Ari's Blog

Reading makes me rich !

ランフラットタイヤがすごかった件

leave a comment »

今日、買い物に車に出た時、突然右後輪の空気圧が低いという警告がパネルに出力された。単に空気圧が低下したのだろうと思ったが、以前にディーラーの営業担当に「そこら辺のガソリンスタンドに空気圧とか図らせると窒素薄まりますよ」と言われていたのと、保険の更新もあったのでディーラーの営業担当へ連絡してみた。

「保険の更新手続中に窒素充填しなおして帰ろう」と軽い気持ちでディーラーに行ったら、担当の営業の人が「残念なお知らせが…工場に見に来てください…」と。「え?」

行ってみたらすごく大きな釘が見事にまっすぐ刺さっていた。プラスネジのでかい釘。カラーボックスを組み立てる時に使うねじ込み式の大きい釘。空気圧を図って見せてくれたけど、すごく低くて工場の人が「全然入ってないですね…」と。

「でも全然乗り心地変わらないし、そもそもタイヤ凹んでないけど?」と言うと「ランフラットタイヤなので、縁石に乗り上げない限り外観では全然分からないですし、そもそもかなり硬いので触っても蹴っても絶対分からないですよ」だって…。確かに、警告灯がついている以外、乗り心地という意味では全く普段と変わらない。パンクしているって分からないのだ。それも全く分からない。まぁ、レーシングドライバーとかなら感じられるのかもしれないが、一般人な私には全くわからなかった。

普通のタイヤなら釘を抜いて、穴をふさぐゴムみたいな材料を注入して、それがタイヤのゴムと融合して修理完了ってなるんだけど、ランフラットタイヤはその注入するゴムが入らないから、交換しないとならなくなった。仕方ない、買うよ…となったが、ランフラットタイヤは装着も特別な機械が要るらしく夕方までかかると最初言われたが、結局

今日は無理です。すみません。
来週中にお車をご自宅に取りに行って交換しておきます。
ブリジストンに確認しましたが、70km/h 以下ならずっと走れるらしいので、高速道路に乗らなければ普通に乗っていただいて大丈夫です。少しずつ抜けてしまいますが、高めに入れておきますのでそのまま乗って帰っていただいて大丈夫です。

って…。「70km/h 以下ならずっと乗れます」って太鼓判押されても、でっかい釘が刺さってんの見せられてそのままで乗って帰るってなんだか気持ち悪いよ…。パンクしているって分かっている車に乗るの気持ち悪いよ…。でも仕方ないからそのまま帰ってきた。

ちなみに、交換したタイヤのお値段、だいたい \38,000/本で、工賃を合わせたら \45,000 弱かかる。釘を捨てたの誰だー!

そんなこんなでランフラットタイヤがすごいことがよく分かった。物理的な性能もさることながら、お値段に関してもね。

Written by arito

2016-04-09 @ 20:36

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。