Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 1月 2016

城南島海浜公園

leave a comment »

酒屋へ買い物に出たが、ふと息抜きがしたくなって酒屋をずーっと通りすぎて東京湾までたどり着き、城南海浜公園で車を止めた。家を出た時間が 17:00 くらいだったので、日没には間に合わず、もう夕焼けも消え入りつつあった。

羽田空港に発着する飛行機が近くで見えるところだから、今度は昼間に来たいな。

広告

Written by arito

2016-01-31 at 19:45

カテゴリー:

奇跡を起こしたのは「想い」なのだろうか?

leave a comment »

情報源: 70年前に戦争で引き裂かれた恋人たち。2人の想いの強さが奇跡を起こす – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

確かに奇跡だ。トーマスさんが戦争で生き残ったことも、そして今、生きていたことも。70 年ぶりって彼らは今何歳か?考えれば、今二人共生きていることだって奇跡と言えるかもしれない。

でも、ジョイスさんはどうして会いたいと思ったのだろうか。さすがにずーっと想っていた訳ではないだろうが、自分の人生を振り返ると、会いたくなって、その想いが募っていったのだろうか?なんだか私にはそう思える。

何歳になっても「人を恋い焦がれる」っていいと思う。とても精神的にはタフな気持ちだが、その気持が持てるということは気持ちが若く強いということだろうし。

Written by arito

2016-01-30 at 21:35

カテゴリー: Uncategorized

万能クリップ

leave a comment »

amazon にあった cheero の CLIP みたいな感じなのないかな?と渋谷のイトウヤをウロウロしていたらもっと便利なのあった。その名は「mag-hug」。どんなものか?どんな使い方ができるか?は以下を見ればよく分かる。

イヤホンを簡単にパッと止めるクリップで、柔らかい素材のものが欲しくて、cheero の CLIP を買おうと思っていたのだが、バンド状なのが使いにくそうでためらっていたところへたまたま見つけた mag-hug。

\500/個と高いんだけど、ゴムが伸びるところがとても使いやすく、使うシーンが万能になる。

何故か、amazon では定価より高いから、文房具屋で普通に買ったほうがいいだろう。10 個セットとかで、1個の単価をもう少し安くしてくれないだろうか?

Written by arito

2016-01-30 at 21:23

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with , ,

日没

leave a comment »

最近仕事が忙しくて帰りがとても遅いので休日の朝早く起きてドライブに行けていない。冬の寒い日は朝にかぎる!というのに…。そして日本列島を寒波が襲い東京に冷たい風がふいているときは空気が乾燥して澄みきりとおーくまで見える。

で、夕日を見に葛西臨海公園へ行ってきた。今日の日没は 16:59 だ。16:00 くらいは日は傾いていたがまだまだ夕日という感じではない。

IMG_4498

抜けるような青空だが、強風で東京湾は水面が三角に尖っていた。風がビュービュー吹いていて倒れそうになる時もあるくらい強い。息を吸ったら風に逆らって息をはけないくらい。このまま日没まで外にいるのは厳しすぎるので、一旦展望広場へ避難して日没の時間を待つことに。

そしていよいよ日没。

じーっと夕日を眺めて寒さに耐えながら沈みゆく太陽を見ながら iPhone のシャッターを切っていた。周りには夕日を撮ろうとたくさんのカメラマンがいたがみんなでかいカメラ持っていた。iPhone で撮っているのなんてわたしくらい?そんな中、土手にあぐらかいて柔軟?ヨガ?している女性がいた。背が高そうでスラっとした感じのカッコいい女性。あぐらかいて背筋をぴんと伸ばして夕日を眺めながらゆっくりと運動していた。ダウンを着込んだ私よりずっと薄着で寒くないのかな?

夕日が沈んで夕焼けがキレイに空を照らし始めて観覧車をバックに写真を撮ろうと思ったら、いきなり iPhone に電池切れで電源が落ちた。そんなはずない!さっきまで 40% くらい残っていたのだから。もしかして寒さでバッテリーの電圧が出なくなって落ちたとか?仕方なく帰路につこうと車のエンジンをつけて iPhone をバッテリーに接続すると、いきなり電池残量は 47% と出た。やっぱり寒さで電圧低下して落ちたのだ。どんだけ寒かったんだろう。外気温は 5℃ を車の計器は示しているが、あまりにも風が強く、風に晒されたものの温度をどんどん奪っていったのだろう。「寒さでバッテリーが…」なんてことは大学時代にスキーでビデオ撮ったりしていた時依頼だ。でもここは東京。スキー場じゃない…。

でも夕日はキレイだった。沈むに連れて太陽を見続けることが出来るようになる。目には悪いだろうけど、どんどん沈んでゆく太陽から目を話すことができない。明るくてぼやけていた富士山が徐々に夕日に照らされて影が浮かび上がってくる感じも幻想的でいい。

帰りに、ふと横を見ると満月が登ってくるところだったので思わず iPhone のシャッターを切った。信号待ちがちょうどいい具合にハマった。橋の袂ではたまたま通りかかった人たちが同じように写真を撮っていた。やはり「キレイだ」と思うのだろう。いいな、そういう気持ち、感じ。

IMG_4522

Written by arito

2016-01-24 at 19:15

カテゴリー:

