Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for the ‘音楽’ Category

Ed Sheeran の新曲が 2017 の出だしを加速する!

leave a comment »

久しぶりの Ed Sheeran の新曲「Castle on the Hill」が 1/6 リリースされていた!1/7、ラジオ聞いていて、「あれ?この声?エド・シーラン?曲調がコールドプレイっぽいけど?」と思って速攻調べたらやっぱり新曲出てたー!

なんなの?この気持ちいい疾走感のあるサウンドにのせて流れる彼の声はさらに気持ちを、心を先へと運んで行く。そのまま飛行機が飛び立つように空へ飛んで行きたくなるような、車のアクセルを全開に踏みたくなるような、心を空へ開放したくなるような気持ちは!

2017 年は昨年に引続き、自分的にはかなり踏ん張りどころだが、この曲はそんな私の背中を押し、翼をつけてくれるような、今の私にピッタリで最高の曲だ!

ありがとう!エド!

Castle on the Hill
Castle on the Hill
posted with amazlet at 17.01.09
Atlantic Records UK (2017-01-06)
売り上げランキング: 405

Written by arito

2017-01-09 at 19:25

カテゴリー: 音楽

Tagged with ,

Def Tech の Eight が最高にいい!

leave a comment »

TOKIO HOT 100 に Def Tech の Journey がランクインしていた。今年の夏のお気に入りプレイスリとの一曲目と最後の曲は Def Tech にしていることもあって、ふと調べて聞いてみたら、ウクレレ?を使っていて最高にアロハなご機嫌な夏にピッタリの曲だった。

ついでに収録されているアルバム Eight を試聴をしたら、一曲目から撃ちぬかれた。すんごくいい!もうこの夏はこのアルバムのヘビーローテーション間違えない。

  1. LOL
  2. Journey
  3. Town & Country

最初の三曲で心臓打ち抜かれる。なんだろう。歌詞が切なかったりするけど元気出る。頑張ろう!くらいに感じる。昔みたいに完全なヒップホップな感じじゃ無くて、とてもメロディアスで、ご機嫌な曲はもちろんヒップホップ感はあるけど、ウクレレとかがそれをハワイアンな感じで和らげて柔らかい心地よさにしてくれる。

Eight
Eight
posted with amazlet at 16.07.13
Def Tech
2VOX (2016-07-06)
売り上げランキング: 83

Written by arito

2016-07-13 at 21:44

カテゴリー: 音楽

Tagged with ,

お気に入りの音楽は買うだろ

leave a comment »

情報源: 海賊版の音楽を違法ダウンロードするユーザーの方が音楽により多くお金を使っていることが判明 – GIGAZINE

お気に入りの音楽は最終的に買うんじゃない?最初から「これいい!」と思った曲は最初から買うし、「いいかも…」という曲は YouTube とかで聞いてよければ買う。

YouTube で「良い曲探し」している時は、「お!」と思った曲をどんどん自分のライブラリに追加して聞く。それでやっぱり気に入った曲は買う。

YouTube の動画はアプリ使えばダウンロードできるし、そこから音だけ取り出すことは簡単にできる。それでも気に入った曲は結局買うことになる。

とまぁ自分の曲を購入するまでのプロセスを考えても、違法に曲をダウンロードするユーザの方が最終的により多くのお金を楽曲に使う、というのも納得がいくし、当たり前といえば当たり前の気がする。

違法にダウンロードした曲を最終的に通常通り購入したとしても、前段の「違法ダンロードで曲を取得した」という事実は残るわけで、その曲を最終的に購入してもその行為がチャラになるわけではないけれど、曲としては最終的に購入してくれればチャラと考えて問題ないと思う。買いさえすればいいわけでしょ?業界としては。

まぁ、違法にダウンロードした曲全てを購入するわけではないところが問題と言えば問題なのだろうけど、そのあたりは「サンプル視聴」程度と考えてくれるとありがたいけどね。

Written by arito

2016-03-13 at 19:06

カテゴリー: 音楽

何故か職場で米津玄師のフローライトがヘビーローテ

leave a comment »

別に職場で音楽をかけているわけではない。今のところ私は関わっていないが、ワークフローシステムのフローライツ(FlowLites)という製品を扱っている部署があるのだが、しょっちゅうフローライツという単語が聞こえてくる。「フローライツ」と言ってくれればいいのに、「フローライト」というのだ。個人的に心の中で「最後の一文字の発音違う!」と叫んでいる。「フローライト(Fluorite)」じゃ「蛍石」のことだ。ネットで調べると「パワーストーン」として有名らしいけど。

で、私の頭のなかでは「フローライト」と言われると、米津玄師の「フローライト」が流れるのだ…。だから私の背後の席の方からしょっちゅう「フローライト」と聞こえるってことは、しょっちゅう流れるのである。つまりはヘビーローテーションになっているわけである。ちなみに、米津玄師のフローライトの歌詞は、パワーストーンとしての蛍石をイメージした内容であることは言うまでもない。

