Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for the ‘’ Category

Welcome to Tokyo !

leave a comment »

なにも外人をもてなしたわけではない。もう一週間以上前になってしまったが、いつも夏に遊びに行くうどん県の親友が突然「今日午後から東京出張で行くから明日の午前中時間あるかな?」とメッセージをよこしてきた。ランチを一緒にってことだったが、打合せの合間の時間を狙ってのランチではあまりにも慌ただしくてもったいない。先方がどういった人たちと出張に来ているか?が分からなかったが「夜は?一緒に出張に来ている人達と一緒に呑んでもいいよ?今晩にしねぇ?」と誘った。何人かの上司と一緒に出張に来ていて、彼が一番歳も下だったらしいのだが、その人達を放ったらかして呑むことになった。私としては嬉しい限りだが、うどん県から東京に出張来て「今晩は東京の友達と会うので、じゃっ!」って大丈夫だったのだろうか?と心配だったが、久しぶりに二人でゆっくり呑めることになったのがとても嬉しかった。

いつもうどん県にいる時は彼が運転するのでノンアルコールビールだったり、こちらもあちらも家族がいるし、学生時代のように何の気兼ねもなく、何を言うことをためらうこともなく、酒を酌み交わしながら何でも話す時間なんて、もしかしたらお互い結婚してからなかったと思う。それだけにとても貴重な時間に思えた。

いつもうどん県では本当にもてなしてくれる彼が東京に来ている。東京らしいものでもてなそうと思ったが、魚はうどん県の方が旨いだろう。もちろん、東京だって金に糸目を付けなければ旨い魚を食べることはできるだろう。だが、銀座あたりで寿司屋に入って高いからと言って、必ずしも満足できるとは限らない。「銀座の寿司屋行った」といえば、多少の話の種にはなるだろうが、満足できるかどうか?はまた別の話だ。「東京らしいもの」を打合せ中に内職しながら探したりしたが、どうも「ここ!」というところが見つからない。「東京らしいもの」にこだわらずに探していたら、ふと目に止まったお店があった。能登料理を振る舞うという「のと半島時代屋」だ。

小さいお店で入れなかったらどうしようか?歓迎会の時期だし、と思っていたが、たまたまパッと入れた!

最初から言っておく。このお店は最高のお店だった!次に彼が東京へ来る時もまた行く。行きたいと思う。そしてその時期の能登のお料理を楽しみたい。学生時代のように他愛のない話をして美味しいお酒と肴で。

このお店はお料理だけではなく、そのおもてなしが最高にいい。決して出しゃばらず、それでいてシッカリこちらを見ていて、全てが非常に良いタイミングで追加オーダーを聞きにきたり、お料理を持ってきてくれたり。能登料理なんて食べたことないし、何がいいのか?今の時期は何がお薦めなのか?全然わからないので、基本的に「何が美味しいですか?」とお料理もお酒もお薦めを聞きながら注文していった。そんな中でお料理を持ってくるタイミングに「ご学友ですか?」とか女将さん(かな?)がさり気なく聞いてきたり。旬の食材の話や、お薦めの日本酒の話をしていて、つい一緒に話し込んでしまったり。能登ってうどん県の彼も私も全然馴染みがないので、ついつい理系の性(さが)か?根掘り葉掘り聞いてしまう。一つ一つを丁寧にゆっくりと説明してくれる女将さん。ホタルイカをよそいながら、お酌をしながら、温かにユッタリと説明してくれた。本当に最高の「おもてなし」だった。

これはホタルイカの釜揚げだ。この季節限定で能登から直送したホタルイカ。刺し身での提供は富山県の条例で禁止されている。そこで店長が「どうやったら火をギリギリ通してホタルイカを存分に一番美味しく肝も一緒に味わえるか?」を考え抜いて編み出したのがこの「釜揚げ」らしい。「大きな鍋にこれだけ?」と思うかもしれないが、1つ1つ女将さんが色合いを見てほんのりピンクになった頃合いにサッと上げてよそってくれる。最高に美味しいいタイミングでよそってくれる。これ、本当に美味しいのだ!もう本当に言うことない!これに能登の熱燗を合わせたら、どんなに幸せか分かるだろうか?その幸せを存分に味わった。

「常きげん」という石川のお酒をぬる燗で、黒龍という福井のお酒を熱燗で、もう心ゆくまで味わった。こんなに美味しいと思って呑む熱燗、肴、ついぞ記憶にない。ほんとうに、ほんとうに旨い。食べ物でこれほどの幸せを感じられる日本は本当にいい。日本人に生まれてよかった!と世界に叫びたいほどの幸せだ。

