Ari's Blog

Reading makes me rich !

うどん県旅行 2016 三日目

leave a comment »

シーカヤックの心地よい疲れが残る中、午前中にうどん県のお父さん、お母さん、お姉さまに会いに行ってきた。

その後、本島にフェリーで渡って海水浴に行くので、あまりゆっくりお話することが出来ず、ちょっと残念だったが、我が家のでかいの(上の子)とチビ(下の子)の元気な姿を見せることができたのはなにより。上の子は、お母さんの背よりはるかに大きくなっており、その時言われて気がついたが、もう妻とあまり変わらない背の高さになっていた。お母さんから定規を持ってきてもらってオツムのてっぺんに乗せてみたら、まだ 2cm くらいは妻の方が背が高かったが、来年は定規の傾きが逆になっているのか?と思うと…。来年はもしかして私と比べているのかもしれない…。

本島へ向かうフェリーは高速船の方で大きなフェリーではなかった。結構たくさん人が乗っていて、外にずっと立っていたが、高速船というか、「もともと漁船だったんじゃねぇ?」と思う感じの船であったが、なかなかおもしろい 20 分の船旅だった。途中、人は降りないが荷物の運搬だけしたのか?本島の手前の牛島へ数分立ち寄りした。

本島の海水浴場は、「四国」「海」「キレイ」というキーワードで検索すると、うどん県にある海水浴場でヒットする。瀬戸大橋を眺められる静かでよい海水浴場。透明度もかなり高い。胸まで入っても足先はまだ見える。今年の小豆島の小部海水浴場と同じくらい。まぁ、でも雰囲気とか全体の景観からすると、小豆島の小部海水浴場の方がずっと好きだけど。(妙な漁船が「監視」とかしてないし…)

IMG_5312

初日に泳ぎすぎて腰を痛めてしまっていて、翌日のシーカヤックでさらに悪くしてしまったらしく、お昼を食べてからは桟敷でゆっくり&腕立て伏せをしていた…。

うどん県のお母さんとお姉さまが持たせてくれたお弁当がすんごく美味しくて、お腹いっぱいになりすぎて泳ぐ気にならなかった…というのが正直なところかもしれないが。梅しそ&鶏肉のおにぎりと、自家製のお味噌?のおにぎり。お味噌のおにぎりが飛ぶようになくなった。いつもいつもありがとうございます。お母さん、お姉さま。

帰りは再び丸亀までフェリーだが、今度は車も乗る大きなフェリー。ゆっくりと瀬戸内の風景を写真に収めることができた。

今年のうどん県旅行は随分とアクティブな内容だった。もう少し余裕があるといいかも。シーカヤックの後は島に泊まるか、20:10 の最終のフェリーに乗るのに、あと 30 分早く帰り着いて、片付けをしながら余韻を楽しむ時間が欲しい。それと、うどん県本土の宿は高松ではなくてやっぱり丸亀あたりののんびりしたところがいい感じだ。私一人ならお願いして親友の実家に泊めてもらうのが一番いいけど(笑)。

Written by arito

2016-08-19 @ 17:23

カテゴリー: Uncategorized

Tagged with ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。