Ari's Blog

Reading makes me rich !

石屋

leave a comment »

情報源: どうなってるの!?接着剤を使わず、天才的バランスで石を積むアーティスト – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

こういう人ではないけれど、昔、私が山岳トンネルの出口の明かり工事をしていた時、切り開いた道路に石垣を作る仕事があり、そこで「石屋」と呼ばれる職業?のおじいさんと仕事をしたことがある。

このおじいさんは本当の職人なの?仙人なの?全然しゃべらない。ただ現場へ来て黙って石垣の石を積んでいく。丁張さえかけておけば勝手に出来上がっていく。石垣を積んでいくのは見ていると簡単そうだが、実際やってみるとかなりの重労働で、丁張に合わせてまっすぐあるいはカーブを描くように積んでいくのはかなりの技術がいることが分かる。

途中はいいが、高さが決まっているから一番上はキレイに削ったりするし、石垣が合わさるところとかは現場で削って仕上げる。その時、この石屋のおじいさんはハンマー1つで見事に石を削って調整していくのだ!真似してみても、鑿(のみ)をつかっても、石屋の爺さんがハンマーをコツコツやって削った見事な調整には全くかなわない。石屋の爺さんは「石の目」が見えているようにハンマーだけで見事に石を割り、削っていく。

そんな石屋のおじいさんを思い出した動画だった。おじいさんは職人だが、この人は芸術家かもしれない。でも両人とも「石」が見えているようだ。「石の目」が見えているようだ。

Written by arito

2016-04-14 @ 00:01

カテゴリー: Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。