「常きげん」はアルコール度数が 18 度もある熟成した日本酒らしく、ややとろみがあって黄色みがかっているほどなのだが、ひっじょうにまろやか!「まろやかで超呑みやすい!燗酒でこのまろやかさと優しさって初体験!」とか調子に乗ってクイクイと彼と呑んでいたら、だいぶ経ってから女将さんが「熟成したお酒でアルコール度数が 18、19 度もあるんですよ」って教えてくれた…。なんだかんだと最初のビールの乾杯の後はずっとこの常きげんと黒龍の燗酒を呑んでいた。1本どれくらいはいっているか?は分からないけど、4本も呑んでいた。

ホタルイカ以外にも、金沢の春菊のおひたしは、春菊嫌いの私でも、サラダのように美味しく食べられるアク感の全くない甘い春菊だったし、白エビの唐揚げ、それと忘れちゃいけないのが「馬づらはぎ肝和え」というやつ!これ、四国に「酒盗」ってあるけど、それ以上に「酒盗」だ。酒がメチャメチャ進む。日本酒がメチャメチャ美味しくいただける。それでいてこの肝和えもメチャメチャ旨い。肝がキモキモしていなくて、あっさりと上品な肝で、それでいてシッカリと味のする、でも全然邪魔しない。日本酒を引き立てて邪魔しない。それでいて旨い!絶品!

うどん県の彼をもてなすつもりが、自分ももてなされてた。完全にもてなされてた。でも、彼も私も十分に楽しめた。何の話したか?そんなの覚えていない。覚えている必要がないくらい他愛のない話。学生だった時のように何でもない話。今も昔も変わらぬ同じ時間の流れの中の他愛のない話。それに最高のおもてなしと旨い酒と肴で花を添えてくれた「のと半島時代屋」に感謝。そしてなにより、うどん県の親友に感謝。上司を放ったらかして他愛のない話に付き合って話の花を咲かせてくれたことに感謝。持つべきものは金でも地位でもない、「友」だ。「人」だ。「人」が財産だ。何にも代えがたい、代えられない「財産」だ。そして幸せだ。そう噛みしめることができるひとときを味わうことができた。

ありがとう、時代屋のみなさん。ありがとう、うどん県の親友くん。それと彼と出会えたことにも、ありがとう。

あ、忘れちゃいけない!うどん県のお父さま、お母さま、お姉さま、いつもありがとうございます!東京でも、彼と私は相変わらずです!それがいいでしょ!?進歩がないんじゃないですよ!?良い意味で変わらないんですよ!

Written by arito

2017-04-23 at 21:53

花束を買いに

leave a comment »

実家向けに花束を買いに、実家近くへ行く。地元は不思議と安心感がある。目をつぶっていても駅まで行ける感覚がいい。小学校の頃からずーっと行き慣れたショッピングモール(って言うの?)に行き、せっかくなので色々見る。

時計が売っている。\7,000 セール。定価が \35,000 くらいの時計が 10 こくらい。「これくらいならいいんじゃない?」と手に取る。ずっと腕時計が欲しいと思っていたが、じっくり選ぶ時間もなく、チープカシオを使っていたが、どこかへなくしてしまって、そのまま、再び腕時計はなく、時計は iPhone になっていた。店員のお兄さんと

俺:どっちがいいと思います?
店員さん:こっち!
俺:ですよね!
店員さん:よかったぁ、一緒で!

若い今風のお兄さん的な店員さん、私の問いかけに変に飾ることもなく、素直に(おそらく)自分の好みを即答したんだろう。きもちのいい即答「こっち!」私もどちらかと言えば、店員さんが選んだほうがいいかなぁ…と思っていたから、これも何かの縁と思ってその時計を買うことにした。まぁ、\7,000 くらいだから1、2年も持てばいいだろうと思うし、意外にたまたま見た時計だけど、ほしいと思っていたクロノグラフ風な時計とは全然似ても似つかないのだけど、なんか気に入った。しばし、仲良く付き合おうと思う。

今度はカバン屋さんへ。ここでも「なんかいいなぁ」と思うキャメル色の布地のいい感じのバックがあった。\14,000 くらいだから買おうか?とも思ったが、どうしても利用シーンが休日くらいしか浮かばないし、休日のたびにカバンの中身を入れ替えることが想像できなかったのでここはグッと我慢。利用シーンが想像できないものは、結局使わないので不要なものとなるだろう。

小一時間ウロウロとウィンドウショッピング的なことをして、花屋へ。いわゆる両手で持つような「花束」を想像していたのだが、店先にコンパクトに可愛らしく春らしい片手で持てるくらいの花束が数種類置いてあった。これにとても惹かれて、どうしてもどっちか選べなかったからその2つを買うことにした。ここでも店員さんは若いお兄さん風。最後に「ありがとうございます、楽しんで下さい!」と。「花を楽しむ…か…この人、ほんとうに花が好きなんだなぁ…」と思いながら、早速実家へ行ってコップに生ける。

img_6607

楽しんでくれるだろうか?

