Ari's Blog

Reading makes me rich !

Archive for the ‘Google’ Category

Gmail 方面

leave a comment »

気になっていたが放置していた件。

会社の Windows 端末だけ Chrome で Gmail の左側のラベル画面が「その他のラベル」をクリックしないと、表示されていないラベルに移動できなかった。要するにスクロールできなかった。

超多忙でこれが超イラっとして我慢できなくなって昨夜 Google ってみた。単に設定だけだった。

⚙マークで「表示モード」が「タッチ対応」になっていると、左側のラベルがスクロールできない。「標準」とか「最小」とか「タッチ対応」以外にすれば普通にスクロールできるようになった。

MacBook Air はそんなことにはなっていないんだけど、会社の端末は Surface だから解像度が高くて勝手に「タッチ対応」になったみたい。

あ~、スッキリした。

広告

Written by arito

2017-09-29 at 11:09

打合せ多すぎ?

leave a comment »

ちょっと前のことだが、「さて、今日の予定は…」とカレンダーアプリ(CalenGoo)を起動したら、何やら見慣れぬエラー表示。

IMG_6873

え?なんて?カレンダーの制限に達した?クォータ(容量)制限に引っかかった?太平洋時間にクォータ制限はリセットされるの?

まぁ、無料での利用なので、何らかの制限があっても仕方がないんだけど、予定が入れられないのは困る。どうやったら利用できるようになるのか?が全然わからない。Google のエラーだけど、Google 先生に聞く。あったよ、あったよ。

https://support.google.com/a/answer/2905486?hl=ja

これらの制限は、通常のカレンダー利用状況であれば達しない高いレベルに設定されているので、大部分のユーザはこれらの制限に達することはありません。

ほほう…。使いすぎってことね。「好きで使いすぎてるわけじゃねぇよ!さっさと使えるようにしてくれ!」と心の中で叫ぶ。「for a certain period of time」って何分だよ!

せっかちな私は「もしかしたら…」とカレンダーアプリを変更してみたりしたんだが、まーったく同じエラーを出されて終わり。当たり前だな、まぁ。

そんなこんなしていた午前中だったが、午後にはエラーなく使えるようになっていた。仕事とはいえ、人の予定を勝手に入れられる仕組みってどうなのよ、と思う。休もうと思って予定空けているとバンバン入れられちゃうから、最近じゃぁ「休もうかなぁ…」ってところに最初から「終日休み!」って予定入れちゃう。実際にそういう日に休むことはあまりないんだけど、休まなくても打合せが入っていないから、溜まった仕事を消化できる重要な日になる。打合せってしている間に仕事が溜まるし、打合せの中でもタスクや課題ができるから、やればやるほど仕事が増えるっていう感覚。仕事を片付けてタスクの山を低くしても、一日打合せばっかりしているとタスクの山が元通りの高さになっている…。

なにかしていないと落ち着かない質(タチ)だけど、多すぎるタスクには時々ちゃぶ台をひっくり返したくなる。そんな時はどんなに仕事たまっていても、ヨガに行っちゃう!週末にアホみたいに(シャンプーが辛くなるくらい!)弓引いちゃう!

Written by arito

2017-05-14 at 13:39

カテゴリー: Google

人工知能が地球を救う

leave a comment »

情報源: Googleの人工知能専門チームDeepMindがたった数カ月で40%もGoogleデータセンターの冷却システムを効率化することに成功 – GIGAZINE

これは凄い!すべてのデータセンターでこの Google の人口知能を利用したら、いったいどれくらいのエネルギー利用が削減されるのだろうか?

私もデータセンターにいたことがあるが、吸気するところにつめたい空気を吸わせる列、排気する側はこの列…という具合に一般的に言われるラッキングをしていたものだが、その効果を計ったことはないし、そもそも計る方法すらもなかった。

それにしても非線形的に相互に絡みあう機器を一体どうやって解析して効率化しているのだろうか?

