ニンニク
  • 玉ねぎ or ニラ
  • ワイン
  • 雌牛の胆汁

ニンニクや玉ねぎは「消毒」効果があるとして日本でも昔から馴染み深いものだろうけど、ワインと雌牛の胆汁はヨーロッパのものだな。「雌牛」とあるが「雄牛」ではダメなのか?成分がオスとメスでは違うのか?など興味深い点もある。

いずれにしてもあらゆる抗生物質に耐性を持ってしまった菌の 90% を殺すことができるなんて凄いことだ。でも風邪の時にこんなの処方されたら臭くてかなわないだろう…。

広告

Written by arito

2015-04-13 @ 01:03

カテゴリー: 科学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。