一階の母の机に飾ったので、父は気づかないが、そんな父としばし他愛もない話をして実家でくつろぐ。何も言わないが、私なりに誕生日を祝う。車で行ったので、父と酒を酌み交わすこともできなかったが、今年は正月も酒を酌み交わす事ができなかったから、今度は酒を呑みに実家に来たいと思う。

そんなことを思いながら、帰りにいつもの信濃屋に寄って、一人、酒を呑むために日本酒を一本買った。いつも通り店長おすすめだ。辛口で無濾過生酒だからスッキリしていてとてもいい。

この日本酒は「神力米」という以前に廃れてしまったお米を蘇らせ醸造したものらしい。「神力」そんなものの欠片(かけら)でも手に入れたい。手に入れて…(この先は書くまい…)

色々なことを思い出しながら酒を呑む。あまり時間が癒やしてくれない日々がこの時期は続く。Google Photos が思い出させてくれる。そして思っているよりもたくさんの時間がかかることを思いしる。秋からこの時期まで半年に及ぶが。だから、この時期、仕事が忙しいのはありがたい。物思いに耽る時間がないことがありがたい。まだまだ時間が必要だ。

Written by arito

2017-02-26 at 21:10

カテゴリー:

久しぶりに白ワインを呑んでみたが…

leave a comment »

冬はあんまり白ワインは呑まない。基本、冷やして呑むものだし、冬は寒いから、自宅でわざわざ冷たいものを呑もうとは思わない。でも、いつも行く信濃屋でお薦めしていたので、試しに買ってみた。(実はもう一本白ワインを買ったのだが、それはまだ呑んでいない)

で、ちゃんとテイストを読んでから買わなかった方が悪いのだが、甘い…。呑んでからビックリ!「あれ?甘口のドイツワインだったかしら?」いや、違う。確かに「Kuehn」だ。たまに買う「Kuehn」もそんなに辛口ではないけど、ちょうどよくてスイスイ呑めてしまうマイルドさが好きなのだが、この「Kuehn」は甘い…。

ブラックペッパー入りの辛いチーズを一緒に出していたのだが、全然合わない。ペッパーの辛さとワインの甘さ…。喧嘩しまくり、どうにもならんかった。これはちょっと失敗だった。

Written by arito

2017-02-11 at 10:34

カテゴリー:

Tagged with

今年の正月はこれ!

leave a comment »

あの店長が帰って来た信濃屋へ行って来た。お正月用の日本酒を買いに!そしたら期待通りあったよ!あったよ!店長オススメ!二種類買って来た。個人的には左側の「初しぼり生原酒」が大好物!あの店長がいるときはお正月前はこれを蔵元から直送して、その場で瓶詰めしてくれていたものだが、これもおととい蔵元で絞った超新鮮ピッカピカの搾りたてとのこと。

で、今、呑みながらこのブログを書いているわけだが、店長の言う通り「気をつけろ!」ってレベルの呑みやすさ。アルコール度数は日本酒としてはかなり高い20度なんだが、全然そんな感じがしない。香りが本当に上品と言うか、なんだろう?「スーッと清々しい」感じのほのかにすっと香る日本酒の香りだけど芳醇というくらい豊かな感じなんだ。矛盾しているかもしれないけど、ほんっとにいい!こいつを「くいっ」と行ける盃で手酌。最高!

もう一本は同じ「北洋」の高級大吟醸。これも店長オススメで「究極に旨さを楽しむ」的なことか。左のが¥1,000に対して右のはその3.5倍の値段。でも、好みは断然左の「初しぼり生原酒」だ。このお酒だけは他とは異次元だと思う。しかもこの値段はありえない!「コスパ」とか安っぽい表現じゃない。この鮮度のお酒をこのお値段で呑めるなんて、やっぱ店長!あんた最高だ!