理系と言えども、全く及びも想像もつかない領域である。

Written by arito

2016-07-30 at 19:07

カテゴリー: Google

Tagged with , , ,

やはり行き先は Google Photos か

leave a comment »

情報源: さらば、ぼくらが愛したFlickr « WIRED.jp

Flickr は使ったことはない。でも冒頭の記事を読んで「やはり Google Photos」しか選択肢はないだろう…と思った。撮った写真をほぼ無制限に保存できるサービス、共有もできるサービスってGoogle Photos を超えるものは今はないと思う。

Google Photos は「共有」よりも、とにかく撮った写真をどんどんクラウド上に保存する、というイメージの方が強いかもしれないけど、それにより自分の PC でのディスク保存とバックアップという呪縛から完全に解き放たれる。殆どの人は。

超高画質な写真や動画でない限り、Google Photos で全てが満たされるだろう。

2016-03-25 追記:
「Google フォト」は驚くほど手間のかからない「アルバム」アプリ « WIRED.jp

Written by arito

2016-03-19 at 22:21

カテゴリー: Google

パスワードを使わない新しい2段階認証ログイン方式を Google がテスト中らしい

leave a comment »

情報源: Googleがパスワードを使わない新しい2段階認証ログイン方式をテスト中 | マイナビニュース

便利なのに安全な認証方法を Google がテストしているとのニュースが幾つか出ていた。今まで2段階認証と言うのは主に以下の様な方法で行われていた。(PC でのログインの場合)

  1. ログインしようとする
  2. ID とパスワードを入力
  3. 2段階認証の画面が表示される
  4. スマホで2段階認証のアプリを起動して1分だけ有効なパスコードを入力
  5. ログインできる

つまり、パスワードとパスコードを入力しなければならない。これはスマホでも同様だ。

今回 Google が試しているのはもう少し簡単な方法だ。パスワードとパスコードを入力する必要がないのだ。「誰?」を特定するために、ID だけは入力しなければならないが、始めてでないかぎり、PC なりスマホなりに記憶されているだろうから、ID 自体を入力することはあまりないだろう。ただし、この便利な方法を利用するには、個人のスマホを関連付ける必要がある。スマホにログイン許可するための通知がされるためだ。詳細は以下を見ればよく分かる。

Redditでの説明

簡単に説明すると以下。

  1. ログインしよとする
  2. ID を入力する
  3. 画面に「あなたの電話を確認して。YES とタップして次に 21 をタップして」と表示される
  4. スマホには YES or NO のボタンが表示される
  5. YES をタップすると「別の画面で何番が表示されていた?」と聞かれ、幾つかの数字が表示されるる
  6. その中でさっき表示されていた 21 をタップする
  7. ログインできる

つまり、「YES」と「表示された数字」をスマホでタップするだけでログインできるようになる。

これはかなり便利になる。一方でスマホの重要性はますます高まる。よく落すとかなくす人にはこの機能は「ログインできなくなる」「誰かにアカウントを乗っ取られる」シーンに遭遇するリスクが逆に高まる。

私は無くしたり落としたりしたことがないので、この機能は是非とも早く使えるようになってほしい。

Written by arito

2015-12-26 at 10:42

カテゴリー: セキュリティ, Google

Google Photos は抗うことのできない魅力を持っている

leave a comment »

当時のGmailを彷彿とさせるサービス、世界を変えるGoogle Photos : ギズモード・ジャパン.

そう、Gmail と同じだ。もはや利用することに抗うことはできない魅力を持っている。単に写真や動画を無制限にアップロードして保存できる、ということだけではない。自動で写真を整理してステキなアルバムを作ってくれるのだ。

  • 写真の持っている位置情報から?旅行先での写真を使ってアルバムを作ってくれる。
  • 一日に時間的に集中して撮られた写真で?イベントと捉えてアルバムを作ってくれる。運動会とか発表会とか。
  • 建物などの写真を白黒にしてアンティークな写真にしてくれる。
  • 連続写真をまとめてコマ送りの動画にしてくれる。

などなど。もうステキ過ぎる。

たくさんの写真をマメに全て整理している人なんてごくわずかなのではないだろうか?めんどくさがり屋でなくても、よほどマメな人でもない限り、アルバム整理を完全にするのは不可能な気がする。ということは、世の中のほとんどの人が Google Photos が最適なサービスで、今のところこのサービスに代わるもの、対抗できるものはないだろう。

Google 様、まいった。

Written by arito

2015-06-06 at 22:41

カテゴリー: Google

Tagged with

Mac の「写真.app」の中のオリジナル写真を取り出す

leave a comment »

「Google フォト」が公開された。

もう迷う必要はないだろう。写真のクラウド上への保管は「Google フォト」以外、選択肢はなくなった、「Google フォト」を選ばない理由がなくなった、とでも言うべきだろうか。もちろん、Google は突然サービスを停止することがあるので、「Google フォト」上だけに写真を保存するのはやめておいたほうがいい。

