Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for the ‘読書’ Category

永遠の0

leave a comment »

今更という感じではあるが、始めて読んだ。映画は見ていない。

誰よりも戦争から生きて帰ることを願い、その為に出来る限りの努力をした、零戦のパイロット宮部久蔵がなぜ特攻隊で死んだのか?を、その孫が宮部を知る戦友から話を聞きながら、宮部久蔵という人間像、当時のパイロットの心境、特攻隊のパイロットの心境を描いた作品。

祖父である宮部久蔵を知る戦友から話を聞く健太郎。臆病者と言われ、名パイロットと言われ、かの太平洋戦争の最中(さなか)誰よりも死を恐れそれを公言していた宮部久蔵。その宮部を語る戦友の中で、最も私印象的の印象に残ったのは、「宮部を心底憎んでいた」と言った景浦という男だ。

パイロットとしての腕前に宮部に完膚なきまでに負けた景浦は、いつしか宮部より長く生き延びることだけが生きる目的となっていた。宮部より先に戦争で死ぬことはありえない。宮部が死ぬのをこの目で見届ける、とまで言っていた景浦。そんな彼の言葉が印象に残る。

どんなことがあっても宮部の機を守り抜く。敵の銃弾は一発も当てさせない。宮部に襲いかかる敵機はすべて撃ち墜とす。弾がなくなれば、体当りしてでも墜とす。

俺は声の限り叫んだ。ただもう訳もわからず叫んでいた。日本など負けろ!帝国海軍は滅べ!軍隊など消えてなくなれ!そして軍人はすべて死ね!
俺は散々叫びまくったあとで、嗄れた喉で呟いた。「宮部さん、許して下さい」
自分がそう呟いているのに気づいた時、涙がとめどもなく流れた。

「あの時…」不意に景浦は呟くように言った。「奴の目は死を覚悟した目ではなかった」

景浦が見た宮部久蔵の最後を、景浦はそう語った。この場面だけを読むと、「特攻に行く宮部を救いたい!何がなんでも救いたい!」でもそれが出来ない景浦の無念さもさることながら、もはや宮部の「生」を懇願している心境が描かれている。心底恨んでいる人間に対する「生への懇願」。それを許さない「日本」という国への心の底からの憎悪。健太郎に語った「宮部への憎悪」とはもはや全く逆の内容だ…。そんな景浦が戦後どうなり、何をしたか?ストーリーは意外な展開をする。それは宮部の妻である松乃が生前語った内容に描かれている。そんな彼女の言葉にも宮部の執念を感じる。

そして、宮部はこう言いました。たとえ死んでも、それでも、僕は戻ってくる。生まれ変わってでも、必ず君の元に戻ってくる、と

松乃の言葉は、「健太郎の本当の祖父ではない」と告げた賢一郎から語られる。宮部、松乃、賢一郎の関係とは?賢一郎が生きて終戦を迎えられた理由が泣ける。あれだけ生きて帰ることに執念をもやし、耐えてきた宮部が何故…。

一気に読んでしまえる、それでいてうっかりすると涙してしまう、とても心に訴える小説であった。映画を見たら泣いてしまうだろう。まだ見ていない。

永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)

posted with amazlet at 16.05.09
百田 尚樹
講談社
売り上げランキング: 1,855

Written by arito

2016-05-09 at 23:49

カテゴリー: 読書

行ってみたい喫茶店?

leave a comment »

情報源: おしゃべり禁止のカフェ 別世界が広がる「アール座読書館」に行ってみた – grape [グレープ] – 心に響く動画メディア

「おしゃべり禁止」という「喫茶店」としては喫茶店として成り立ちそうにないルールを採用している喫茶店。ものすごくシッカリとしたマスターのポリシーがあって営業されているらしい。

  • 感覚を研ぎ澄ましてリラックスして欲しい
  • 気持ちを切り替えてリラックスして欲しい
  • 自分だけの時間をゆっくりと過ごして欲しい

という気持ちらしい。

記事から見る店の雰囲気からすると、「読書」「本」「森」「水」といったものに囲まれているので、PC とか使うのも、キーボードの音が気になるから控えたほうが良さそうな。読書、会話も紙とペン。こんな空間で筆談したらどんな内容になるのだろう?字を書くのが好きだから、やってみたい気もする。

一度訪れてみたいところだ。

Written by arito

2016-03-21 at 00:00

カテゴリー: 読書

Tagged with

魔法が消えていく……

leave a comment »