Written by arito

2016-12-31 at 00:11

カテゴリー:

Tagged with , ,

ホットワインの季節

leave a comment »

ここ二週間くらい?急に寒くなって紅葉の色が濃くなった東京。もう秋から冬に一気に来た感じ。自然も季節を感じることができるが、酒屋でも季節を感じることができる。そう、これが信濃屋で売り始めたらもうクリスマス間近、冬の到来と思っている。

ホットワイン。甘いけど寝る前にアッツアツにして呑むと、心はともかく、体はぽっかぽかになる。

Written by arito

2016-11-29 at 21:33

カテゴリー: , Uncategorized

Tagged with

別誂 越の磯

leave a comment »

信濃屋野沢店にあの店長が帰ってきた!「帰ってきたんですか!?」って顔を見て思わず言ってしまった。そして今日の店長お薦めは5本(種類)、全て日本酒だった!こんなことって珍しい。もしかして初かもしれない。日本酒5本(種類)お薦めって。で、早速色々と好みの立ち話をして買ってきたのがこれ。

IMG_6128.jpg

蔵元が試験的に作ったお酒を全部仕入れたらしい。そん名も「別誂 越の磯」。そう「別誂」なのである!「純米吟醸無濾過原酒」なのである!

「山田錦を 100% で精米歩合 50% だからとてもお上品」とのこと。「夜、寝る前に常温でお酒だけで呑む」という私のスタイルを言ったら、5種類の中から「それならこれ!」というお薦めで買ってきた。

で、今、そのお酒を呑みながらこのブログを書いているわけだが、いい、素晴らしくいい。常温で呑んでいるがスッキリしていて、他の山田錦をつかったお酒はわりと甘めに感じるけど、このお酒はそうではなくて、日本酒のいい感じの甘みだけがほのかに残る感じ。無濾過原酒だから?アルコールは 17 ℃と日本酒としては高めで適度に「日本酒」をスッキリと感じることができる。

いやぁ、これ、呑んでると白身の刺身が欲しくなるね!なんかいい感じだけどお腹空いてきちゃうなぁ…。

あの店長が帰ってきてくれたから、また面白いお酒増えるだろうから、そういった酒ブログも増えるかもしれない。この日本酒だけでなく、以前よく好んで呑んでいたアメリカのメルローの赤ワインの話をしたら、「これ、今特価で出してますけど、これなら絶対好みだと思います!」ってことで買ってきた赤ワインもあるので、その感想も呑んだら書きたいと思う。一万円弱の買い物になってしまった…。

今日は朝から頭痛がひどくて、定期的にロキソニンを飲んでいる状態だったけど、弓を引いたり、ゆっくりと話す時間があったり、最後にあの店長が帰ってきてくれて、早速お薦めの日本酒を楽しめたり、体調悪くてもポジティブに外に出ていれば、気持ち的に良いことが起こるものだなと感じる一日でした。

Written by arito

2016-11-07 at 00:10

カテゴリー:

Tagged with , ,

うどん県旅行 2016 番外編

leave a comment »

瀬戸を渡りこれまでにない体験ができたシーカヤックのルート。

小豊島ルート

こうして見てみると、帰り道、瀬戸を渡ってから小豆島に到着するまでにやけに距離を感じた理由が分かる。実際に距離があったのだ。行くときは元気だから全く感じなかっただけなのだ…。

それと、これがなくてはいけない!親友が持ってきてくれた「香川づくり」。

このビールは、ちょっと大げさな表現をすれば苦味をほとんど感じない。甘みと麦芽の味がシッカリとマッチしていてとっても私好みの飲みやすいビールだ。全然「ドライ」な感じではない。シッカリとしていて優しいビールの味だ。(写真は帰ってきてから撮っている)

香川づくり、うまい!

最後に、シーカヤックに今年は iPhone を持っていくことができたのは、この防水ケースのおかげ。海水にボチャンと浸けても OK な仕様だが、海中で写真を撮ることが目的ではなく、シーカヤックや海水浴の時に気軽に海水で濡れた手で写真が撮れればいいなぁ、と購入した。普段、これをずっと装着しておくのはちょっと…だが、アウトドアに出かける時にこれを装着しておけば安心だ。画面操作や指紋認証も問題なく(全くストレスなく)動作する。(手が濡れているとダメだけど、それはこのケースがなくても同じ)ちょっと高いけど、\3,000 〜 \5,000 くらいのケースは、レビュー記事の日本語が怪しいのばっかりなので止めておいた。

Written by arito

2016-08-19 at 19:44

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。