Ari's Blog

Reading makes me rich !

日没

leave a comment »

最近仕事が忙しくて帰りがとても遅いので休日の朝早く起きてドライブに行けていない。冬の寒い日は朝にかぎる!というのに…。そして日本列島を寒波が襲い東京に冷たい風がふいているときは空気が乾燥して澄みきりとおーくまで見える。

で、夕日を見に葛西臨海公園へ行ってきた。今日の日没は 16:59 だ。16:00 くらいは日は傾いていたがまだまだ夕日という感じではない。

IMG_4498

抜けるような青空だが、強風で東京湾は水面が三角に尖っていた。風がビュービュー吹いていて倒れそうになる時もあるくらい強い。息を吸ったら風に逆らって息をはけないくらい。このまま日没まで外にいるのは厳しすぎるので、一旦展望広場へ避難して日没の時間を待つことに。

そしていよいよ日没。

じーっと夕日を眺めて寒さに耐えながら沈みゆく太陽を見ながら iPhone のシャッターを切っていた。周りには夕日を撮ろうとたくさんのカメラマンがいたがみんなでかいカメラ持っていた。iPhone で撮っているのなんてわたしくらい?そんな中、土手にあぐらかいて柔軟?ヨガ?している女性がいた。背が高そうでスラっとした感じのカッコいい女性。あぐらかいて背筋をぴんと伸ばして夕日を眺めながらゆっくりと運動していた。ダウンを着込んだ私よりずっと薄着で寒くないのかな?

夕日が沈んで夕焼けがキレイに空を照らし始めて観覧車をバックに写真を撮ろうと思ったら、いきなり iPhone に電池切れで電源が落ちた。そんなはずない!さっきまで 40% くらい残っていたのだから。もしかして寒さでバッテリーの電圧が出なくなって落ちたとか?仕方なく帰路につこうと車のエンジンをつけて iPhone をバッテリーに接続すると、いきなり電池残量は 47% と出た。やっぱり寒さで電圧低下して落ちたのだ。どんだけ寒かったんだろう。外気温は 5℃ を車の計器は示しているが、あまりにも風が強く、風に晒されたものの温度をどんどん奪っていったのだろう。「寒さでバッテリーが…」なんてことは大学時代にスキーでビデオ撮ったりしていた時依頼だ。でもここは東京。スキー場じゃない…。

でも夕日はキレイだった。沈むに連れて太陽を見続けることが出来るようになる。目には悪いだろうけど、どんどん沈んでゆく太陽から目を話すことができない。明るくてぼやけていた富士山が徐々に夕日に照らされて影が浮かび上がってくる感じも幻想的でいい。

帰りに、ふと横を見ると満月が登ってくるところだったので思わず iPhone のシャッターを切った。信号待ちがちょうどいい具合にハマった。橋の袂ではたまたま通りかかった人たちが同じように写真を撮っていた。やはり「キレイだ」と思うのだろう。いいな、そういう気持ち、感じ。

IMG_4522

広告

Written by arito

2016-01-24 @ 19:15

カテゴリー:

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。