Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 7月 2016

Mac の Anti Virus ソフトを変えてみた

leave a comment »

情報源: Mac用のセキュリティソフトは一体どれが最も優れているのか? – GIGAZINE

ここのところ二週間くらい帰ってきて Mac を立ち上げることもなかった。早く寝たかったからなのだが。デスクトップの Linux も触らなくなって久しい。このまま家ではいわゆる PC から離れていくのか?とも思ったが、iPhone だの iPad だの写真だの音楽だのを最も効率的に安全に取り扱うにはやっぱり何か必要だ。

そんな中、冒頭の記事に刺激され、Mac の Anti Virus ソフトを Sophos から Bitdefender の Virus Scanner Plus に変えてみた。以前、無料セールしていた時にダウンロードだけしておいたのだ。

冒頭の記事では、Bitdefender と Sophos とでは大きな優位性の違いはない。僅かに Bitdefender の方がマルウェア検知率、システムにかかる負荷のいずれも優れてはいるが、機能的なところでは Sophos の方がより多くの機能を持っている。ただ、Anti Virus ソフトの類は、明示的に機能を使うものではなく、ひっそりとそっと守ってくれるのが望ましい。できるだけシステムに負荷をかけずに。そういう意味では、機能はシンプルでいい。そっと守ってくれる機能さえ持っていれさえいればいい。

ところで、冒頭の記事では、Bitdefender のソフト名は「Bitdefender AntiVirus for Mac 4.0」で、私が今回 Sophos と入れ替えたのは「Virus Scanner Plus」と全く名前が違う。Bitdefender が Mac 向けに2つのプロダクトを出しているのだ。App Store で買えるのは「Virus Scanner Plus」の方だ。どういった違いがあるのか?を聞いた人がいる。

Bitdefender Virus Scanner Plus for Mac Vs Bitdefender for Mac

結論から言うと、「ほとんど同じ」で、違いは登録方法と権限のところだけらしい。

登録方法の違いとは、「Bitdefender AntiVirus for Mac 4.0」は毎年登録を行いライセンス料を払う形で、Windows の世界では一般的な方法だ。一方、「Virus Scanner Plus」は「買切り」なのだ。

権限の違いとは、「Virus Scanner Plus」は、スキャンするパスを選択することができるが、「Bitdefender AntiVirus for Mac 4.0」はその選択肢がない。

それ以外は全く同じらしい。つまり、ウィルスの検知するエンジンも同じということなので、冒頭の記事にあった「Bitdefender AntiVirus for Mac 4.0」と「Virus Scanner Plus」は同じものとして読んでいいだろう、と判断している。

試しに「Web Protection」を有効にして、Chrome に拡張機能を入れているが、これもなかなか具合がいい。「Virus Scanner Plus」について調べてみると、比較的好意的な記事が多く、メモリ利用量が少ないとか、システム負荷が低いとか、環境オタクな私としては嬉しい記事ばかりだ。そんな記事を読んでいると、なんだかキビキビと以前よりネットサーフィンも Mac そのものも快適に動いている気がしてくるのは不思議なものだ。

Bitdefender SRL
posted with iTunesLinker at 16.07.30
広告

Written by arito

2016-07-30 at 21:41

ハーレーってすごい会社だな…

leave a comment »

情報源: 東日本大震災で流されたバイクがカナダで発見! 受け取りを断った男性の想いに涙 – grape [グレイプ] – 心に響く動画メディア

あれからまだ5年、もう5年。色々な想いがあるだろう。折あるごとに思い出すために書こう。久しぶりに「Tagged with 311」の投稿を。

この錆びた修理して動くようになるのかもわからないような状態のナイトトレインを「修理してお送りしますよ」とハーレーダビッドソンが申し出た内容の詳細はどんなものだったのだろうか?

  • 無償なの?
  • 東日本大震災で 6,000km も流され、錆びついたナイトトレインを動くように新品同様に修理して持ち主に送り返し、ハーレーのブランドをより良いものにしようとしたのか?
  • それとも、東日本大震災で流されたことを知ったから、その甚大な被害を知っているから、本当に親切心で申し出たのか?

色々考えてしまうが、そもそも、カナダの小島(グレハム島)に住む人が見つけて、ナンバーから「日本からのもの」であることに気づく、調べる?ことも凄いことだ。しかもそれがハーレーダビッドソンであることが分かったからなのか?ハーレーダビッドソン社へ連絡するのも凄い!

そしてその連絡を受けたハーレーダビッドソン社も凄い。世界中にあるハーレーを1台1台把握していることが!さらに、横山さんの申し入れを受け、博物館に展示するなんて、なんてステキなんだ!しかも、朽ち果てるがままに展示するというセンスが半端じゃない。

持ち主の悲しみの深さは推し量ることは到底できない。「自分だけが恩恵を受けるわけには行かない」という気持ちもあっただろうが、すべてを失ったのに、その思いでの品だけが新品で戻ってくるなんて、耐えられないのではないだろうか?

「津波の恐ろしさを伝えるために展示して欲しい」という申出。あの津波を体験した人だけが言える言葉、出てくる言葉なのだろう。

リンクしてあるので、是非グレハム島がどこなのか?を見て欲しい。どれだけ遠い場所なのか?そして津波の恐ろしさも改めて感じて欲しい。思い出して欲しい。

映画の一コマのような、展示されているナイトトレイン。でも、これはまぎれもない現実に起こったこと。

Written by arito

2016-07-30 at 19:39

人工知能が地球を救う

leave a comment »

情報源: Googleの人工知能専門チームDeepMindがたった数カ月で40%もGoogleデータセンターの冷却システムを効率化することに成功 – GIGAZINE

これは凄い!すべてのデータセンターでこの Google の人口知能を利用したら、いったいどれくらいのエネルギー利用が削減されるのだろうか?

