Ari's Blog

Reading makes me rich !

花束を買いに

leave a comment »

実家向けに花束を買いに、実家近くへ行く。地元は不思議と安心感がある。目をつぶっていても駅まで行ける感覚がいい。小学校の頃からずーっと行き慣れたショッピングモール(って言うの?)に行き、せっかくなので色々見る。

時計が売っている。\7,000 セール。定価が \35,000 くらいの時計が 10 こくらい。「これくらいならいいんじゃない?」と手に取る。ずっと腕時計が欲しいと思っていたが、じっくり選ぶ時間もなく、チープカシオを使っていたが、どこかへなくしてしまって、そのまま、再び腕時計はなく、時計は iPhone になっていた。店員のお兄さんと

俺:どっちがいいと思います?
店員さん:こっち!
俺:ですよね!
店員さん:よかったぁ、一緒で!

若い今風のお兄さん的な店員さん、私の問いかけに変に飾ることもなく、素直に(おそらく)自分の好みを即答したんだろう。きもちのいい即答「こっち!」私もどちらかと言えば、店員さんが選んだほうがいいかなぁ…と思っていたから、これも何かの縁と思ってその時計を買うことにした。まぁ、\7,000 くらいだから1、2年も持てばいいだろうと思うし、意外にたまたま見た時計だけど、ほしいと思っていたクロノグラフ風な時計とは全然似ても似つかないのだけど、なんか気に入った。しばし、仲良く付き合おうと思う。

今度はカバン屋さんへ。ここでも「なんかいいなぁ」と思うキャメル色の布地のいい感じのバックがあった。\14,000 くらいだから買おうか?とも思ったが、どうしても利用シーンが休日くらいしか浮かばないし、休日のたびにカバンの中身を入れ替えることが想像できなかったのでここはグッと我慢。利用シーンが想像できないものは、結局使わないので不要なものとなるだろう。

小一時間ウロウロとウィンドウショッピング的なことをして、花屋へ。いわゆる両手で持つような「花束」を想像していたのだが、店先にコンパクトに可愛らしく春らしい片手で持てるくらいの花束が数種類置いてあった。これにとても惹かれて、どうしてもどっちか選べなかったからその2つを買うことにした。ここでも店員さんは若いお兄さん風。最後に「ありがとうございます、楽しんで下さい!」と。「花を楽しむ…か…この人、ほんとうに花が好きなんだなぁ…」と思いながら、早速実家へ行ってコップに生ける。

img_6607

楽しんでくれるだろうか?

一階の母の机に飾ったので、父は気づかないが、そんな父としばし他愛もない話をして実家でくつろぐ。何も言わないが、私なりに誕生日を祝う。車で行ったので、父と酒を酌み交わすこともできなかったが、今年は正月も酒を酌み交わす事ができなかったから、今度は酒を呑みに実家に来たいと思う。

そんなことを思いながら、帰りにいつもの信濃屋に寄って、一人、酒を呑むために日本酒を一本買った。いつも通り店長おすすめだ。辛口で無濾過生酒だからスッキリしていてとてもいい。

この日本酒は「神力米」という以前に廃れてしまったお米を蘇らせ醸造したものらしい。「神力」そんなものの欠片(かけら)でも手に入れたい。手に入れて…(この先は書くまい…)

色々なことを思い出しながら酒を呑む。あまり時間が癒やしてくれない日々がこの時期は続く。Google Photos が思い出させてくれる。そして思っているよりもたくさんの時間がかかることを思いしる。秋からこの時期まで半年に及ぶが。だから、この時期、仕事が忙しいのはありがたい。物思いに耽る時間がないことがありがたい。まだまだ時間が必要だ。

広告

Written by arito

2017-02-26 @ 21:10

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。