Ari's Blog

Reading makes me rich !

再び弓でも引いてみるか

leave a comment »

と思って大宮八幡へ行ってきた。

大宮八幡は子供の頃もそうだが、中学生、高校生時代も弓道場を何度も利用させてもらったことがあり、言ってみれば「ホーム」と言えるところ。ホームページで事前に調べてみたら、「詳しくは弓道場で直接説明を受けてください」とあったので、とりあえず来てみた。

二十五年以上弓を引いていないから、「初心者で…」と思ったのだけれど、話を聞いたら、初心者はまず「初心者教室」を受けてから、半年くらい続けてみてまだやれるような入門…とものすごく気の長いことをいうので、「中学、高校と6年間やっていて、一応有段者なんですが…でも、もう 25 年以上引いてないし…」と言うと、「なら大丈夫!すぐ思い出すから。水泳と一緒だから!」といきなり入門の説明を始めた。で、さらに「巻藁やってみる?」と。

「え?いきなり引くの?25 年以上引いてないのに?」と思ったが、弓を引きたくて来たのだから、どれくらいできるのか?自分でもわからなかったから、とりあえず道具を借りて引いてみた。来ていた門下の人たちの前でいきなり巻藁…。緊張したが、思ったよりもイメージ通りに体が動いた(気がする)。

多分(引く力が)10kg くらいの重さの弓だったと思う、もっと腕がプルプルすると思ったが、腕は全然震えなくて、でも足?と言うか下っ腹のしっかりしなければならないところが、たくさんの人に見られているという緊張もあり?震えた。

5本くらい引いたけど、正直、気持よかった。弓返りもキュンってして超気持よかった。25 年以上ぶりなのに弓返りの感覚が鮮明に蘇ってきた。6年間も好きで毎日毎日引き続けてきたから?体に染み込んでいたみたい。思いもよらず、眠っていた?あの感覚を再びまた味わえた。

弓道場の人ももう「いつから?」みたいな話しかしないし、自分的にももう弓が引きたくて仕方がない。道着を買いに行こう!買って入門しよう!

徐々に感覚を呼び戻そう。そして年を取ったからこそ、それなりの時間が経ったからこそ多分違う気持ちで弓を引けるだろう。違う気持ちで向き合えるだろう。今は弓を引く目的も、学生の時とは全然違うし。急がずにゆっくりと、気持ちを常に落ち着かせて、謙虚な気持ちで初心者として習い、静かな気持ちで神前に礼をし、精進しよう。

広告

Written by arito

2016-03-27 @ 22:08

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。