ということで、Mac の「写真.app」に入っている写真を全て「Google フォト」へアップしようと、「写真.app」に納められているオリジナルの写真の所在を確認するとともに、これを「Google フォト」へアップロードする。

そんなことをしなくても、「GoogleフォトにMacの写真.app内の元データ(オリジナル)をアップする方法 | 男子ハック.」なんて方法で直接全部の写真を「Google フォト」へアップロードしてしまう方法も紹介されているが、いつまで数十ギガのデータのアップロードにいつまでかかるか分からないのは困る。我が家は夜間はルーターの電気も PC 類の電源も落とすので、アップロードは自分でコントロールしながらやりたい。なので、写真.app の中に入っているオリジナルの写真を直接アップしたいのだ。だが、写真.app のオリジナルは、撮影した年、月、日ごとにフォルダが分かれて保存されているために、「ここからここまで」と写真を指定して「Google フォト」へアップすることはできない。そもそも「Google フォト」で「写真.app」のオリジナルの写真の保存先ディレクトリを指定することができない。Mac ではそこは見えないようになっているからだ。

ということで、手動でどこか別のディレクトリへ「写真.app」のオリジナル写真をまるごとコピーして集める必要がある。

まずは「写真.app」のオリジナルの写真の保存場所はどこだろう?と探す。

Finder を開いて、「ピクチャ」を開くと「写真 Library.photoslibrary」というものが見える。

スクリーンショット_2015-05-31_22_09_55

これを二本指タップ(PC で言う右クリック)してメニューを出し、「パッケージの内容を表示」を選択する。

スクリーンショット_2015-05-31_22_10_30

すると中のフォルダが見えてくる。この中の「Masters」というフォルダの中にオリジナルの写真や動画が格納されている。

スクリーンショット_2015-05-31_22_12_16

先に述べたように、上図の通り年、月、日ごとに分かれて保存されているのだ。

さて、Finder で場所は確認できたが、いままでの全てを一箇所へ簡単に集めるには GUI ではとても面倒でできない。そこで「端末」アプリの登場だ。写真の実態のある Masters でファイルだけを探して、適当な場所へコピーすればいいのだ。

例えば、デスクトップに「GP」(Google Photos の略…)というフォルダを作り、そこへコピーしてくるには以下のコマンドでできる。ただし、容量を確認しておかないと、今、「写真.app」で使っている容量とほぼ同量の容量を消費するので注意しないといけない。

以下のコマンドは、内容が分かっている前提で書いてある。例えば、「~%」がプロンプトを表していることが分からない人は、この作業は続行しないほうがいいかもしれない。私はログインシェルを zsh にして設定をいじっているからプロンプトは「~%」だが、Mac デフォルトでは bash ?であれば、もしかしたら「~$」となっているかもしれない。うるさい注意はこれくらいにして先に進める。

デスクトップに「GP」フォルダを作成して、コピーしてくる写真の容量を確認。

~% mkdir Desktop/GP
~%  du -sh Pictures/写真\ Library.photoslibrary/Masters
28G Pictures/写真 Library.photoslibrary/Masters

上記の通り、私の場合は 28GB の容量があることが分かる。では、早速「GP」フォルダへ「写真.app」のオリジナルファイルを全てまとめて持ってきてみよう。

~% cp -p `find Pictures/写真\ Library.photoslibrary/Masters -type f` Desktop/GP/

はい、これだけ。容量や HDD か SSD かでコピーの速度は変わるが、それほど時間はかからないだろう。ちなみに、別のホストへコピーすることだってできる。ただし、相手が Linux などの UNIX 系の OS である前提というか、ssh server が実行されているホストである前提だが。

~% scp -p `find Pictures/写真\ Library.photoslibrary/Masters -type f` foo@192.168.1.7:Mac/photos/

上の例は、192.168.1.7 というホストへ foo ユーザの $HOME/Mac/photos/ ディレクトリ以下へ Mac の「写真.app」の写真をコピーする例だ。

さて、これでブラウザや「Google フォト」のアプリで、コピーしたフォルダの写真を 100 とか 200 とか、日付単位で指定して「Google フォト」へアップしていけばいい。

いや、素晴らしいサービスをありがとう!Google 様。

Google, Inc.
posted with iTunesLinker at 15.06.01

Written by arito

2015-06-01 at 00:32

カテゴリー: Google, Mac

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。