まぁぁ、毎日遅くて帰って風呂入って寝るだけの生活が続いているところ、ふと妻が「読む?軽くて読みやすいよ」と薦めてくれたので、通勤時間の癒やしにいいかも?と思って読んでみることにした。そうしたら本当に軽くて軽快に物語は進み、適度に想像力を刺激してくれてよかった。今の私にはこれくらいがちょうどいい。まさにちょうどいい。難しいことを考えたり想像するのではなく、単に主人公の心に乗って泳いでいけば適度な想像とドキドキと結末への期待が心地いい。

これ一冊だと思ったら、原書は全編五巻(「魔法泥棒」というシリーズ)らしい。続きについて全く記載がないが、続きの邦訳も期待したい。

魔法が消えていく…… (児童書)
サラ プリニース
徳間書店
売り上げランキング: 331,417

Written by arito

2016-02-20 at 22:44

カテゴリー: 読書

Tagged with

「最古の魔術書」シリーズ

leave a comment »

「最古の魔術書」シリーズの最終巻が年末に出版されていた。第一巻、第二巻を読んだのはもう二年くらい前だった。前巻の内容を覚えたいなかったのであまり気の進まないまま読み始めたのだが、半分くらい読み進める頃にはもう前巻の内容を覚えていなくても、第三巻の内容にのめり込んでしまっていた。

最終巻の第三巻は、三姉弟の一番下のエマを中心とした物語と言っていい。また、長女のケイトの引き裂かれるような切ない物語でもある。

この物語の言わんとする所は「愛」だ。色々な「愛」だが、それは「人から愛される」方向ではなく、それが実ろうが実るまいが「自分が誰かを愛したことがあるか?」という人を愛する「愛」だ。

かつてケイトが「レイフを愛しなさい」と言われた。言われなくても二人は自然と愛しあうようになるが、それが最後の決定的な決まり手となる。歴代のダイア・ナグヌスは誰かを愛したことなどないが、レイフだけは違うのだから。

レイフとケイトの別れはとても静かに表現されている。余計な表現は全くなく、ただただ切なく離してはいけない手を眠ってしまって離してしまうように。そして眠りから覚めた時にはもうその温かい手を握ることはできない。握り返してくれることはない…。

それから、エマがレコニング(審判)を決めるのだが、そのシーンは何故か泣けてくる。自分のことをどんな時も何よりも愛してくれたガブリエルさんを思うエマ。その「思い」からエマは最後にレコニングに言う。「誰かを愛したことがありますか?」それが「レコニング=審判」になる。そしてエマはレコニングに言われるようにそれを「解きはなつ」。死者はその審判によって解き放たれる。あるものはかつて「愛した人」を思い出しその人を探しに行く。一方誰も愛したことのない死者は「愛した記憶」がないので抜け殻のまま。レコニングは「愛した記憶」を「解き放った」のだ。

しかし、エマは死者の世界になぜ大好きなガブリエルさんが助けに来てくれたのか?を悟ることになる。そして兄に言ってファイアー・クロニクルで生き返らせることが正しい選択ではないことを。この部分はハリー・ポッターの「吟遊詩人ビードルの物語」を思い出さずにはいられない。愛する人を生き返らせるために「蘇りの石」を使った結末を。

最後にエマが言う。

あたしね、死者たちに記憶を返せば、なにもかもうまくいくと思ってたんだ。だけど、それでなにかが変わるわけじゃないんだよね。少なくとも、まだ生きているあいだは。やっぱり、いっくら愛していた人でも、死んじゃうんだし。やっぱり、大好きな人たちを失うことになるんだし。

でね、あたし、わかったんだ。いつかはおしまいになると思っても、人を愛するのはいいことだって。自分がいつか死んでも、愛する人たちが死んでも、自分が遠くに行って、二度と愛する人たちに会えなくても。だって、それが生きるってことだもの。それが生きることの意味なんだもの。誰かを愛するってことが。

そう思わない?