Tagged with , ,

「最古の魔術書」シリーズ

leave a comment »

「最古の魔術書」シリーズの最終巻が年末に出版されていた。第一巻、第二巻を読んだのはもう二年くらい前だった。前巻の内容を覚えたいなかったのであまり気の進まないまま読み始めたのだが、半分くらい読み進める頃にはもう前巻の内容を覚えていなくても、第三巻の内容にのめり込んでしまっていた。

最終巻の第三巻は、三姉弟の一番下のエマを中心とした物語と言っていい。また、長女のケイトの引き裂かれるような切ない物語でもある。

この物語の言わんとする所は「愛」だ。色々な「愛」だが、それは「人から愛される」方向ではなく、それが実ろうが実るまいが「自分が誰かを愛したことがあるか?」という人を愛する「愛」だ。

かつてケイトが「レイフを愛しなさい」と言われた。言われなくても二人は自然と愛しあうようになるが、それが最後の決定的な決まり手となる。歴代のダイア・ナグヌスは誰かを愛したことなどないが、レイフだけは違うのだから。

レイフとケイトの別れはとても静かに表現されている。余計な表現は全くなく、ただただ切なく離してはいけない手を眠ってしまって離してしまうように。そして眠りから覚めた時にはもうその温かい手を握ることはできない。握り返してくれることはない…。

それから、エマがレコニング(審判)を決めるのだが、そのシーンは何故か泣けてくる。自分のことをどんな時も何よりも愛してくれたガブリエルさんを思うエマ。その「思い」からエマは最後にレコニングに言う。「誰かを愛したことがありますか?」それが「レコニング=審判」になる。そしてエマはレコニングに言われるようにそれを「解きはなつ」。死者はその審判によって解き放たれる。あるものはかつて「愛した人」を思い出しその人を探しに行く。一方誰も愛したことのない死者は「愛した記憶」がないので抜け殻のまま。レコニングは「愛した記憶」を「解き放った」のだ。

しかし、エマは死者の世界になぜ大好きなガブリエルさんが助けに来てくれたのか?を悟ることになる。そして兄に言ってファイアー・クロニクルで生き返らせることが正しい選択ではないことを。この部分はハリー・ポッターの「吟遊詩人ビードルの物語」を思い出さずにはいられない。愛する人を生き返らせるために「蘇りの石」を使った結末を。

最後にエマが言う。

あたしね、死者たちに記憶を返せば、なにもかもうまくいくと思ってたんだ。だけど、それでなにかが変わるわけじゃないんだよね。少なくとも、まだ生きているあいだは。やっぱり、いっくら愛していた人でも、死んじゃうんだし。やっぱり、大好きな人たちを失うことになるんだし。

でね、あたし、わかったんだ。いつかはおしまいになると思っても、人を愛するのはいいことだって。自分がいつか死んでも、愛する人たちが死んでも、自分が遠くに行って、二度と愛する人たちに会えなくても。だって、それが生きるってことだもの。それが生きることの意味なんだもの。誰かを愛するってことが。

そう思わない?

誰かを愛しが事がある人は、死者の世界に行っても、その愛した記憶は残るとしたら、そんなステキなことはないだろう。死者の世界で愛した人を探し、会うことが出来るのなら、そんなステキなことはないだろう。それが信じられるなら「死」への恐怖もなくなるだろう。「死」を別の世界へ迎えに来る「友」のように思えるかもしれない。

この最終巻は大人が読んでも心震わせられることだろう。

エメラルド・アトラス―最古の魔術書
ジョン スティーブンス
あすなろ書房
売り上げランキング: 92,396
ファイアー・クロニクル: 最古の魔術書II
ジョン・スティーブンス
あすなろ書房
売り上げランキング: 89,624
ブラック・レコニング 最古の魔術書〈3〉
ジョン スティーブンス
あすなろ書房
売り上げランキング: 92,578

やっぱりまだパスワードは最後の砦?

leave a comment »

Written by arito

2016-01-23 at 15:43

カテゴリー: セキュリティ, iPhone

Tagged with

iOS 9.2.1 は iPhone 4s and iPhone 5 でかなりパフォーマンス向上しているらしい

leave a comment »

情報源: iPhone 4s and iPhone 5: iOS 9.2.1 update brings speed improvements | BGR

まずは iPhone 4s での iOS 8.4.1 と 9.2.1 の比較動画を見てみてどうだろうか?

OS 起動こそ 9.2.1 の方が時間がかかるが、その後のアプリの動作は 9.2.1 の方がカクカク感がなくなめらかだし、起動も早いシーンが多いように見える。Safari とかも早く見える。接続してから画面が出るまでの速度は絶対 9.2.1 の方が早い。

iPhone 4s、5 を使っている人はこの動画を見ていよいよ iOS 9.2.1 へのアップデートを考えた方がいいだろう。まぁ、それまでの重大なセキュリティも fix されているので、セキュリティの観点から言えば問答無用で全ての iOS デバイスでアップデート推奨だけど。

iPhone 4s、5 が iOS 9.2.1 へのアップデートする時、一つだけ留意しておくべきことがある。「片道切符」だということを。アップデートしたらもう 8.4.1 へは絶対に戻せない片道切符だからね。

Written by arito

2016-01-23 at 13:27

カテゴリー: Apple, セキュリティ, iPhone

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。