私もデータセンターにいたことがあるが、吸気するところにつめたい空気を吸わせる列、排気する側はこの列…という具合に一般的に言われるラッキングをしていたものだが、その効果を計ったことはないし、そもそも計る方法すらもなかった。

それにしても非線形的に相互に絡みあう機器を一体どうやって解析して効率化しているのだろうか?

理系と言えども、全く及びも想像もつかない領域である。

Written by arito

2016-07-30 at 19:07

カテゴリー: Google

Tagged with , , ,

思えば遠くへ来たものだ…

leave a comment »

情報源: 「ケータイなんてねーよ!」思わず涙が出そうなジェネレーションギャップ【12選】 – grape [グレイプ] – 心に響く動画メディア

この記事には「昭和」を知っているか?知っていないか?という1つの大きなギャップを思い知らされて面白い。黒電話が既に博物館にあるのを知っているだろうか?長女から「あれ、電話?」と聞かれた時のショックと納得感を思い出す。

  • 何故かまだ、財布にテレカが入っている。どこでいつ使うのか?だって森高なんだもーん…
  • 中学、高校の時、彼女に電話するのは公衆電話からだった。彼女は自宅の電話を部屋まで引っ張ってきて長電話。「あ、キャッチ入ったからまた後でね…」なんて会話がとても懐かしい。電話は一家に一回線だったものだ。
  • その場で撮った写真が見れるポラロイドカメラって凄いと思っていた。現像されるまでの時間が待ち遠しくもあり、現像された写真を見るのがとても楽しみでもあった。
  • フロッピーのアイコンに違和感なんてないよ!
  • 「巻き戻す」って普通に言うよ!
  • 「チャンネル回して」って通じないのかよ!そういえば小学生の時は電話する時だって回していたよ、ダイヤルを。もしかしたら、私より5年後の世代では電話とダイヤルがリンクしないかもしれない。もう「ボタン」しか知らないかも。

思えば遠くへ来たものだ…。

Written by arito

2016-07-30 at 18:58

カテゴリー: Uncategorized

自分はどうだろうか?

leave a comment »

情報源: マナーの悪い客に対し、看板を設置したカフェ 素敵なアイディアに称賛の声 – grape [グレイプ] – 心に響く動画メディア

「これはいい!」と思うと同時に「普段、自分はどうだろうか?」と自分のことを省みずにはいられなかった。

スタバに行った時、ドトールに行った時、カフェだけじゃない、マックに行った時、レストランで注文する時、店員さんに丁寧に接しているだろうか?「お願いします」って気持ちで接しているだろうか?この記事にある3段階でどのレベルで接しているだろうか?

さすがに注文の品だけを伝えることはない。「○○ください(please)」が普通だろう。でも、「すみませんが、○○いただけませんか?(excuse me, could you…please)」までは言わない。これは意識しないとカフェではとても言えない。例えば、洋服を試着する時なんかは「すみません、これ試着していいですか?」というのはとても普通だろう。だが、カフェやレストランで「すみませんが…」は言わない。

直接的な表現としては「すみませんが…」かもしれないが、雰囲気的には「○○いただけますか?」的な表現なのだろう。「すみませんが…」を付けなくても、「○○いただけますか?(ニッコリ)」がカフェやレストランでは冒頭の記事で言うレベル3だろう。

こんにちは、今日は何がお薦めですか?(ニッコリ)
それでは、そのお薦めを1ついただけますか?(ニッコリ)
ありがとう!(ニッコリ)

こんなやり取りがベストだろうか?「ニッコリ」がより重要だと思う。店員さんが若い人なら、かしこまった敬語でなくても、この「ニッコリ」が「お願いします」の表現、コミュニケーションになるだろう。

「お客様は神様」と「客」として思っていては「最悪」の客だ。それはお店の人が思うことで、「客」はお店の人に「お願いします」「ありがとう」って思うのが普通だ。店員さんに横柄な態度を取る人は、その人の人となり(その薄っぺらさ)が知れる。

普段からそういう気持ちで接せられるように、自分の機嫌が悪くても、店員さんに感謝の言葉と表情を示すことで、自分の機嫌も逆に良くなるだろう。

常にそうありたいものだ。

Written by arito

2016-07-30 at 18:44

カテゴリー: Uncategorized

アリしかり、ジョーダンしかり、そしてヘップバーンも

leave a comment »

Written by arito

2016-07-30 at 17:34

カテゴリー: Uncategorized

大宮天神こどもまつり

leave a comment »

大宮八幡へ弓を引きに行ったらお祭りをやっていた。

これ、「大宮八幡」でなく「大宮天宮」という菅原道真ゆかりの天宮様が八幡の本殿の横に祀られていて、その天神様の縁日におまつりをしているらしい。

子どもたちの描いた絵や字が灯籠にされて、神秘的な感じすらする、弓道場の前の参道。まだ梅雨も明けないのに、先週くらいから夕方になると蜩(ひぐらし)がカナカナと鳴いている大宮八幡の夕方の参道は神秘的であり、メインの参道は出店、子どもたちの声が賑やかな、もう夏というか夏の終わりの風景のようだった。いい感じの夕方だった。

Written by arito

2016-07-24 at 21:06

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。