Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for 1月 1st, 2017

2017年はじめの一歩

leave a comment »

今年も無事新年を迎えることができた。いつもと変わらぬ時間の流れの中、人間が決めた節目がただ過ぎたわけだが、だた過ぎる日々を感謝する日であると思う。八百万の神に感謝する。お祓いを受けて神仏に首(こうべ)を垂れる。長いこと手を合わせてお願いことをしている人がたくさんいるが、私は何も願わない。ただ心を空っぽにして単なる儀式のように礼をする、柏手を打つ、礼をする。願うことは則ち欲すること。ただ過ぎる日々を感謝する日にさらに何を願おう。否。それ以上に願うべからず。ただ心を空っぽにして刻々と過ぎる日々を感じ、悠久の時間の流れにある自分に感謝する。そんな気持ちになるために神仏の前に参る。

今年はいつもの駒繋神社、世田谷観音の後、散歩がてら大鳥神社まで行って来た。世田谷観音には特攻観音堂があり、いつも心の中ではそこをメインに手を合わせる。今の平和の礎に散っていった英霊にただ首(こうべ)を垂れる。感謝とかそういったおこがましいことは考えない。この時間の流れの前に確かに生きた彼らの時を思い、その続きにいる自分を思う。そして今自分があることを確かに感じて感謝する。

今年は昨年から色々始めたものに支えられた気がする。そしてそれは今年のための、そしてその先のための助走だという気がする。

仕事では1/5からいきなり山場がやってくる。年の瀬まで準備した成果が問われる。失敗は許されないが、そこにただ臨だけの準備はしたのだから、ただ静かに流れる時に身を任せるようにその時に臨む。実際、どんなことを思おうと、ここ今に至っては、ただ待つしかない。準備が終わっていようが終わっていまいが。そしてこれから自分たちの準備が十分だったのかどうかがこれから分かってくるだろう。

そんな日々の自分を支えるために「弓道」をやり、「弓道」のために始めた「ヨガ」が弓と同じくらい自分を支えてくれるようになった。不思議なものだ。始めてみないと何事も分からない、と改めて思った昨年。ヨガに自分がこんなにのめり込んでいくとは思わなかった。ヨガにのめり込むと弓にものめり込むようになる。自分の中でよくわからない相乗効果が巻き起こっている。理由は後から考えればいい。今は心の赴くままにのめり込んでみると心に決めている。

果たして、2017年はどんな自分に会えるだろうか?

Written by arito

2017-01-01 at 15:16

カテゴリー: Uncategorized

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。