誰かを愛しが事がある人は、死者の世界に行っても、その愛した記憶は残るとしたら、そんなステキなことはないだろう。死者の世界で愛した人を探し、会うことが出来るのなら、そんなステキなことはないだろう。それが信じられるなら「死」への恐怖もなくなるだろう。「死」を別の世界へ迎えに来る「友」のように思えるかもしれない。

この最終巻は大人が読んでも心震わせられることだろう。

エメラルド・アトラス―最古の魔術書
ジョン スティーブンス
あすなろ書房
売り上げランキング: 92,396
ファイアー・クロニクル: 最古の魔術書II
ジョン・スティーブンス
あすなろ書房
売り上げランキング: 89,624
ブラック・レコニング 最古の魔術書〈3〉
ジョン スティーブンス
あすなろ書房
売り上げランキング: 92,578

My Year 2015 in Books

leave a comment »

2015 年に読んだ本。もともとこのブログは Vox で始めたブックレビューだった。今はブックレビューはあまり書いていないのだけれど、読んだ本は goodreads で管理している。そのアニュアルレポートが勝手に出来上がっていたので振り返ってみた。

今年は会社の「いいつけ」もあって英語の勉強しなければならず、あまり読めなかったけど、まぁ、1冊/月以上は読めたから良しとする。最後に期待して読み続けた「七つの封印」だけは残念だったけど…。

  • 魔使いシリーズ完結
  • アラルエン戦記はまだまだ続きそう(嬉)
  • アーチーグリーンすごく面白かった
  • ロックウッドもオドロオドロしいけどすごく面白い
  • 天と地のは3月に最終巻。来年まず一番に楽しみ。古事記を題材にしているところが面白い。
  • そらいろ男爵はこんな戦争ばかりの世の中だから、是非読んで欲しい

今年の全体の超絶簡単感想としてはこれくらい。

Written by arito

2015-12-19 at 11:35

カテゴリー: 読書

本屋さんに泊まれる!?

leave a comment »

情報源: 本棚と一体化したベッドで読書しながら寝落ちできる泊まれる本屋さん「BOOK AND BED TOKYO」 – GIGAZINE

なんだか素敵な空間。電源はあるけど、完全に OFF にしてしまってただひたすら本、本、本。好きな本を読みまくる。漫画でもいいし。眠くなったらそのまま寝てしまっていい。そんな夜を過ごして朝焼けとともに家に帰る。

それくらい独りに閉じこもりたい時もあっていいのではないだろうか?他人が周りにいて、それぞれが本に集中している、他が何にも気にならない…そんな環境はより独りになれる気がするな。

Written by arito

2015-11-09 at 21:53

カテゴリー: 読書

そらいろ男爵

leave a comment »

絵本なのだが、なかなか心に来るし考えさせられる一冊だった。

そらいろ男爵は空を愛するパイロットだ。自分で作った飛行機を空色に塗って、空を駆け巡っては鳥を見たりしていた。しかし地上では戦争が始まる。空色男爵も戦争を終わらせるべく、爆弾代わりに飛行機から分厚い本(12巻の百科事典)を落す。そして敵を食い止めるが、戦争はそれくらいでは終わらない。そうやって男爵は次々と分厚い本を爆弾として投下するが、戦争は終わらない。そして最後の分厚い本「戦争と平和」を投下するも当たらず…。

しかし、敵の隊長が落とされた本を読みふけり、命令が出なかったので敵からの攻撃はなかった。この効果に気を良くした男爵は作戦を変更する。爆弾代わりになる分厚い本はもうないが、面白い本ならまだたくさんあった。色々な面白い本を効果的に落とし、敵の兵士がそれを拾っては面白がって本を読み、戦いが起こらないようにした。それでも戦争は続く。

より効果的がでるように、男爵はさらに考える。小説の前編を味方へ、後編を敵方へ落とし、続きが読みたい味方、前が読みたい敵方の隊長が話し合い本を交換するように。それでも戦争は続く。

そしてついに男爵は戦争をやめさせる方法を思いつく。それは…

そらいろ男爵
そらいろ男爵

posted with amazlet at 15.10.10
ジル・ボム
主婦の友社
売り上げランキング: 101,453

この本では「本」が戦争を止める。もっと言えば「字」が「書いてあること」が戦争を止める。人を殺すことよりも「本」に集中させることで。人を殺すよりも面白い本を読んだ方がずっといいから、兵士たちは本を読む。だが前提として兵士たちが「字が読める」ということが必須なのだ。今、戦争を各地で繰り広げている兵士の中で、字が読める兵士がどれくらいいるだろうか?中東で銃を持って戦っている子供たちが字が読めるだろうか?

やはり愚かな戦争を終わらせるには「教育」しかない。思想の偏らない「教育」が。「イスラムはどうの」「ユダヤはどうの」「欧米人はどうの」「日本人は…」なんて偏見に満ちた教育ではダメだ。そんな中立な教育ができるのは日本人が一番得意なのではないだろうか?どんな宗教にも染まっていない日本人が。

そんなことまで考えが及ぶような、絵本だが深い内容だった。

Written by arito

2015-10-11 at 01:04

カテゴリー: 読書

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。