後ろの席のほうで「フローライト」と言っている人たちに聞かせてやりたい。それと、「君たちのはフローライトじゃなくてフローライツ!最後の発音は”ツ”!」と言ってやりたい。

米津玄師
posted with iTunesLinker at 16.03.06

Written by arito

2016-03-06 at 00:13

カテゴリー: 音楽

Tagged with ,

Ed Sheeran が歌う Little Things はやっぱり 1D のよりもいい!

leave a comment »

Written by arito

2016-03-05 at 23:47

カテゴリー: 音楽

Tagged with , ,

nightmare before ひな祭り

leave a comment »

普段、ほとんど夢を見ない私だが、ここ三週間で2回夢を見た。1回目の夢はなんとなく「なんでそんな夢を見たのか?」が分かるような気がする内容だったが、昨夜見た夢は「悪夢」だった…。文章にしたら大したことなく、何でもないストーリーのように読めるけど、「精神的に打ちひしがれた」そんな「悪夢」だった。


日々かすかな期待をしていたことが起こる。舞台は私の実家の地元で展開される。

地元の駅でバッタリとある人に出会う。だが、約束していたかのように二人で私の実家へ向かう。実家の戸を叩くと、母と後ろには妹が玄関に立つ。私たちは泊めてくれるように頼むのだが、母がそれを許してくれない。私はどうしても二人で家に入れて欲しくて、色々な説明をする。理由を話す。嘘でも言い訳でもとにかく母に頼む。しかし、母は私の一つ一つの理由を明確な理論、理由で否定していく。妹は私の嘘を指摘したり、私の理由に納得したりしているだけで、説得の助けには全然ならない。

そしてとうとう私は実家に停めてもらうのを諦める。私自身が私の言う理由に無理があり、社会的に許されないことであることを知っていたが、それを明確に理由を付けて一つ一つ指摘されたことに打ちひしがれてしまった。

そして私達二人はトボトボと私の実家を後にする。そこへその人のお母さんから電話が入る。「いいから、今日は家に泊まりなさい」と。そして私達はその人の実家へトボトボと向かう。歩いているとかすかに音楽が聞こえてくる。その音楽は少しずつボリュームが上がってくる。ジャスティン・ビーバーの Love Yourself だ。音楽とともに私たちはトボトボと歩いて行く…。


気が付くと本当に Love Yourself が流れている。何が起こっているのか?全然理解できない私。いつも曲を聞きながら寝ているが、全曲リピートを解除するのを忘れてしまったらしい。そして夢から覚めた時にちょうど流れていたのがジャスティン・ビーバーの Love Yourself だったのだ。途中からは夢がさめて音楽が聞こえてきて夢と現実に聞こえてくる音楽が重なったのだろうか?

イヤホンジャックからイヤホンを外し、iPhone で時間を確かめると 3:06。3月3日の3:06。「3で割れるな…全部3だったらもっと不吉だな…」そんなことを思いながら、再び布団をかぶって眠りにつく。あまりの悪夢に胃?胸?あたりがザワザワしてすぐには眠れなかった。

なんという悪夢…。なんでこんな悪夢を私の脳は見せるのか?

Written by arito

2016-03-03 at 23:53

カテゴリー: 音楽

Charlie Puth デビュー・アルバム

leave a comment »

「え?デビュー・アルバムなの?」と思うくらい昨年からヘビーローテーション& Charlie Puth に歌声に魅せられてしまっている私。昨年は Ed Sheeran と Charlie Puth ばかりヘビーローテーションしていた影響で、後半は洋楽ばかり聞いていた。今でも洋楽の方が多く聞いている感じだけど。

そんな Charlie Puth のアルバム(デビュー作)が 1/29 に発売されることは知っていたのだけど、あまりの激務に帰ってくて Mac を起動する気にもなれず、iPhone で購入するポチッとする余裕もなく今に至ってしまった。

昨日数年ぶり?いや、10 年以上ぶりに徹夜で仕事して、帰りに 15:00 次女の学校に寄って一緒に家に帰ってきた。シャワーを浴びて2時間程度寝てから、久しぶりに夕飯の一品を作り、久しぶりに家族揃って夕食。そしてこのブログを「ねむーい」と思いながらマッタリと書きながら、その Charlie Puth のアルバムを聞いている。

キャッチーで軽快なリズム、ステキですごく好みの彼の歌声、全部の曲のリズムが心地よく心に響き、なんの迷いもなくサッと通り過ぎていくようだ。全部の曲がくどさがなくて潔さすら感じる。デビューアルバムにして至高の出来栄えか?

是非!

Charlie Puth
posted with iTunesLinker at 16.02.02

ちなみに、映画の主題歌?として使われた最後の曲「See You Again」は YouTube にラップなしの Charlie Puth だけで歌っているバージョンもアップされているので是非。私はラップがスキではないので、断然こっちの方がいい。そして Carlie Puth は YouTube でたくさんのカバーをアップしている。特に Sam Smith のカバーが秀逸だ。あたかも彼の曲みたいに聞こえるから不思議。

Written by arito

2016-02-02 at 22:59

カテゴリー: 音楽

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。