Ari's Blog

Reading makes me rich !

然もありなん

leave a comment »

「iOS 9」の「低電力モード」利用時はCPUのパフォーマンスが約40%低下する事が明らかに | 気になる、記になる….

省電力モードにすることで、バッテリーの持ちを3時間ほど長くしてくれるモードらしく、バックグラウンドで動作するアプリの停止やモーションエフェクトが OFF になるのだとか。そして冒頭にあるように、省電力モード時のパフォーマンスが公開された。

ハードウェア的に何も変更を加えずに、OS 動作の設定だけでバッテリー消費を抑えるのだから、当然、前述した余計な動作の停止だけでなく、動作時の消費電力も落とす必要がある。そこを考えれば 40% 低下は「然もありなん」ということになろう。なんなら WiFi も自動的に OFF になるとかすればもっと消費は抑えられる気がする。

パフォーマンスを犠牲にすると、タスク完了までの時間が長くなる。なんとなくタスク完了までに必要な CPU 仕事量は同じだから、太く短くと細く長くは結局同じ気もするが、細く長くの方が発熱を抑えられるからトータルで有利になる、ということなのだろうか?

いずれにしても、機能追加よりも使いやすさや機能の品質、精度向上を主眼にした iOS 9 は待ちどおしい。

広告

Written by arito

2015-06-26 @ 23:52

カテゴリー: iPhone

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。