Ari's Blog

Reading makes me rich !

ハーレーってすごい会社だな…

leave a comment »

情報源: 東日本大震災で流されたバイクがカナダで発見! 受け取りを断った男性の想いに涙 – grape [グレイプ] – 心に響く動画メディア

あれからまだ5年、もう5年。色々な想いがあるだろう。折あるごとに思い出すために書こう。久しぶりに「Tagged with 311」の投稿を。

この錆びた修理して動くようになるのかもわからないような状態のナイトトレインを「修理してお送りしますよ」とハーレーダビッドソンが申し出た内容の詳細はどんなものだったのだろうか?

  • 無償なの?
  • 東日本大震災で 6,000km も流され、錆びついたナイトトレインを動くように新品同様に修理して持ち主に送り返し、ハーレーのブランドをより良いものにしようとしたのか?
  • それとも、東日本大震災で流されたことを知ったから、その甚大な被害を知っているから、本当に親切心で申し出たのか?

色々考えてしまうが、そもそも、カナダの小島(グレハム島)に住む人が見つけて、ナンバーから「日本からのもの」であることに気づく、調べる?ことも凄いことだ。しかもそれがハーレーダビッドソンであることが分かったからなのか?ハーレーダビッドソン社へ連絡するのも凄い!

そしてその連絡を受けたハーレーダビッドソン社も凄い。世界中にあるハーレーを1台1台把握していることが!さらに、横山さんの申し入れを受け、博物館に展示するなんて、なんてステキなんだ!しかも、朽ち果てるがままに展示するというセンスが半端じゃない。

持ち主の悲しみの深さは推し量ることは到底できない。「自分だけが恩恵を受けるわけには行かない」という気持ちもあっただろうが、すべてを失ったのに、その思いでの品だけが新品で戻ってくるなんて、耐えられないのではないだろうか?

「津波の恐ろしさを伝えるために展示して欲しい」という申出。あの津波を体験した人だけが言える言葉、出てくる言葉なのだろう。

リンクしてあるので、是非グレハム島がどこなのか?を見て欲しい。どれだけ遠い場所なのか?そして津波の恐ろしさも改めて感じて欲しい。思い出して欲しい。

映画の一コマのような、展示されているナイトトレイン。でも、これはまぎれもない現実に起こったこと。

Written by arito

2016-07-30 @ 19:39

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。